Top page  1/15
21
2020

R1200GS ADVENTURE R1250GS用BMW純正 センタースタンドカバー 取り付けレビュー

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

全国的にCOVID-19の第3波が押し寄せていますね。旅行・観光業の救済のためとはいえ、GOTOキャンペーンを推進するとこうなってしまうことは誰の目にも明らかなことだと思います。最近は感染拡大のニュースに世の中がすっかり慣れてしまって、どこか自分には関係ないというような雰囲気になっていることも感染が拡大する一因なのでしょうね。今週の三連休で感染がさらに拡がることになるのではないかと不安になります。連休中の関東は天候も良いみたいですが大人しくしておくことにします。さて、本日は以前の到着レビューからかなり間が空いてしまいましたが、R1250GS用のBMW純正センタースタンドカバーの取り付けレビューをお届けします。

IMG_1618.jpeg

IMG_1620.jpeg

休日になかなか時間が取れなかったり、天候が悪かったりでようやく取り付けを行いました。作業自体は非常に簡単です。保護用のフォームラバーを貼り付ける部分を脱脂し、センタースタンドにカバーを当てて大体の位置を決め、最後にフォームラバーを貼って結束バンドで締めるだけです。唯一フォームラバーを貼る位置を正確に決めるのは慎重にやる必要がありそうでしたが、実際にはマスキングテープであたりを付けるなどの作業は不要でした。センタースタンドカバーにはフォームラバーの形状に合わせた凹状の溝があるため、両面テープの剥離紙を剥がして、カバーを仮付けした状態でその溝を目安に貼り付ければずれることなく正確に貼り付けることができました。

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン

13
2020

アドベンチャー感が増したNC750X 2021年モデルがかなりカッコいい

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

久しぶりのホンダネタです。11月と言えばバイクの世界ではヨーロッパを皮切りに2021年モデルが登場し始める頃ですが、先日ホンダヨーロッパから先行発表されたNC750Xが、CB400X風のかなりイケてるデザインにモデルチェンジしました。NCシリーズといえば、NC700Xに始まって現在のNC750Xに至るまで、メットイン・DCT・低回転型のエンジン特性というユニークな点に加えて、大排気量としてはリーズナブルな価格設定が魅力のモデルです。私も試乗会でNC750Xに乗ったことがあるのですが、エンジンが静かで回転がそれほど上がっていないのにいつのまにかスルスルと車速が上がっていくという不思議な乗り味でした。低回転型のエンジン特性と相まって、早めにシフトアップしていくDCTととても相性が良く、乗りやすく疲れない、最高の旅バイクになるのでは?と思えるような1台でした。

c4_r.jpgc4_r-3.jpgc4_r-6.jpg

一方で、最低限と言えるような簡素な装備や外装の質感の低さ(NC700Xとしての登場時から70~80万台で購入できましたので、安っぽいというより実際かなりコストを抑えて作ってある感じでした。価格設定を思えば仕方がないといえばそれまでですが…)と、個性があまり感じられないシンプルでプレーンな見た目が惜しいと思う点でした。それでも、ここ数年のマナーチェンジで外装が少しずつデザイン性の高いものに変化してきたり、メーターをはじめとした装備面でも年々改善されてはいました。ところが今回発表された2021年型モデルの変貌ぶりは思わずフルモデルチェンジ?と思ったほどです。

Tag:NC750X

04
2020

Tiguan TSI R-Line ガラスコーティング REVOLT リボルト施工 レビュー

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ

早いもので今年も残り2ヶ月となりました。日本では2月末位からコロナの影響が深刻化してきましたが、まさかここまで全世界の人々の生活を変えてしまうとは思ってもいませんでしした。来年に延期された東京オリンピックの実施もこのままではかなり危ういと思われます。名だたる大企業の業績不振も今以上に悪化する可能性を考えるとこれからの日本は、世界はどうなるのでしょうか…。暗い話題はここまでにして、本日は車のボディのガラスコーティングに関するレビューです。前回の記事でも書きましたが、今回のTiguanは15年ぶりに購入した車であるわけですが、その間に一般的になったのが車のボディコーティングです。昔も「カービューティープロ」をはじめ、ボディの塗膜を保護し、ノーワックスを可能とするうコーティングサービスはあったのですが、一般的とは言えず本当に車大事にする一部のエンスージアストしか利用しないものだったと思います。しかし、最近では(特に新車購入時には)ディーラーが販売時に積極的に施工を勧めるサービスに変わっているのはご存知の通りです。

