26
2017

CRF1000L SHINKO E804/E805 タイヤ交換 次タイヤ検討 後編

CATEGORYSHINKO
コストよりもパフォーマンス重視、オン・オフ両方での使用を前提にしてタイヤ選びをすると真っ先に候補としてあがるのがANAKEE WILD。MICHELINはPILOT ROADシリーズを愛用していたため愛着があるブランドですし、ANAKEE WILDは安定性と快適性、耐久性を高いレベルでバランスしているビッグオフでは人気のタイヤです。しかし、昨年検討した時と状況が変わっておらず、CRF1000Lに適合するサイズはフロントのみ。(リヤ用のサイズは発売未定)次に試乗経験があり、同様にビッグオフでの評価が高いMETZELER KALOO3を探すもフロント用のサイズがメーカー欠品中とのこと。ANAKEE WILDとKALOO3は前後工賃込みで¥50,000近くするタイヤですので買えなくてホッとしている自分もいますが、タイヤメーカーさんは結構大きな機会損失していると思いますよ。生産頑張って下さい。

MT90.jpg 
それではと、ANAKEE WILDやKALOO3よりワンランク落ちる価格帯(¥30,000台)で探した所、ディーラーの方からオススメされたのがPIRELLI SCORPION MT90/AT。オン・オフいずれでもパフォーマンスが高く人気のタイヤとのことです。SNSやブログでもなかなかの評価で「ズ抜けて良い!!!むしろ何故純正採用されていないのか不思議」など絶賛の声もあります。かつてANGEL STを使用した時の好印象もありましたので「今回はMT90にしよう!」と思ったら、まさかのメーカー長期欠品中&次回入荷未定。5~6件のショップに在庫を確認してみたのですが「PIRELLIは2015年の中国資本の買収以降生産調整や供給がダメで(MT90に限らず)必要な製品がきちんと入って来ない」という残念な状況でした。

「入手できないならオススメしないでよ〜」という声はそっと心にしまいながら、新モデルのSCORPION RALLY STRの発売状況(フロント夏/リヤ秋発売予定)も確認をしてみましたが、こちらは新製品のため既製品以上に納期がわからないとのこと。すっかりタイヤ難民と化してしまいましたが、完全に「MT90スイッチ」が入ってしまった私は納期未定で待つことに決定。そして届くまでの繋ぎとして、在庫のあったE804/E805に再び交換してしまったのでした。もったいない気がしますがMT90が届いたら、SHINKOの寿命を待たず交換しようと思っています。梅雨さえ明ければ3~4,000kmはすぐ走れるとは思いますが、MT90の納期がかなり遅れる予感もします。予想が外れることを願うばかりです。

IMG_5842.jpg IMG_5841.jpg 


にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン SHINKO

0 Comments

Leave a comment