revolt_1.jpeg

コーティングの費用も結構幅があり、ディーラーに依頼する場合は安いものでも5~6万、一般的には10万前後というのが相場のようです。施工方法を調べてみるとこれが千差万別で、ディーラーの吹きっさらしの整備エリアで行うパターンや、納車前整備専門施設(最近は大手のディーラーはグループ店の納車前整備やアクセサリーの取り付けを専門に行う別の施設を持っていますよね)で行うパターン、コーティングの専門業者へ外部委託するパターンなどもあり、販売店によってバラバラのようです。さらに実際の施工については磨きは行わずにコーティング剤の手塗りのみという所から、ポリッシャーで磨きを入れてからコーティング剤の塗布を行う所までさまざまです。私の保管環境が青空駐車のため、紫外線からの保護効果が高いガラスコーティングを行うことは決めていたのですが、問題はどこの業者に依頼するかです。大手のコーティング専門会社と言えば全国で5,000店舗を超える展開の「キーパー」があります。店舗数が多いだけあって、近くのガソリンスタンドなどの手近な所で依頼できるのがメリットですが、専門の屋内ブースを持っていない店舗が大多数で、そのような状態できちんとした施工ができるのかが不安です。また、キーパーのHPを見ると、最上級の「EX1級」の資格を持っている人が在籍している店舗が非常に少なく、施工にあたっての専門的な技術を持った人が担当してくれるのかという不安もあります。

Tag:Tiguan R-Line REVOLT コーティング

26
2020

R1200GS ADVENTU BMW純正フレームガード テンションベルト(ゴムベルト交換)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

前回リヤショックの保証交換と24ヶ月点検に出した際に気になる点を発見してしまいました。私のGSAには2年前の納車の際にBMW純正のフレームガードを装着しています。純正ならではのフィット感とBMW純正にしてはリーズナブルな価格(左右セットで税込約¥9,000)、オフロードブーツとフレームの接触による傷を防止できる機能性と、すべてが気に入っている製品なのですが、取り付けに使用しているゴムベルトが茶色に変色し、表面には多数のひび割れができてしまっています。このベルトはかなり強いテンションがかかっているのですが、この感じですとそう遠くない将来切れそうな予感です。

IMG_1505.jpeg

フレームガードは3本のベルトで固定されているため、1箇所が切れたくらいで脱落することはないと思いますが、万が一高速道路などで脱落して後続車に被害が及んだりしたらと思うと予防的な意味で早めに交換した方が良さそうです。点検の際に合わせてベルトを発注したのですが、価格は6本で税込¥2,520と、相も変わらずBMWへの忠誠心を試される価格になっています苦笑。ベルトは5本1組になったパッケージになっているのですが、1本のみのバラ売りもあるようで、届いた際は5本入パッケージ+1本バラという感じで届きました。

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン

21
2020

CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8)2020年モデル 激しい争奪戦の結果は?

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ

予想以上の人気に加え、コロナの影響や来年のイギリス工場の閉鎖による供給台数の減少という要因もあって10月9日(金)の発売日にはすでに完売状態で入手困難になっているという新型CIVIC TYPE Rですが、わずか150台とも言われている台数を発売日以降の購入希望者の中で抽選を行うという運命の10月15日(木)を迎えました。わずか2台しか割り当てがないというポリッシュドメタル・メタリックを諦め、大多数を占めるチャンピオンシップホワイトに希望を変えたとはいえ、全国に2000店舗あるという日本中のディーラーで取り合うことを考えると、決して入手できる可能性は高くないことが予想できます。その日は今か今かと連絡を待っていましたが、結局夕方になっても連絡はなく、そのまま夜になってしまいました。その頃にはSNSで「担当営業から当選の電話があった」などの投稿が見られたことから「自分は落選だったのかもしれないな」と思い始めました。そして翌10月16日(金)の朝一番に担当営業から電話がありました。最初の挨拶が暗いトーンだったので、「あ、これはダメだったな」と察した通り結果は落選。振り出しに戻ってしまった現実をあらためて直視するとやはりショックでした...。

IMG_1546.jpeg

しかし、ここで何も動かなかったら何も状況が変わらないと思い立ち、10月16日(金)〜17日(土)にかけて、東京・埼玉・千葉・神奈川・静岡のホンダカーズに電話をかけまくりましたが、私と同じ状況の人が同時に動いているせいか、どの店舗からも「残念ながら完売しました」の返事しか返ってきませんでした。そんな状況の中、土曜日の夜に中古車情報サイトにブルーの新車が定価で掲載されていることを知りました。すでに営業時間を過ぎていたため、問い合わせはメールでしかできない時間帯でしたが、販売店舗は隣県のホンダ系中古車ディーラーで1時間程度で行ける距離です。ブルーは希望の色ではありませんでしたが、嫌いな色ではないし、この際TYPE Rが買えるなら色を選んでいる場合じゃないというおよそ正常ではない思考回路になってしまい、日曜日の朝一番で直接店に行くしかない!と決意。朝7時過ぎに到着するも、なんと店舗入口を塞ぐように駐車している先客が1人...。私は2番目という状況でした。私の後に3人目、4人目と集まり始めた中、この異常事態に店舗側は通常の営業開始時間の30分前から1番目の人との商談を開始。キャンセルになる可能性を期待して商談を見守っていましたが、契約完了との連絡を受けて望みを断たれガックリ...。(ただ、後になって冷静に考えてみると、綺麗な色ではあるものの、自分の愛車としてはこの鮮やかなブルーはちょっとイメージが違うかな...と苦笑。あの時買えなかったのは良かったと思います)この時点で10月18日(日)の朝9時30分でした。

Tag:CIVIC TYPE R タイプR FK8

12
2020

CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8)2020年モデル 悲報!なんと標準モデルも抽選販売!

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ

発売日初日に無事CIVIC TYPE Rの正式契約を終えたつもりだったのですが、なんと翌日朝一番で担当者から電話があり「標準モデルもすべて抽選販売になった」ことと、希望色の「ポリッシュドメタル・メタリック」の入荷予定が2台しかなく、抽選の場合は当選の可能性がかなり低い...との連絡がありました。なお、今回は全色の合計でわずか150台しかなく、そのほとんどがチャンピオンシップホワイトということです。ホワイトに変更すると当選確率は高くなりそうですが、確約ができないため10月15日(木)まで結果はわからないとのこと。この話を聞いて絶句するしかありませんでした。世間的にも注目を集めそうな新製品の発売初日に営業マンへ供給状況が周知されていないことはもちろんですが、車を押さえるために発注端末に入力し(裏に引っ込んで結構な時間を要していました)、正式な注文書を交わし、内金の入金までしてこれか?と意気消沈です。ただ、ここでゴネても状況は変わらないので、第2候補だったチャンピオンシップホワイトに変更することにしました。はあ〜、やっぱりネットの情報通り、標準モデルも9月の時点でほぼ完売というのは本当だったようですね。抽選と言う名の販売店の忖度が行われる気がしてかなり不安ですが、一縷の望みを託して15日の結果を待つことにします。

IMG_1530.jpeg

そんなブルーな気持ちで迎えた週末ですが、ホンダ本社にあるウェルカムプラザにTYPE Rの展示車があることをSNSを通じて知り早速見に行ってきました。TYPE Rの実車は前期型をモーターショーやディーラーなどの色々な場所で見てきたのですが、いざ買うとなると細かい部分ももっとじっくり見たいですしね。展示車のカラーはイメージカラーのチャンピオンシップホワイトです。これまでのTYPE Rの印象やディーラーで見た色見本ではもっとクリーム色っぽく見えた印象があったのですが、不思議なこと実車を肉眼で見ると純白のように見えます。これは室内のLED照明の影響かもしれませんね。個人的には純白より、クリーム色っぽい方がTYPE Rらしくて好きなんですが、自然光の下で見た場合は果たしてどうなのでしょうか...。あらためて車体を見ると膨張色ということもあって、幅といい、長さといいかなり大きく見えます。以前、EFとEGに乗っていた身としては二回りくらい大きくなった感じがしますが、それなりに立派な車格の車に乗っている感じがしてそれはそれで満足感はありそうですね。

Tag:CIVIC TYPE R タイプR FK8

09
2020

CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8)2020年モデル ポリッシュドメタル・メタリック契約!

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ

ホンダの2021年限りでのF1撤退で意気消沈している中ではありますが、は〜〜(ため息)ついにやってしまいました...。7月にTiguan R-Lineを購入したばかりというのに、昨日正式に国内発表されたCIVIC TYPE R 2020年モデルを契約してしまいました...。はじめに誤解のないように申し上げておきますと、Tiguanの大きさを感じさせないスポーティーな走りと、重厚でエレガントな乗り味はこれはこれで気に入っているため手放す気はありません。また、今回TYPE Rを買ってしまったのも決して衝動買いではありません。家庭を持つ前までの十数年前まではクラストップのパワーを持つVTECエンジンや、当時の自主規制上限の280psの水平対向エンジンを搭載するホンダやスバルのパフォーマンスモデルを乗り継いでいましたので、スポーツモデルに対する関心や憧れは人一倍あった方だと思います。しかし、都心で車が不要な生活を何年も送って齢を重ねたせいか、ゆったりと流すグランドツーリングも充分楽しめるようになったこともあり、昔ほどスポーツモデルに対する関心は薄くなったつもりでした。
IMG_0076.png

ところがそんな私の気持ちを大きく揺さぶったのが、今年2月に公開された TYPE R 2020年モデルの公式プロモーションビデオの中に登場したダークグレー/ブルー/イエローの3台のTYPE Rの姿でした。近年のホンダはファミリーカーはともかく、スポーティーさが求められる車種のデザインが絶望的に悪い時期がありましたが、S660、シビック、アコードなどからだいぶ持ち直してきた感があります。(あくまで個人の感想です)その中でも現行シビックの誰の目にもわかりやすいスポーティー感(ともすると子供っぽい、モビルスーツっぽいとも言えますが...)が私的にはとてもカッコよく思えてかなり心に残っていました。その中で特に気になったのがダークグレーのTYPE Rです。国内モデルにはこれまでホワイト/レッド/ブラック/ブルーのカラーバリエーションしかありませんでしたが、海外ではこれまでもこのグレーをはじめ、もう一色グレー系のカラーが設定されていたそうです。かなり前にどこかのモーターショーでTYPE Rのプロトタイプが発表された時のカラーがガンメタだったのですが、てっきりショー用の特別色と思っていて、不覚にもその色の存在を知りませんでした。

Tag:CIVIC TYPE R タイプR FK8

05
2020

R1250GS ADVENTURE R1250GS 2021年モデル 変更点の詳細画像

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

2021年モデルの変更点の詳細画像がBMW Motorradのドイツ本国ページにアップされていましたので速報としてご紹介したいと思います。(画像はすべてBMW Mottorad de 公式ページからの引用)

ヘッドライト&ウィンカー
ヘッドライトユニットの外観とX字型の配光パターンなどには大きな変更はないようですが、ターンシグナルはこれまでの紡錘型からモダンな形状に変わっていますね。発光する部分も「V字型」になっているように見えます。

b7c45343-d139-437f-b2bf-01e3c9672d98.jpeg

ハンドルライザー
30mmアップが可能ということでしたが、15mmアップのライザーを2段重ねで最大30mmということですね。日本人としては身長が高めな私でもハンドルが遠いと感じてライザーを入れているのでニーズは高いと思います。純正で用意されるのはいいことですね。

c3cd550a-25b3-4c24-af34-2fcdfb9ed556.jpeg

Tag:R1250GS ADVENTURE 新型

04
2020

R1250GS ADVENTURE R1250GS 2021年モデル 正式発表 & ラリースーツ待望の新色ブラック登場?

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

今年もこの時期がやってきました。10月といえばBMW Motorrad 2021年モデルの発表です。すでに数ヶ月前からGS/GSAのブラック/イエローのGS40周年記念モデルの情報がリリースされていましたが、その他のカラーリングを含めた2021年モデルが正式発表されました。ボディ形状には大きな変更はありませんが、プレスリリースを見ると以下の点が変更されているようです。

ライト廻り
  • 最新の四輪のように光軸部分が上下に稼働するアダプティブヘッドライトの設定(オプション)
  • LEDターンシグナルのデザイン変更
ハンドル
  • ライザーで30mmのアップが可能(オプション)
シート
  • グリップヒーターとセットでシートヒーターが設定(オプション)
  • シート下に12Vの電源ソケットを新設
ドライビングモード
  • 新たにECOを設定

P90401336-highRes.jpgP90401335-highRes.jpg
昨年1250ccへのアップデートが行われたばかりですので今年は大きな変更がないのではないかと思っていましたが、今年も着実に進化を遂げてきました。個人的にはTiguanでも恩恵を感じているアダプティブヘッドライト(一番下の機能紹介ビデオで動作を確認できますが、モビルスーツのモノアイのようにLEDの内部ユニットが上下に動きます。Tiguanもエンジンスタートでヘッドライトの内部ユニットが上下左右に動きます。これがまたカッコいいんですよ〜笑)、電熱ウェアや電動エアポンプで使えるシート下の12V電源、待望のシートヒーターが特に気になります。

Tag:R1250GS ADVENTURE 新型 トリプルブラック

02
2020

Tiguan TSI R-Line CodeTech CAM バッテリートップカバー 取り付けレビュー

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ

前回の記事でエンジンルーム内でむき出しになっているバッテリーをなんとかしたいとお伝えしましたが、今回はそれを解決するアクセサリーのご紹介です。Tiguanのバッテリーは不織布製のケースのようなものに入っているのですが、上部分が覆われていないためエンジンルーム内に侵入した埃などの汚れにそのまま晒されてしまいます。それを解決するために今回購入したのがCodeTech CAMのバッテリートップカバー(税込¥3,300)です。

IMG_1251.jpeg

IMG_1256.jpeg

製品はシンプルなバスタブ形状で、バッテリーの+ターミナルの部分がカバー式になって外せるようになっています。手頃な価格ですが、バリやヒケもなく、プラスチックの成形色もエンジンルーム内の他の樹脂の色合いに近いため違和感がありません。取り付けは非常に簡単で、不織布製のケースを挟み込まないようにバッテリーの上からかぶせるだけです。

Tag:Tiguan R-Line

30
2020

Tiguan TSI R-Line 上海VW純正 TSI エンジンカバー 取り付けレビュー

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ

Tiguanは基本的にノーマルに近い状態で乗る方針ですが、オリジナルに戻せるくらいの小さなカスタムは行う予定です。今回ご紹介するのはVW純正の1.2/1.4系 TSI エンジンカバーの取り付けレビューです。私のTiguanは1.4LのTSI(ガソリンエンジン)ですが、街乗りや高速道路の走行でもCX-5とほぼ同等の大柄なボディに充分なパワー感があり、現状でも大きな不満はありません。小排気量のエンジンを使ったダウンサイジングターボはハイブリットが日本ほど普及していないヨーロッパでは一般的と聞きますが、さすがアウトバーンがある本場ヨーロッパで開発されただけはあるということでしょうか。

IMG_1262.jpeg

納車後、約1,500km走行し、大きな問題もなく満足しているTiguanですが、数少ない不満の一つがVW車には必ずあると言って良いエンジンカバーが装着されていないことです。ただでさえ小さなエンジンなのに、カバーが装着されていないため、エンジンルーム内にやたらと空間が目立ち、間延びしている感じがするのです…。同じTiguanでもTDIだとエンジンカバーが装着されているのに、なぜTSIだと装着されていないのでしょう。これは同系統の1.4L TSIエンジンを搭載するゴルフなどの他の車種も同様で、ネットの情報を見ると日本以外の他の国の仕様も同様みたいです。当然、この点に不満を持つ人が多数いる訳で、その解決策の一つに中国の上海VWで生産されているTSI用エンジンカバーをポン付で装着するのが定番のカスタムになっているようです。

Tag:Tiguan R-Line maniacs

21
2020

R1200GS ADVENTURE 24ヶ月点検(リヤショック交換・TFTメーター日本語化)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

9月19日からの4連休までにR1200GS ADVENTUREのコンディションを万全にするために、リヤショックの交換に合わせて1ヶ月早めに24ヶ月点検に出しました。点検時の累計走行距離は約12,500km、年間に相当すると約6,000kmです。VFR800やCRF1000Lに乗っていた時は最低でも年12,000~15,000kmは走っていましたから、2年の走行距離としてはかなり少なめです。この数年は特に仕事が忙しかったというのもありますが、最近の関東は週末の晴天率が異常なほど低いため、それも走行距離が伸び悩んでいる理由の一つかもしれません。それはさておき、ディーラーに依頼後4日で無事GSAが戻ってきました。

交換後のリヤショックは「ZF」ステッカー付きに
IMG_1389_20200921184417819.jpeg

IMG_1397.jpeg

点検の内容としては、エンジンオイルやフィルターの交換は1ヶ月前に行ったばかりのため今回はスキップ。また、昨年の台風時の冠水被害後の水密チェックの際にブレーキフルード類の全交換を行っているため油脂類の交換は行っていません。それ以外の24ヶ月点検の既定の項目には特に異常はなく、他は今回の目的の一つであるリヤショックの交換と、2年間の使用でツルツルになってしまったハンドルグリップの保護用のシュリンクチューブの交換、それと経年劣化でひび割れが目立ってきたステップ部分のBMW純正フレームガード取り付け用ゴムベルト(3273 7687 119)6個の合計で税込¥34,720という内訳です。これまでリヤショックは外から見える部分に製造元を示すような表記がなかったのですが、今回交換したリヤショックにはリザーバータンクに「ZF」のロゴマークのステッカーが貼ってありました。私が購入した2018年前後のGSにはステッカーはなかったと思うのですが、現行モデルにはあるのでしょうか?

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン

14
2020

R1200GS ADVENTURE 驚異のバッテリー性能! Bsize GPS Bot 第2世代 2ヶ月使用レビュー

CATEGORYその他 GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

SoftBank みまもりGPSの通信サービス終了に伴い、昨年12月に購入したBsizeのGPS BoTですが、初期投資と維持費の安さや通信会社との契約が不要という手軽さ、そして冬場でも2週間持続するバッテリー性能や使い勝手に優れた管理用アプリケーションが非常に気に入っていました。ところが購入3ヶ月後にして新型がデビューしてしまい、私が購入した製品が早くも旧型になってしまったという残念な結果に...。第2世代となる新型は前モデル比400%、最長1ヶ月の超ロングバッテリーライフを実現したのに加え、通信回線も3Gから省電力通信であるLTE-M対応へ進化。さら正確な位置を特定するために、従来のGPSに加えて日本版GPS「みちびき」やGalileo、BeiDou、SBASなど、みまもり用GPSとして最多の測位衛星へ対応するなど、考えられるすべての機能を持った最強のみまもりGPSとして生まれ変わりました。それでいて、デバイスの本体価格¥4,800(税別)、月々の回線使用料が月額¥480(税別)というリーズナブルな料金体系は変更なしというのも魅力です。

IMG_1169.jpeg

上:第2世代(USB-C端子)下:第1世代(Micro-USB端子)
IMG_1175.jpeg

私個人としては第1世代のGPS BoTでも充分満足していたのですが、圧倒的にロングライフ化したバッテリー性能に惹かれ第2世代を購入してみることにしました。ちょうどこの夏にTiguanを購入したこともあり、第1世代をTiguanで使用し、第2世代をGSAで使えば良いかなとも思った次第です。そして、7月に第2世代を購入し、使用後約2ヶ月が経過したわけですが、感想は一言「バッテリー性能に偽りなし!」大満足の結果でした。7~8月の夏場での使用ですが、省電力モードでの使用開始後、6週間経過してようやくバッテリー残量の通知が届きました。わずかではありますが、バッテリー残量にはまだ余裕がありましたので引っ張ればあと数日使えそうな感じでした。夏場でこれなら、冬場でも1ヶ月近くは充電なしで使えるのではないかと期待が膨らみますね。

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン 盗難 BoT

08
2020

R1200GS ADVENTURE 納車後1年11ヶ月 リヤショックからのオイル漏れ発生

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

(9/9 写真を追加しました)先日のF1イタリアGPではアルファタウリ・ホンダのピエールガスリーが乱戦を僅差で制し初優勝し、個人的に大いに盛り上がった週末でした。一方で関東はこの週末も再び雨に見舞われ、相変わらずツーリングには行けずじまいです。そんな中、とある日に駐車中のGSにふと目をやると、センタースタンドの下あたりが何かで濡れたようになっています。ゴルフボール大の染みのような所を触ると油分のように感じます。その日はセンタースタンドの軸部分に塗布したグリスが駐車中の暑さに溶けて滲み出たのかと思ってそのままにしていたのですが、数日後にあらためて見てみると、濡れている部分がソフトボール大に大きくなっています。あらためて車体の下部を確認するとリヤショックの下部がオイルで濡れています。納車から1年11ヶ月、走行距離は12,000km程度ですので経年劣化には早い気がします。昨年の転居によって、バイクの駐車場が南向きの陽当たりが良い場所になったため、ゴムのパッキンが熱で緩んでしまったのでしょうか…。

最初はこれ位だったのが...
IMG_1392.jpeg

数日後にはこんな感じに
IMG_1335_20200908224726fb5.jpeg

リヤショックの黒いアームがオイルで汚れています
IMG_1449.jpeg

ちょうどオイル交換とナンバー変更に伴うETCの再セットアップのためにディーラーに足を運ぶ必要があったため、その際に確認を依頼しました。結果はやはりリヤショックからのオイル漏れでした。まだ新車保証期間中で無償で対応できるとのことで、リヤショックの交換をしてもらえるとのこと。ちょうど10月に24ヶ月点検を行うタイミングでしたので、少し早いですが点検と一緒にリヤショックの交換を行うことにしました。ちなみに個人的に気になっていたTFTメーターの日本語化アップデートについて質問すると普通は¥3~4,000の費用がかかるらしいのですが、他の点検整備と一緒に出すと無料とのこと。ただし、時間が3~4時間かかるそうですので、オイル交換などと一緒に手軽に依頼できる感じではありません。購入して約2年、これまで故障などの不具合には見舞われなかったので初の修理ですが、秋のツーリングシーズンが本格化する前に発見できたのがラッキーだったかもしれませんね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン

06
2020

Tiguan TSI R-Line VW純正ドアノブ キーシリンダーキャップ(カバー)交換

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ

毎年夏に開催しているカンファレンスの準備のため、一ヶ月更新が滞ってしまいました。先週無事イベントが終わりやっと一息ついたところです。個人的にとても心配していた盆の帰省シーズンの影響を受けての感染拡大第三波も、現状の都内での影響はそこまで大きなものではないようでこちらもひと安心です。さて、今日お届けするのはVW純正ドアノブ キーシリンダーキャップ(カバー)交換についてです。Tiguanには納車時に販売店によるコーティングが行われているのですが、専門のコーティング業者にあらためて依頼をするつもりでした。購入したTiguanはいわゆる新古車と言える状態の車輌でしたが、登録後7ヶ月くらい販売店の野外展示場に展示されていたこともあり、コーティングに出す前にあらためて車体の状態をよく見ておこうと思い、車体の各部を細かくチェックしていました。その際にキーシリンダーを隠すカバーの脱着用の穴の周辺とボディに何かでこじられたような傷を見つけてしまったのです。

IMG_1299.jpeg

最近のVW車はドアノブのキーシリンダーが見えないようカバーで覆われており、万が一の際はカバーの下にある小さな長方形の穴に車輌のキーを差し込んでカバーを外してからキーシリンダーにアクセスするようになっています。傷を見ると、適切な方法ではなく、何か適当な工具を使って無理やり開けたように見えます。これが車体の保管時に付いた傷なのか、納車してからの保管時に第三者によって付けられたものなのか、納車から時間が経った今となってはわかりません。今さら販売店と揉めるのも面倒ですし、パーツとしても小さな物なのでそう高くないだろうと思い、今回は自費で修理することにしました。

Tag:Tiguan R-Line

08
2020

Tiguan TSI R-Line 納車3日目でドアパンチ! デントリペアワークス初体験

にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ

1ヶ月以上続いた連日の長雨も8月1日にようやく終わり、関東もやっと梅雨明けを迎えました。やっとバイクに乗れるかと思いましたが、都内の感染者が200人どころか、300人、400人を超えることが当たり前になってきている今、さすがにツーリングに出かけるのははばかれます。3連休からお盆にかけて、また人の動きが多くなる時期になりますが、月末に驚くような感染者数にならないことを願うばかりです。

先日納車の報告をしたTiguanですが、なんと納車3日目にして運転席ドア側にドアパンチを受けているのを発見してしまいました。Tiguanの特徴でもあるボディサイドのプレスライン上に直径2cm位の円形の凹みができており、わずかではありますがドアエッジの跡と思われる線状の押し傷もクッキリと残っています…。まだ100km位しか走っていないのに、いつの間に傷が付いたのでしょうか。もしかしたら納車の後にETCの再セットアップのために立ち寄ったオートバックスか、その後のホームセンターなのか…。傷は自宅駐車場で気付いたのですが、納車日以降、ずっと雨が続いていたことやドラレコの取り付けを行う前だったため、結局いつ付いたのかわからずじまいです。

結構ガッツリと凹んでいます...ショック!!
IMG_1179.jpeg

運転席側、しかもドアハンドルのすぐ横のプレスライン上の目立つ場所のため、このまま放置するのは気分が良くありません。修理に出すことも考えましたが、輸入車の場合はドア1枚の板金塗装に最低10万円台の出費は覚悟しなければならないようですし、何よりも再塗装でオリジナルの塗装が失われるのは避けたいです。そんな中、色々調べているうちに目に止まったのが、今日ご紹介するデントリペアという修理方法でした。Tiguanと同じように、プリウスの新旧モデルはドア側面に目立つプレスラインがデザインされています。このプレスラインが最も飛び出ている部分であるため、横に駐車した車のドアパンチを非常に受けやすく、その際の修理方法として多く紹介されていたのがデントリペアだったのです。

Tag:Tiguan R-Line デントリペア

26
2020

VW Tiguan TSI R-Line 納車

CATEGORYTiguan R-Line
にほんブログ村 車ブログ フォルクスワーゲン車へ

4連休も三日目になりましたが、東京は連日雨が続いています。通常であれば「連休にあいにくの雨」と言いたい所ですが、直近の都内の感染者の急増という現状を思えば、この長雨が人々の外出や不要不急の移動を抑制してくれるのではないかと期待しています。そんな中ではありますが、今日は15年ぶりに購入した車に関する話題です。昨年までは都内の最寄り駅から歩いて5分という場所に住んでいたため、ずっと長いこと車を所有していませんでした。もちろん可能であれば車を所有したかったのですが、駅近ということもあって近隣の月極駐車場の賃料がワンルームマンションの家賃並みの高さだったため、それがハードルとなって諦めざるを得なかったというのが一番の原因です。他にもほとんどの買物が駅前で済んでしまうことや、都心への移動は公共交通機関の方が早いこともあり、通勤で車を使わない私にとっては車の必要性が低かったということもあります。

IMG_13212.jpeg

昨年の春、郊外に引越したタイミングで車を買うつもりで駐車場も契約していたのですが、昨秋の台風19号の際の冠水で駐車場の車輌が被害を受けたことで安全性に不安があったこともあり、車の購入については一旦棚上げにしていました。その後、行政による調査が進み、冠水の原因は目の前にある排水ポンプ施設の雨量感知プログラムの不具合ということで、再発防止に向けた厳重な対策を行ったという説明があったのが5月のことでした。このコロナ禍によって公共交通機関の利用にリスクが付きまとうようになったのは皆さんもご存知の通りです。また、これまで車が必要な時にはTimesのカーシェアリングを使用していたのですが、自分の前に誰がどのような使い方をしていたのかわからないことや、レンタカーと違いこまめな清掃がされていないことに対する衛生面の不安などもあり、「パーソナルな移動手段」としての車の必要性が自分の中でも急速に高まりました。

Tag:VW Tiguan R-Line

23
2020

R1200GS ADVENTURE BAGSTER タンクカバー 長期装着による傷の防止対策(保護フィルムの効果検証)

CATEGORYBAGSTER GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

今日から4連休です。コロナの影響がなければ本来は東京オリンピックが開催されていた頃だと思うと複雑な思いですね。先週から東京都の感染者は増加の一途を辿っており、今日の新規感染者が366人と、これまでの最高値を一気に塗り替えることになってしまいました。こんな状態にも関わらず国が進めるGo Toキャンペーンは見切り発車をしてしまっています。2週間後に日本中が大変なことになっていないことを願うばかりです。

本日取り上げるのは納車時から愛用しているBAGSTERタンクカバーの装着による傷防止対策についてです。以前の記事でお伝えしたように、VFR800、CRF1000L、R1200GSA 2台と直近で乗っていたバイクのすべてでBAGSTERのタンクカバーを愛用しています。BAGSTERのタンクカバーは本来の特長である専用タンクバッグの脱着を簡単に行えるだけでなく、もっとも高価なパーツの一つであるタンクの保護や、タンクカバー側面にあるソフトパッドによってニーグリップが容易になるなど多くのメリットがあります。また、今乗っているR1200GSAトリプルブラックの「GS」ロゴが大きく配置されたタンクのデザインが今一つ好みではない私にとって、タンクをシンプルなモノトーンにできることでのカスタマイズ効果も大きく、個人的にはかなり気に入っているアクセサリーです。

保護フィルム貼り付け後 1年半経過後の状態
IMG_03422.jpeg

このようにいいことだらけのBAGSTERタンクカバーですが1つだけ大きな欠点があります。これは1年半前にR1200GSA プレミアムスタンダード(ローダウン)から現在乗っているプレミアムライン (標準車高)に乗り換えた際に記事にしましたが、R1200GSA用のタンクカバーに設けられている給油口横のエアインテークに貼り付けてあるプラスチック製のメッシュパーツの素材が非常に硬く、タンクカバーを装着しているうちに給油口両脇のタンクのエッジ部分に接触してメッシュ状の接触痕が残ってしまうのです。しかもコンパウンドで磨いても落ちないほど深いため、ポリッシャーなどの機械の力を借りないとならない傷が残るという本末転倒な結果に。

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン BAGSTER

16
2020

Vixen ビクセン ポルタII A80Mf 純正 SXG-AL130三脚 取り付けレビュー

CATEGORYVixen
にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

関東は梅雨空が続き、もう3~4週間連続で雨が降り続けています。この先もずっと曇りや雨の予報が続いており、この様子ですと梅雨明けは7月の半ばを越えそうですね。先週からの都内の感染者増加への不安もありますので、たとえ天候が回復してもバイクに乗ってツーリングに出かけるのは考えた方が良さそうです。このような状態は一体いつまで続くのでしょう…。そんな閉塞感の中、ついつい余計なものをポチってしまっているのは私だけではないはずです。今回お届けするのはポルタII付属の三脚ビクセン純正のSXG-AL130三脚へ交換するというレビューです。

左:ポルタII付属品 右:SXG-AL130(脚の開きが大きく全高が低い)
IMG_0879.jpeg

ポルタII A80Mfは購入しやすい価格と優れたコストパフォーマンスで私のような初心者に人気のモデルで、初級者が扱うには充分な基本性能を持っていますが、全体のバランスが良い分、細部を見ていくとコスト削減の影を垣間見ることができます。その一つが三脚です。基本的には過去のベストセラーGP赤道儀用の旧AL130アルミ三脚の基本デザインを踏襲しているものの、細部が微妙に異なっており、コストダウンを感じさせる仕様となっています。特に大きな違いとして、架台と三脚の接合部分が旧AL130は鋳物だったのに対して、ポルタII付属の三脚は樹脂製に変更されている点が挙げられます。ここが樹脂性となっていることで脚部の剛性の低下や、三脚の脚と架台の間のわずかなガタつきの原因になったりするようで、これが経緯台を操作した後の微振動の収束時間にも少なからず影響しているようです。

Tag:Vixen ビクセン 経緯台 三脚

08
2020

R1200GS ADVENTURE 住所変更でゾロ目ナンバーを引く!

CATEGORYその他 GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

昨年3月の転居以降、行こう行こうと思いながらその機会が作れていなかった車検証の住所変更にようやく行ってきました。陸運局の8:45の受付開始と同時に手続きを行ったのですが、まったくの偶然で「・666」のゾロ目が新しいナンバープレートに割り当てられました。ご存知の通り、バイクのナンバープレートは好きな番号を選ぶことができません。たとえば「1200」など、キリ番や思い入れのある番号を選ぶには、陸運局の窓口を張り込んで発行される番号をウオッチし続けるしかないと言われています。私も実際に行うことを考えたこともありましたが、さすがに何日も窓口に足を運ぶことは難しいためすっかり諦めていました。

IMG_1183.jpeg

手続き後、窓口で新しい車検証を受け取った際には「おおお!ゾロ目だー!」っと思わず声を出しそうになりました。しかし、ちょっと待てよ。よく考えれば「666」って昔の海外のホラー映画とかでキリスト教的には邪悪な獣の数字を示していて、不吉、縁起が悪い数字として使われていたような気が…。気になって調べてみると、映画公開後に宗教的な研究や遺物の写真解析技術が進み、これまで不吉と言われていた数字は実際は「616」だったということがわかったみたいです。

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン