Top page  1/21
07
2022

日本初公開? 新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ソニックグレー・パール 純正アクセサリー装着車(FL5)

にほんブログ村 車ブログへ

前回の記事で、新型タイプRのチャンピオンシップホワイトの契約に至るまでのエピソードを紹介しましたが、なんと、ボディカラーの選択で最後まで悩んでいたソニックグレー・パールの実車が、8月6日(土)〜7日(日)に富士スピードウェイで開催されるSUPER GTの特設会場で展示されるという情報をキャッチしました。ホンダアクセスのモデューロ展示ブースで、同時発売される純正アクセサリーをフル装備した状態で展示されるということです。この情報は以前から知っていたのですが、SNSなどでの告知のイメージがチャンピオンシップホワイトだったためスルーしていました。ところが8月5日(金)の会場設営・搬入時の写真がSNSに流れてきてビックリ!なんと、おそらく日本初公開となるソニックグレー・パールの車輌ではないですか!!この情報を知ったのは8月5日(金)の夕方でしたが、幸い富士スピードウェイは東京から1時間弱で行けますし、自由観戦エリアの前売り券は前日の遅い時間まで販売しているはずです。私が契約した担当者は「9月のオーダー前であれば、予約順を並び直さずともボディカラーの変更は可能」と言っていましたので、オーダー前に実車を見て色を確認するためにも。この貴重な機会は絶対に逃せません!

IMG_6380.jpeg

そして、8月6日(土)、この日はSUPER GTの予選日です。翌日の決勝戦の日よりは観客数は少ないと思いますし、午後の予選が始まれば人がそちらに移動するため、ゆっくり車を見ることができると予想して昼過ぎに到着するように出発しました。ところがこれが大誤算で、八王子JCTで事故があったらしく、高速に乗って談合坂まで到着するのになんと2時間半….。ノロノロ運転の半クラ地獄で左足が攣りそうでした…。それ以降は比較的スムーズでしたが、富士山に近付くにつれて霧と小雨に見舞われたため、少し不安ではありましたが昼過ぎには無事富士スピードウェイに到着です。

IMG_4138_2022080711124252b.jpg

IMG_6339.jpeg

IMG_6387.jpeg

予選日ということもあり、観客もそれほどではなく、グランドスタンドに割と近い駐車場に停めることができて一安心です。(とは言っても富士は駐車場からグランドスタンドまで、ずっと上り坂が続くので結構キツイのですが…)ハアハア言いながら20分ほど歩いてようやくグランドスタンド前に到着です。廻りを見渡すと、物販・展示ブースのかなり奥の方にホンダアクセスのモデューロブースがあります。開けた場所だったので遠目にソニックグレー・パールの新型が目に入りました。

Tag:CIVICシビックタイプRFL5

05
2022

激しい争奪戦再び!新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR チャンピオンシップホワイト契約(FL5)

にほんブログ村 車ブログへ

7月21日(木)11時にホンダ本社ウェルカムプラザ青山で開催された「新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア」を皮切りに、いよいよ新型シビック タイプRの販売店での商談が始まりました。以前の記事でお伝えしましたが、私は普段FK8やS660の整備でお世話になっている担当者からの声かけで、ワールドプレミアの約10日前には「オーダー権の抽選申込書」を提出済みでしたので、あとは抽選の結果を待つばかり…とゆったり構えていたのですが、どうやら雲行きが怪しいのです。正式発表後に新型の細かい仕様や装備、FK8からの大幅な改善点などが明らかになってくると、500万を下回る販売価格がかなり割安であると認識されるようになりました。万人受けするデザインであることに加えて、事前情報では600~650万のプライスタグが予想されていましたので、それを大きく下回る価格が非常に魅力的に見えるのも仕方ありません。その結果、予想よりもかなり多くの方が発表当日の7月21日から動いたようで、その後、SNSを中心に「契約しました!」などの報告が多数寄せられるようになってきました。これを見て焦り始めた私が、翌7月22日(金)に抽選を申し込んだ店舗の担当者に、結果がわかるのがいつかを確認すると、なんと月末の7月28日前後との回答が...。遅い...遅過ぎる...。これでは当落の結果がわかった後に動いても遅過ぎると私の危機管理センサーが反応しました。

IMG_6327.jpeg

これとほぼ時を同じくして、「新型タイプRは2022年9月〜2023年3月までの今年度分の初期ロットと、2023年4月〜2024年3月までの次年度分の次期ロットの生産計画が決まっていて販売できる台数に上限があるという情報がネット上に流れます。さらに真偽は定かではありませんが、初期ロット2,000台、次期ロット4,000台(半年で2,000台ずつ)というまことしやかな情報や、販社の中でそれぞれ枠が割り当てられていて、販社の裁量の中で先着順の受付や抽選が行われているという情報も流れ始めます。これが本当なら、初期ロット2,000台から外れた場合、下手をすると購入できるのが2年後になる可能性があるということです。さらに追い討ちをかけるように、同じ系列の販社で抽選申し込みをした人から「抽選結果は7月23日に発表される」という、私が聞かされている日程と違う情報をお持ちの方もいて、何が真実かわからない状態です。ただ、こんな時に間違いなく言えることは「東京では人気商品はかなり手に入りにくい」ということです。2年前のFK8後期の発売の際の私自身の痛い教訓もありますし、抽選結果を待っていては遅過ぎる可能性が高いため早速翌日から動くことにしました。

明けて7月23日(土)、朝一番でFK8後期(1台目のチャンピオンシップホワイト)を購入した遠方の店舗の担当者に連絡をとってみます。

「東京での新型タイプRの契約が難しそうなのですが、そちらで契約できますか?」

「今のところ確保できますよ!」

「すぐ行きます!!」

ああ…2年前とまったく同じやりとりだ…と既視感を感じつつも、気を取り直して東京から約2時間のドライブです。

IMG_4061.jpg

お昼過ぎに店舗に到着して、久しぶりの担当者との対面です。FK8後期に乗って行ったため、到着早々にFK8後期同士の乗り換えによりボディカラーがホワイトからガンメタになったことをお詫びしつつも早速商談開始です。話を聞いて驚いたのが、この地方の系列店(約20店舗)は東京のような7月10日前後からの抽選受付や、ワールドプレミア直後の7月21日(金)からの商談開始は行っておらず、前日の7月22日(土)から実質的な商談が始まったとのことでした。しかも、現時点では問い合わせもそこまでではなく、普通に先着順の受付を行なっているとか…。店内を見渡しても、それなりに商談中の人はいますが、タイプRの商談らしき人は誰もおらず、前日を含めてもタイプRの商談は私が初だとか。意外でしたが私には実に好都合です。ただ、1つ注意点があり、「あくまでも現時点では先着順になっているが、実際にオーダー開始が可能になる9月初旬までの間に系列店の中で何らかの調整が入る場合がある」と釘を刺されました。とは言っても、多少納車の順番が前後する位で、東京のような購入できるチャンス自体を失うことになるようなリスクはないと判断して契約することにしました。

Tag:CIVICシビックタイプRFL5

28
2022

新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア パブリックビューイング イベントレポート④(FL5)

にほんブログ村 車ブログへ

前回の③に続いて、7月21日(木)11時にホンダ本社ウェルカムプラザ青山で開催された「新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア パブリックビューイング」のイベントレポートの続報です。この記事では、新型LF5タイプRの実車を見て感じたFK8タイプRからの変更点や改善点について紹介したいと思います。

マフラーカッターのデザイン変更
マフラーエンドのマフラーカッターの出口デザインがすり鉢状のテーパーがついたデザインに変わりました。FK8よりもかなり高級感が高くなっただけでなく、テーパーが付いているおかげで水が溜まりにくくなっているようです。FK8はパイプ出口が平行なため下の方に水が溜まりやすく、そこから錆が出てくるんですよね...。地味ですがとてもいい改善ポイントです。ちなみに会場では気付きませんでしたが、中央の太いエグゾーストの奥には開閉バルブが装備されているため、排気効率や音をコントロールできるようです。

IMG_6185.jpeg

マット仕上げの純正アルミホイール
19インチの純正アルミはリバースリム構造でサイズの割にとても大きく見えました。カラーは半艶消しのブラックです。所有しているS660のモデューロ製アルミホイールMR-R1も同じような仕上げなのですが、このカラーのメリットは汚れが目立たないことと、遠目に見ると光を反射しないせいか足元がとても引き締まって見えることです。FK8の純正20インチホイールは光沢仕上げでしたので、路面の埃を拾うとすごく汚れが目立ちますし、洗車の際もいくら拭き上げても汚れが次々に浮き出てくるんですよね...。さらに、今流行りの10本スポーク形状のデザインがとてもバランス良くできていて、個人的には今まで見てきた色々なメーカーの純正ホイールの中で一番好きなデザインと言えるかもしれません。しばらくは他社製のホイールに変える気が起きなさそうです。

IMG_6173.jpeg

IMG_6162.jpeg

Tag:シビックCIVICタイプRFL5

26
2022

新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア パブリックビューイング イベントレポート③(FL5)

にほんブログ村 車ブログへ

前回の②に続いて、7月21日(木)11時にホンダ本社ウェルカムプラザ青山で開催された「新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア パブリックビューイング」のイベントレポートの続報です。この記事では、新型LF5タイプRの実車を見て感じたFK8タイプRからの変更点や改善点について紹介したいと思います。

サイドミラーの取り付け位置変更
サイドミラーの取り付け位置がFK8のサイドウィンドウ先端から、ドア上端に移動し、位置も下げられました。最近SUVなどを中心にこの位置にサイドミラーがある車種が増えていますが、私もTiguanがこの位置にあり馴染みがあるポジションです。この位置はミラー付け根部分の死角がなくなるので、ミラー越しに見渡す視界が見やすくなります。見た目はFK8の位置の方がカッコいいですが、駐車場での取り回しやタイトコーナーでは地味に役立つため、実用性の面ではLF5が優れているのではないかと思います。

IMG_6151.jpeg

サイドミラー内の近接車輌接近警報
右斜め後ろ、左斜め後ろから接近する車輌を検知した際に、ミラーの一部が点滅して警告する「近接車輌接近警報」機能が装備されたようです。LF5には標準でフロントバンパーに4個、リヤバンパーに4個の近接センサーが見えますので、これらを使用して警告が出ると思われます。これも現在乗っているTiguanでも非常に便利に感じている機能ですので、今回の新規採用は大歓迎です。FK8同様にLF5もCピラー付近の視界は良いとは言えませんので、きっと多くの人が便利と感じると思います。

IMG_6170.jpeg

前後バンパーのエアスリット(のように見える場所)
カモフラージュされたプロトタイプが走り廻っていた時から大変気になっていたのが、前後バンパーに設けられたエアスリットに見える場所が実際に貫通しているか否かです。ここは周囲がピアノブラックになっていて、奥が見え辛くどうなっているかわからなかったのですが、これは多くの人々の期待に反して「非貫通」という結果でした。ちなみにフロントのエアアウトレット状の部分は、ここで空気を整流することで「カナード」のような効果をフロントタイヤ周りに生むために設けられているそうです。ちなみにブレーキへの外気導入口は、フロントバンパー下部の三角形のエアインテークから行われます。ピアノブラックで見えにくいですが、左右に2ヶ所設けられています。

Tag:CIVICシビックタイプRFL5

25
2022

新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア パブリックビューイング イベントレポート②(FL5)

にほんブログ村 車ブログへ

前回の①に続いて、7月21日(木)11時にホンダ本社ウェルカムプラザ青山で開催された「新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア パブリックビューイング」のイベントレポートの続報です。

トークセッションの様子
オープニング後の柿沼さん、伊沢さんからの挨拶に続いて、いよいよ開発時のエピソードや新型について話が聞けるトークセッションが始まりました。一番気になっていた「価格」「スペック」「生産台数や供給」「ニュルの最新ラップ」などの情報は残念ながら伏せられていましたが、今後明らかになっていくのでしょう。その後、約50分かけて、柿沼さんご自身の口から開発にまつわる色々なエピソードを聞くことができました。個人的に特に印象に残っているのは、FK8のグローバルでの成功があったからこそ新型が開発できた、今回に繋がったということです。FK2から連なる現在のタイプRの系譜は、豊富な電子デバイスの実装や攻撃的で複雑なデザインの外観から、かつてのタイプRの肯定派から「これはタイプRではない」と否定的な意見も多かったと思います。しかし、事実としてFK8タイプRは日本だけでなく、北米やヨーロッパでも成功し、合計では歴代タイプR最高の販売台数を記録していたのです。結果的にはこれが追い風になって、今回発表された新型の開発に繋がったのです。これはFK8タイプRを愛するオーナーとしてはとても嬉しく、誇らしい話でした。

IMG_6128.jpeg

今回の新型の開発コンセプトは「Ultimate SPORT 2.0」ですが、これはFK8シビックのスローガンである「究極のスポーツ」をさらに徹底的に磨き上げるという意味だそうです。そのために「柿沼さんご本人が当時"やりきった"と言っていたFK8から新型をどう進化させようと考えたのか」「タイプRを今後も永続的な存在にするためにどのような変化が必要か」「開発責任者を2世代続けることは非常に珍しい、それだからこそできたこと」などにどう取り組んだかお話を聞くことができました。それらの話をまとめると、「FK8のネガな部分を徹底的に潰して、さらに高次元の高みに到達することができた」ということだそうです。柿沼さんから紹介された数々の改善点や、実装された新機能を見るとこれは決して過言ではなく、実際かなりの自信を持たれているように感じました。

IMG_6133.jpeg

Honda Log R
個人的に一番印象に残ったのは新機能である「Honda Log R」です。これまでもFK8タイプRのUS/UK仕様には同名の似た機能があり、羨ましく思っていた日本のオーナーも多かったはずです。このLog Rは単に多くの車輌情報を確認できるだけでなく、自身の普段の何気ない運転をスコア化したり、世界中のタイプRオーナーと競ったりできる、柿沼さんの言葉を借りれば「物言わぬ車と対話することができることを可能にする画期的な新機能」です。私はコックピットの美観を損ねる後付けの計器類は苦手だったので、輸入車のスーパーカー並みにすべての車輌情報を見ることができるだけでも大歓迎でしたが、これに加えて全国13ヶ所のJAF/FIA公認サーキットではスピードリミッターも解除できるのもとても素晴らしいです。これでECUの書き換えなども行うことなくサーキット走行が楽しめますね。かなり多くの情報が確認できる上、実車の動き通りに車のCGが表示されるなど、ユニークなギミックもあるようなので早く試したいです。

Tag:CIVICシビックタイプRFL5

23
2022

新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア パブリックビューイング イベントレポート①(FL5)

にほんブログ村 車ブログへ

7月21日(木)11時にホンダ本社ウェルカムプラザ青山で開催された「新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア パブリックビューイング」に行ってきました。カモフラージュなしの新型タイプRは当日初お披露目となった訳ですが、1990~2000年代のホンダ車を思わせるクリーンなデザインに懐かしさを感じつつも、直近のホンダ車のトレンドに通じるシンプルなモダンさもあって個人的にはとても好印象です。複雑でアグレッシブなFK8のデザインも個人的にはとても魅力的に感じますが、まるでEF/EGシビックやDC2インテグラのようなシンプルで控えめなデザインには「古き良きホンダが帰ってきた」と感じる良さがあります。本日は写真を中心にイベント時の様子と、新型の実車を見て感じたFK8タイプRからの変更点や改善点について紹介したいと思います。

開発責任者の柿沼秀樹さんと開発ドライバーの伊沢拓也さん(フォトセッションで私が撮影)
IMG_6139.jpeg

イベント入場時にもらった記念品
当日のウェルカムプラザ青山は当然ながら専用利用になっており、入口で参加の権利のチェックを受け、参加記念品のカモフラージュ柄のクリーニングクロスとタイプRのシリアルナンバープレートを模したステッカーが配布されました。ちなみにナンバーは「R-0000」「R-0223120」ですが、この数字の意味は説明がなかったので不明です。もしかしたら歴代タイプRの総生産台数などを指しているのでしょうか?(ご存知の方がいたら教えてください)ちなみに、下の写真の一番下に写っている新型タイプの走行シーンの物は、イベント終了後の退場時にお土産としてもらったクリーニングクロスです。

(7/26加筆)「R-0223120」のシリアルナンバーはyamazoh @DC5FK8さんより、鈴鹿サーキットでのベストラップ更新時のタイムである2:23.120と教えていただきました。ありがとうございました!

IMG_4044.jpg

イベント会場の様子
室内の様子は下の写真のようになっており、前方左側にカモフラージュ柄のカバーをかけられた実車が1台と、タイプRロゴが加飾されたパーテーションが設置されています。スクリーンには直近公開されたティザー映像がループ再生されており、イベント参加に際しての注意(写真やビデオの撮影はOKだが、SNSへの共有はイベント終了後の12時以降にすること、ライブ中継はNGなど)が行われていました。このイベントの参加権は100名が対象とのことでしたが、座席数は120位用意されています。満員とまではいきませんでしたが、関心を集めているだけあって席はほぼ埋まっている感じでした。

IMG_6111.jpeg

席順は入場時のクジによるランダムでしたが、私は運が良いことに向かって左端の前方の列で、左側の実車とステージ中央の両方が見やすい位置でした。参加者の年齢は私と同世代の40〜50代と30~40代の方が一番多かったように見えました。やはりEK9以降の歴代タイプRをリアルタイムに経験しているということや、FK2以降のタイプRが高価格化していることもあって、客層としては購買力が高い中高年がやや多いのかもしれませんね。ちなみに女性の方もちらほらいらっしゃって、私の隣の方は女性の方でした。家族の同伴者ではないと思いますので、タイプRに乗られている?もしくは関心がある方だったのでしょうか?シビックタイプR全国オフ会でも女性の参加者が結構いらっしゃいましたし、タイプRコミュニティの裾野の広がりは歓迎したいですね。

Tag:CIVICシビックタイプRFL5

20
2022

CLIFFORD クリフォード カーセキュリティ Concept 480J 取り付けレビュー CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8 後期)

CATEGORYCLIFFORD
にほんブログ村 車ブログへ

本日はFK8のカーセキュリティ取り付けに関するレビューです。車を所有する際のリスクの一つに盗難があります。プリウスやランクル、ハイエースといった盗難被害の常連車種に並んで、最近は日本車のスポーツカーが上位に名を連ねるようになってきました。これには映画ワイルドスピードシリーズによる海外での日本車人気や、「25年ルール」による日本製スポーツカー黄金期の車種の海外への輸出増加などの事情も関係が大きいようです。現在の日本で盗難被害に遭うスポーツカーは、ネオクラッシックと言われる1980年代から2000年代前半くらいの車種が多く、その中にはシビック・インテグラなどの歴代のタイプRも数車種含まれています。つい最近まで現行車として販売され、海外でも普通に販売されていたFK8シビックタイプRは、上記の車種に比べると盗難に遭いやすいとまでは言えないのですが、間もなく発売される新型タイプRの内容次第では人気が上昇するかもしれません。もしそうなった場合は、特に生産台数が少ない後期モデルは盗難リスクが上がるのは間違いないでしょう。現在でも、ハンドルロックをはじめとするある程度の防犯対策は行なっていますが、窃盗犯に本気で狙われた場合はなすすべもありません。そこで、これまでのマイカー歴で初めてカーセキュリティを装着することにしました。カーセキュリティを選ぶにあたってネットで色々調べてみたのですが、特に重視したいと思ったのは以下の3点です。

IMG_6020.jpeg

①防犯性の高さ
カーセキュリティの本質は何をおいても「盗まれないこと」が第一です。セキュリティの中には多機能を謳う機種も多くありますが、実際に盗難に遭いにくいことが実績として証明されている信頼性の高いブランドの製品が望ましいと考えています。

②誤発報の少なさ
カーセキュリティの宿命として、強風や地震などでもアラームが鳴る可能性がありますが、周りが住宅街のため、周囲への迷惑となるような誤発報はなるべく避けたいと思っています。在宅中なら誤発報をすぐに停止できますが、外出している時などに大音量のアラームが長時間鳴り続けるのは避けたいです。そのため、人為的な影響と自然環境による影響とを適切に判断できるような高性能なセンサーを搭載した機種を希望しています。

③技術力の高い店舗で施工できること
製品そのものが良いものであることに加えて、同じくらい重要なのは施工を依頼する店選びだと思います。いくら高性能な機器を導入しても、施工がいい加減だとセキュリティを簡単に突破されてしまいますし、インパネの脱着や配線処理、ケーブルの取り廻しなどの仕上がりといった点でも施工技術に満足できないケースもあると聞きます。特にカーセキュリティの取り付けの際には、インパネを全バラに近い状態にしたり、純正ハーネスの一部にも手を加える可能性があるので、信頼できる技術と作業を依頼する車種の扱いに精通しているお店に依頼したいと思っています。

これらの項目を総合的に検討した結果、セキュリティは業界No.1の防犯実績を持つ「クリフォード」に、取り付け作業は関東圏随一の施工実績を持つ「ミラージュ東京」さんに依頼することにしました。

Tag:CIVICシビックタイプRFK8CLFFORDクリフォード

18
2022

新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR 限定100名 ワールドプレミア パブリックビューイング 参加権 当選!!(FL5)

にほんブログ村 車ブログへ

7月21日(木)11時に予定されている新型シビック タイプRの公開まで、いよいよあと3日となりました。そんな中、私的に大変嬉しいニュースが!7月21日(木)11時に「新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR ワールドプレミア パブリックビューイング」というイベントがホンダ本社ウェルカムプラザ青山で開催されるのですが、ダメ元で申し込んだところ当選してしまったのです!限定100名の抽選だったため、なかなかの狭き門になることを予想していたのですが、なんと当選してしまうとは…。まったくの予想外でしたが、幸いホンダ本社が勤務先と一駅しか離れていないため、7月21日(木)は午前休を取って参加して来ることにしました。リーク情報通りであれば(笑)、チャンピオンシップホワイトの実車も展示されると思いますので、色々気になる部分を見て来ようと思います。また、当日はゲストとして、FK8に続いて開発責任者を担当している柿沼氏も登壇されるようですので、どんな話が聞けるのか今から楽しみです。

ライブビューイング2

気になると言えば、新型タイプRの販売方法です。ネットやSNSではいろいろな情報が飛び交っていて、どれが本当か見極めるのが非常に難しいのですが、多くの情報からある程度わかってきたことがあります。まず、販売方法ですが、やはり地域やディーラーによってまったく異なる対応が取られているようです。私が申し込んだ東京では今後行われる抽選によって「オーダー順」の獲得可否が決定するようなのですが、ネット上では「普通に先着順で受け付けてもらえた」「先着順だったけれど受付が締め切られていた」「抽選を受け付けていたので申し込んだ」「すでに抽選が終わって落選が決定した」など千差万別です。そのため、現状ではそれぞれの店舗に聞いてみるしかないというのが現状です。ちなみにポリメタのFK8を購入した地方の独立系店にも確認しましたが、現時点で店舗に届いている新型タイプR関連の情報はなく、予約の受付もまだ初めていないとのことでした。

Tag:CIVICシビックタイプRFL5

14
2022

新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR まさかの掲載ミス? ホンダ公式HPから発表前の公式画像がリーク?(FL5)

にほんブログ村 車ブログへ

昨夜は衝撃的なニュースが飛び込んできましたね。約1年もの間、公式画像やSNSなどで計画的なメディア露出を続けてきた新型シビックタイプRですが、結局例のカモフラージュラッピングが解かれることがないまま、7月21日(木)のワールドプレミアでの初お披露目を迎えることになりそうでした。ところが、正式発表1週間前のタイミングで、よりによってホンダ公式HPから情報が漏れてしまうという事故?が昨夜発生しました。該当のページはすでに削除されてしまっていますが、ホンダ公式HP内のウェルカムプラザ展示車輌検索で、ワールドプレミア後の7月23日の日付で展示車を検索すると、新型タイプRのチャンピオンシップホワイトの公式画像と思われる画像が表示されてしまったという致命的なミス?です。

New Civic Type R
騒ぎになって気付いたのか、公式HPからはすぐに画像などが削除されましたが、時すでに遅しだったようで、Twitterで話題になり、一気に拡散されてしまいました。もしこれがホンダ側が意図していなかった本当のミスだった場合は、これまでの綿密な広報プランが台無しになりかねないという、ミスを起こした担当者に同情してしまうような事態な訳ですが、一方で、話題作りのための意図的なリークによる広告戦略ではないかという声もありました。私個人はさすがにそうでない気がするのですが、来週の正式公開時にミラーやリヤウィングがボディ同色になるなど、リーク画像とは違う仕様で発表されたりしたら、一連の騒ぎは意図的な告知戦略だったということになります。これはホンダの高度な情報戦略なのでしょうか?果たして真相はどうなるのでしょう。

Tag:CIVICシビックタイプRFL5

12
2022

新型 CIVIC TYPE R シビック タイプR 抽選申し込み完了!! そして、7月21日(木)正式発表決定!!(FL5)

にほんブログ村 車ブログへ

公私ともにバタバタしており、またもや3週間更新が滞ってしまいました。この間、参議院選挙が大きな話題になる中、つい先日、安倍元首相の銃撃事件という重大事件も起こってしまいました。日本で銃撃事件が起こるというだけでも驚きますが、まさか亡くなられてしまうとは驚くほかありません。歴代首相最長と言われる在籍期間中、二度の消費税増税に関わったこともあり、一般的にはマイナスの印象が強い方が多いのではないかと思いますが、振り返ると、低迷する日本をなんとかしようと奮闘されていたのだなと気付かされます。強力なリーダーシップのもと、外交や経済、安保問題などに次々と手を打ち、多くの実績を残されましたが、安倍元首相の周りには色々不透明な噂も付きまとってましたので、功績には功罪併せ持つ部分もあったかと思います。しかし、強い信念にもとづいて日本を変えようとした点については評価されるべきだと思います。私は政治には関心は高くなかったのですが、日本の政治にとって貴重な存在である政治家を失ったことは間違いないでしょう。あらためて、亡くなられた安倍元首相のご冥福をお祈りします。

1657504643115.jpg

話は変わって、本日は新型タイプRに関する記事です。この1ヶ月、関東近辺を中心に例のカモフラージュが施された新型タイプRの試作車と思われる車が2台連れ添っている様子が数多く目撃されたり、生誕50周年を迎えたシビックの記念イベントがホンダ本社のウェルカムプラザで開催されたり、Web上でもシビック関連の特別コンテンツが公開されるなど、6~7月にかけてシビック関連の話題がにわかに活気づいてきました。公式情報ではすでに新型タイプRがこの夏に発売されると発表されていましたが、それがいつなのかの続報がなく、ネットでは7月20日発表、9月発売という情報がまことしやかにささやかれている状態でした。私を含め、新型の情報解禁を今か今かと心待ちにしていた方も多かったと思いますが、本日ホンダ公式ページで2022年7月21日(木)11時にワールドプレミアが行われることが正式発表されました。いや〜本当に楽しみですね!!

Tag:CIVICシビックタイプRFL5

19
2022

COVERITE カバーライト ボディカバー CL-43の経年劣化について CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8 後期)

CATEGORYCOVERITE TYPE R
にほんブログ村 車ブログへ

前回の記事に続いて、本日は車用のボディカバーに関する記事です。現在、タイプRとS660の両方でカバーライト製のボディカバーを使用しています。南向きで大変陽当たりが良く、屋根がない駐車場を利用しているため、保管中の陽射しや風雨、鳥獣害/防犯対策が主な目的です。以前の記事でもお伝えしましたが、強風によるカバーのめくれ対策を行ってから、一度もカバーが風に飛ばされることもありませんし、青空駐車の車によく見られる降雨後の白い斑点のようなシミ(イオンデポジットやウォータースポット)もほとんど発生しないので、ボディカバーの利用による恩恵を感じています。今回の記事では使用を開始してから1年半経ったカバーライトのボディカバーのその後についてご報告したいと思います。現在使用しているボディカバーCL-43は前車のチャンピオンシップホワイトのタイプRが納車された2021年2月末から使用しています。この期間、ボディカバーは夏の暑い陽射しや降雨、鳥のフンなどにさらされてきたのですが、1年4ヶ月が経過した現在、経年劣化が確認できましたので記録として残しておきます。

ルーフ部分の剥がれ
IMG_3974.jpg

IMG_3980.jpg

もともと、このボディカバーCL-43は裏起毛処理が施されており、ボディとの接触による傷付きをある程度緩和することができるのですが、経験上、ボディカバーが風で暴れたり膨らんだりする際に点接触する部分が削られて塗装が剥げてしまうことが予想されます。そのため、昨年の使用開始当初からボディカバーと点接触する可能性があるエンジンフード、ルーフ、リヤウィングの3箇所に90cmx180cmのフリースタイプ養生マット3枚を敷いてからボディカバーをかけるようにしています。(この方法は先日北関東で大きな被害が発生した雹対策としても良さそうです。ちなみに養生マットが動かないように低粘着度の養生テープで軽く固定してからカバーをかけています)この対応が功を奏して、エンジンフードのプレスラインやルーフのシャークフィンアンテナ、リヤウィングのエッジなど、カバーとの摩擦の心配がある箇所の色剥げなどの被害はボディ側には発生していません。一方で、ボディカバー側にはルーフや点接触する部分の表皮にダメージが発生しています。

Tag:シビックCIVICタイプRFK8カバーライトCOVERITE

12
2022

Barrichello バリチェロ バイクカバーHG 裏起毛付き 7Lサイズ 到着レビュー R1200GS ADVENTURE

CATEGORYその他 GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

今日お届けするのは久しぶりのR1200GSA関連のレビューです。3年前の春に都内から郊外に引越した際にバイクの駐車環境が大きく変わりました。都心に住んでいた際の駐輪スペースは大型の屋根とマンションの外壁に囲まれていることで風雨の影響が非常に少なく、マンションの北側に駐輪場があったことで朝のわずかな時間以外は直射日光が当たらないという、かなり恵まれた保管環境でした。現在の住まいは、カーポートタイプの屋根が付き、中型〜大型のバイクが余裕を持って駐車可能な駐輪スペースが10台分用意されているという恵まれた環境なのですが、四方に遮蔽物がまったくないことに加え、南向きに面しているため陽当たりが良過ぎることが悩みでした。そこで、¥7,500(当時)という手頃な価格ながら、直射日光や風雨などへの耐候性に優れたバイクカバーとして高い評価を得たていた「バリチェロ バイクカバー 7Lサイズ」を選びました。それからちょうど3年が経過して、あらためてのレビューと、今回新たに「バリチェロ バイクカバーHG 裏起毛付き 7Lサイズ」(税込¥10,500)に買い替えましたので、それに関するレビューをお届けしたいと思います。

バリチェロ バイクカバーHG 裏起毛付き 7Lサイズ(税込¥10,500)
IMG_5882.jpeg

まず、3年間使用した「バリチェロ バイクカバー 7Lサイズ」の感想ですが、結論として非常に満足できる製品でした。特に評価しているのは以下の2点です。

耐久性の高さ
バリチェロのバイクカバーは耐久性に優れた最高級オックス300D生地を採用しています。3年間、かなり強い日差しに晒されたにもかかわらず、素材の黒色の色褪せはあったものの、生地が裂けたり、ひび割れなどの劣化がまったくありませんでした。それまで使用していたデイトナのブラックカバーはフロントタイヤ/リヤタイヤ/シート部分など、カバーをかけている際に生地が引っ張られてテンションがかる部分が時間の経過とともにひび割れしてきて、表面のコーティングが剥がれてくるなどの目に見える劣化がありました。ハンドルロックをかけてカバーをかけると、左ミラー部分のカバーの生地が弛んでしまうため、余った生地を丸めて洗濯バサミで挟んで固定していたのですが、このような使い方をしても生地のダメージはまったくありません。また、生地の境目の2重縫製による強度も非常に高く、縫い目のほつれも発生しませんでした。

左ミラー部(常時折り曲げても劣化はありません)
IMG_5894.jpeg

フロントタイヤ部(常時折り曲げても劣化はありません)
IMG_5895.jpeg

Tag:R1200GSADVENTUREプレミアムラインBarrichelloバリチェロ

09
2022

ホンダ純正 カーボン調 インテリアパネル 取り付けレビュー S660α(JW5 中期)

にほんブログ村 車ブログへ

仕事が忙しかったため、前回の更新からまたもや3週間ほど間が空いてしまいました。本日は久しぶりにS660に関するレビューです。そういえば先日ホンダのN-BOXをはじめとする軽の8車種に燃料ポンプに関するリコールが発表されましたね。皆さんの所有車は大丈夫だったでしょうか?私のS660は運悪くリコール対象となっており、ディーラーから入庫依頼の手紙が届きました。ここ最近は週末の度に箱根や山中湖近辺でオープン走行を楽しんでいましたが、今の所は快調そのもので特に不具合は発生していません。先日オドメーターが4,000kmを超え、前回のオイル交換から約3,000km走行しましたので、近々オイル交換と一緒にリコール対応でディーラーに入庫する予定です。S660の走行中の突然のエンジン停止はSNSなどでもちょくちょく見かけるトラブルですので遠出する前に対策をしておきたいと思います。話は変わって今回お届けするのは、ホンダ純正アクセサリー「インテリアパネル 08Z03-TDJ-A00G」(税込¥17,600)に関するレビューです。

インテリアパネル 取り付け後
IMG_3790.jpg

インテリアパネル 取り付け前
IMG_3776.jpg

この製品はメーターバイザーパネル(左右)、助手席側エアアウトレットパネル、センターコンソールパネルの4ヶ所に貼り付けるカーボン調のパネルで、モデューロXバージョンZに装備されているものと同じものです。以前のホンダ純正「ドアライニングパネル」取り付けに関する記事でもお伝えしましたが、S660のメーターバイザーの両脇とドアの内側には、艶消しのカーボンプリント調の加飾が施された部分があり、この部分の質感の低さや傷付きやすさ(しかもバイザー部分は左右とも下の方に継ぎ目があります)が以前から気になっていました。面積が広く、乗車する度に目に入るドアの内側部分はドアライニングパネルを取り付けることで質感の向上と傷付き防止対策が済んでいましたが、メーターバイザーの左右はそのままでした。場所的には、目立つ場所でもなく、普段手が触れる場所でもありませんので、ドアの内側ほど見た目や傷を気にする必要はないと思いましたが、インテリアをぐるっと見渡した際にテクスチャーの統一感がないのがちょっとなあ…と感じてしまいます。

Tag:S660

20
2022

HONDA CIVIC TYPE R All Japan Meeting 2022(シビックタイプR全国オフ会)参加レポート④ CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8 後期)

にほんブログ村 車ブログへ

本日はシリーズ最後となる参加レポート④をお届けします。前回の参加レポート③では出店ブースの様子を中心にお伝えしましたが、今回はそれ以外のトピックについてお伝えしたいと思います。

オフ会における一番の魅力といえば、オーナー一人ひとりの個性によって自由にカスタムされた車輌を実際に見ることができる点です。私自身はこれまでオフ会の参加経験がなく、今回が初めてだったのですが、全体の4割を占める170台ものFK8を見るだけでも参加して良かったと感じるほどでした。微妙な車高の高低による実際のイメージや実用性、タイヤ&ホイールのデザイン/インチサイズ/オフセットによるマッチング、エアロをはじめとする異なるメーカー同士の外装パーツを組み合わせた場合の印象や取り付け精度など、とても参考になることが多かったです。こういった情報は、ネットやSNSを活用すれば確認することはできますが、画面上で見るのと実際に目で見るのとでは印象が違うことが多いと思います。個人的にはこれまで車高ダウンやツライチには大きなこだわりがなかったのですが、他のオーナーさんの実用性と見た目の両立を目指してギリギリまで攻め込んだ車を見ると「やはり車高落とすとカッコいいな〜」と唸ってしまったり、あれこれ悩んだ際に最後まで候補に入れていた(最終的には自分が選ばなかった)デザインやカラーのホイールを装着されている車を見て「やっぱりこっちの方が良かったかな」と少しモヤっとした心境になったりするのもオフ会ならではの楽しみ?と言えるのかもしれません苦笑。

IMG_5546.jpg

IMG_5779.jpg

  • チャンピオンシップホワイト:104台
  • サンライトイエロー(後期リミテッドエディション):12台
  • フレームレッド:11台
  • ブリリアントスポーティーブルーメタリック(前期):10台
  • レーシングブルー・パール(後期):10台
  • クリスタルブラック・パール:10台
  • ポリッシュドメタル・メタリック(後期):7台
  • その他:2台

ちなみに事務局から発表されたFK8のエントリー車輌のカラーごとの内訳は上記の通りです。6割を占めるチャンピオンシップホワイトの比率はやはり圧倒的ですね。ホワイトの次に多いのがイエローというのも驚きですが、全200台中10台以上と、これだけ多くのリミテッドエディションが集まる機会は中々ないでしょうね。ホワイト以外のカラーが少ないのにも驚きましたが、後期モデルの商談時にディーラーから聞いた、当時日本市場用に確保されているというタイプRの色別比率に近い感じですので、妙に納得してしまいました。

Tag:CIVICシビックタイプRFK8シビックタイプR全国オフ会

18
2022

HONDA CIVIC TYPE R All Japan Meeting 2022(シビックタイプR全国オフ会)参加レポート③ CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8 後期)

にほんブログ村 車ブログへ

本日は前回に続いて「シビックタイプR 全国オフ会」の参加レポート③をお届けします。イベントは9時から開始でしたが、参加レポート②でお伝えした通り、冒頭は「開会式」「土屋圭市さんトークショー」「Honda R&D Challengeトークショー」「出店ショップ紹介」「ゲストYouTuber紹介」と約3時間の観覧型のセッションがメインステージで続きました。ステージ前には特に座席は用意されていませんでしたので、参加者の皆さんは自由に座って観覧していましたが、アスファルトに座っての参加は結構辛かったのではないかと思います。私はキャンプやバイクのツーリングで使用している折りたたみ式のパイプチェア(Helinox タクティカルチェア)を持参していましたので苦になりませんでしたが、会場には折りたたみ式の椅子を持参している人は数名しかいないようでした。もし、「シビックタイプR 全国オフ会」の次回開催があったとして、今回と同じようなフォーマットが予定されている場合は、自前で椅子を持参して参加されることをお勧めします。

IMG_3743.jpg

ゲストYouTuber紹介
今回は、五味侑也さん(くるまのChannel)みじゅさん(車と洗車ちゃんねる)田澤さん(田澤代表と愉快な仲間たち -クルマのビジネス大学-)松本正美さん(ホンダカーズ野崎)大石茉里さんといったYouTubで活躍されている皆さんがゲストとして登壇されていました。中でもホンダカーズ野崎のF1店長こと松本さんは、当日実行委員の一人として忙しく動き回る傍ら(入場時の駐車の誘導や整理の際もハンドマイク片手に大活躍されていました)、出店企業としてブースも出され、ステージでも壇上に上られるという慌ただしさです。いつも拝見しているYouTubeの動画でも、とてもエネルギッシュな方だなと感じていたのですが、実際の印象もまさにその通りでした。

ホンダカーズ野崎のF1店長こと松本さん
IMG_5585.jpeg

Tag:CIVICシビックタイプRFK8シビックタイプR全国オフ会

17
2022

HONDA CIVIC TYPE R All Japan Meeting 2022(シビックタイプR全国オフ会)参加レポート② CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8 後期)

にほんブログ村 車ブログへ

本日は前回の参加レポート①に続いてその②をお届けします。事務局の皆さんの素晴らしい段取りで、このイベントの最大の難関である400台近い参加車輌を開始時刻までにパドック内に整列させるというミッションは無事完了しました。快晴の絶好のイベント日和のもといよいよ「シビックタイプR 全国オフ会」がスタートです。

Timetable.jpeg

開会式
まず最初に行われたのは開会式です。SNS上でのFK8コミュニティで有名な「みらのパパ」さんから開会の挨拶、ホンダカーズ野崎のYouTubeで「日本ワイパーオブザイヤー」として有名な「わかもり」さんからイベント参加に関しての諸注意がありました。今回のイベントは規模も大きく、運営も大掛かりなものですが、企画の立ち上げをはじめ、準備や当日の運営などのすべてのことが「シビックタイプR」愛好家の有志の方々のボランティアによるものだということがあらためてわかりました。シビックタイプR誕生25周年の節目の年に、有志の方の熱い想いで、これだけのイベントの実行に漕ぎつけられたことにあらためて感服しました。

IMG_5536.jpeg

土屋圭市さんトークショー
もともと紙媒体の頃から活躍を拝見していましたし、その後はWeb(YouTube)でも色々な試乗や対決などのミニレースで活動されている様子もウオッチしていましたが、イベントなどで直接お話をされているのを見るのは初めてでした。「ドリフトキング」の異名通り、土屋さんといえば「FR」「86やGTR」というイメージが先行しますが、あらためてお話を聞くと、ホンダ車やホンダアクセスとの深い関わりや、歴代タイプRとの強い関係をお持ちであること再認識しました。土屋さんのトークを生で拝見するのは初めてでしたが、裏表がない実直な話し方で、1時間もの長い間、過去のエピソードや考え方など興味深いお話を聞くことができました。スポーツカーでも次々とMT車が無くなっていく中で、ただ速く走るだけなら今ではATの方が優れているのになぜMTを選ぶのかに対して、「MT車は色々な無駄を楽しむものだ」というようなことをおっしゃっていたのが強く心に残りました。同じマニュアルトランスミッションを積むバイクにも通じることがありますが、なぜあえてMTを選ぶのかと言う理由に対する答えとして、個人的にとても共感できる一言でした。また、トークショー後も、参加者の方と気さくに記念撮影に応じられている姿も印象的でした。

Tag:CIVICシビックタイプRFK8シビックタイプR全国オフ会

13
2022

HONDA CIVIC TYPE R All Japan Meeting 2022(シビックタイプR全国オフ会)参加レポート① CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8 後期)

にほんブログ村 車ブログへ

すっかり間が空いてしまいましたが、今回は4月9日(土)にモビリティリゾート(旧ツインリンクもてぎ)で開催された「シビックタイプR 全国オフ会」の参加レポートをお届けしたいと思います。私自身、オフ会の参加そのものが初めてだったのですが、「参加者に喜んでもらいたい」という事務局の皆さんの強い想いが伝わるイベントで一日を通して楽しむことができました。今回は約400台の歴代シビックタイプRを集めるという前代未聞のイベントだった訳ですが、初開催とは思えないほどの素晴らしいクオリティだったと思います。このイベントの準備や運営に関わった皆さんには、この場を借りてあらためてお礼を申し上げたいと思います。今回のイベントで特に印象に残っているのは、すべての点において非常に念入りな準備とリスクの想定が行われていたこと、SNSやモバイルアプリなどでの情報共有が効果的に使われていた点です。私がイベントを知ったのは、YouTuberとして有名なF1店長こと「ホンダカーズ野崎」さんのYuTube動画内での告知を見たことがきっかけでしたが、エントリーを検討した時点ですでにきちんとしたイベントの公式ページが立ち上がっており、これを見るだけで事務局の皆さんの並々ならぬ本気度や意気込みのようなものが伝わってきました。今回は税込¥8,000前後の参加料金(車両入場1台+参加者2名まで、エントリー時期により¥7,200~¥9,000まで変動)が必要でしたが、きちんとした体制での運営や国際サーキットであるもてぎのパドックを週末に1日占有利用したイベントであることを考えると妥当な金額だと思います。

IMG_5767.jpg

エントリーの際は専用のウェブフォームから個人情報、参加車輌情報(車種/色)などの登録を行い、その後の情報共有はグループコミュニケーションアプリケーション「BAND」を通して行われるというのもユニークでした。正式エントリー後にBANDにアクセスすると「HONDA CIVIC TYPE R All Japan Meeting 2022」というイベント参加者用のコミュニティに参加でき、そこではイベントに関する諸注意や各種情報が掲載されており、イベントに関して不明な点がある場合は事務局の方に自由に質問できるようにもなっていました。また、コミュニティへの参加後は互いに簡単な自己紹介をすることが推奨されており、参加者同士が事前にコミュニケーションできるようにも配慮されていました。初対面の人といきなり打ち解けるのは難しいと思いますので、グループ活動を円滑にするための専用アプリを使ってイベントが始まる前から参加者同士がアイスブレイクできるのはとてもいいアイデアだと思いました。

Tag:CIVICシビックタイプRFK8シビックタイプR全国オフ会

10
2022

Hobby Japan ホビージャパン 1/18 S660α MT 前期モデル ミニカー HJ1803BW プレミアムスターホワイトパール レビュー

にほんブログ村 車ブログへ

この1ヶ月間、公私ともに色々なことが重なってしまい、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。コロナの感染状況が落ち着いてきたため、職場が2年続いたリモートワークをやっと解除することになり、その影響で仕事がかなりバタついていました。連休明けから週1日、週2日、週3日と段階的に出社日を増やしていくとのことですが、ゴールデンウィークで大きく増加したであろう人の動きで、感染状況が再び悪化しないことを願うばかりです。また、体調の面でも大変な目に遭っていました。3月末に3回目のワクチン接種を受けたのですが、接種後に40℃近い発熱が3~4日続き、熱が下がった後も体調が悪い状態が続いていました。検査を受けた所、肝機能を示す値の一つであるASTとALTが何と平常値の10倍位まで上がっていました。(加えて血圧もかなり高くなっていました)医師の診断によると、ワクチン接種後の副作用で肝機能障害や血圧の上昇が発生することもあるようで、今回の体調不良もそのケースに該当するのではないかという診断でした。結局、2週間ほど安静にすることでやっと平常値に戻りましたが、1ヶ月経った現在も血圧が高めで本調子ではない状態が続いています。一種の後遺症のような状態だと思うのですが、早く本来の体調に戻りたいものです。

ホビージャパン 1/18 S660α HJ1803BW プレミアムスターホワイトパール(税込¥24,200)
IMG_3632.jpg

本日お届けするのは2022年3月にホビージャパンから発売された1/18  S660α MT前期モデル HJ1803BW プレミアムスターホワイトパール(税込¥24,200)に関するレビューです。ホビージャパンからは2016〜2017年にプレミアムスターホワイトパール/カーニバルイエローII/プレミアムビーチブルーパール/アドミラルグレーメタリック/ミスティックナイトパール/フレームレッドの6色が発売されており、ホワイトに関しては1度再販もされているのですが、今回購入したのは2度目の再販製品です。今回の再販はプレミアムスターホワイトパール/カーニバルイエローII/プレミアムビーチブルーパールの3色で、外観は従来製品と同じように見えるのですが一部変更が加えられています。過去販売された製品にはなかったメーカーオプションの「センターディスプレイ」と「シティーブレーキアクティブセンサー(CTBA)」が追加されました。私のS660にはCTBAは装備されていませんが、よりリアルになったのは嬉しいですね。

Tag:S660ミニカー

12
2022

carrozzeria カロッツェリア ディスプレイオーディオ DMH-SF700 本体ファームウェアアップデートによる画面高解像度化 CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8 後期)

CATEGORYcarrozzeria
にほんブログ村 車ブログへ

先週末、4月9日(土)にモビリティリゾート(旧ツインリンクもてぎ)で開催された「シビックタイプR 全国オフ会」は、全国から歴代のシビックタイプR 400台が集まるという前代未聞の規模のイベントでしたが、実行委員の皆様の素晴らしい運営のおかげで大盛況のうちに無事終了しました。あれだけの参加台数のイベントでスムーズかつ、ほぼスケジュール通りのオンタイムのペースで進行するには、よほど念入りな準備が必要だったと思います。おかげさまで非常に楽しく、思い出に残る体験をすることができました。実行に関わった皆様には、この場を借りてあらためてお礼を申し上げたいと思います。詳細なイベントの参加レポートについては後日記事を作成する予定ですが、Twitter(@Graphite_One)で、いくつか写真やビデオを上げていますので、興味がある方はその時の空気感をぜひ感じていただければと思います。そんなオフ会参加の熱気も冷めやらぬ中ですが、本日お届けするのは前回に続いて、カロッツェリアの9V型ディスプレイオーディオ DMH-SF700の本体ファームウェアのアップデートに関するレビューです。

DMH-SF700 ファームウェア3.00
IMG_3387.jpg

DMH-SF700 ファームウェア1.33IMG_2244.jpeg

DMH-SZ700(インダッシュ型の姉妹モデル)
IMG_1892_202204122140082ba.jpeg

前回の記事でお伝えしたように、最近になってDMH-SF700の供給が安定して適正価格で購入できるようになり、やっと現車のポリメタのタイプRに取り付けができました。本体のファームウェアが1.33と古かったため、最新の3.00にアップデートを適用したのですが、CarPlayのホーム画面を立ち上げた際に驚きました。これまでCarPlayのホーム画面のアプリのアイコン数は縦2x横4の計8個の表示でしたが、今回のアップデートで縦2x横5の10個表示になって、アプリのアイコンのサイズやフォントも小さくなっています。また、画面右側にある時計表示がある帯状のエリア(ドック?)も細く小さくなり、画面に表示される情報がすべて高解像度化しています。たとえるなら、パソコンのデスクトップの解像度を高めた時のような高精細な状態です。メーカーHPに掲載されているアップデート内容にこの件についての記載は特にありませんが、高級感の向上とともにとても見やすくなり、劇的とも言える変化です。(2022年4月16日追記:高解像度化はバージョン2.01のアップデートの際に加わった機能とのコメントをいただきました)

Tag:CIVICシビックタイプRFK8カロッツェリアディスプレイオーディオDMH-SZ700DMH-SF700CarPlay

08
2022

carrozzeria カロッツェリア ディスプレイオーディオ DMH-SF700 取り付けレビュー(ポリメタ編) CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8 後期)

CATEGORYcarrozzeria
にほんブログ村 車ブログへ

いよいよ明日4月9日(土)、全国から歴代のシビックタイプR 400台が集まる「シビックタイプR 全国オフ会」がツインリンクもてぎで開催されます。明日は私も参加予定なのですが、400台のうちFK8が約170台、このうちポリメタのFK8後期で参加される方はリミテッドエディションよりも少ないわずか7台という状況だそうです。FK8後期の中でもポリメタの台数は極めて少ないという噂がありますが、もしかしたら本当にそうなのかもしれませんね。オフ会自体の参加が初めてで緊張しますが、明日会場でお会いした際には、どうかよろしくお願いします。明日は晴天に恵まれそうですし、イベントの最後に予定されているサーキットコースを使用した400台でのパレードランが一体どんな風景になるのか、今からとても楽しみです。

IMG_3129.jpg

IMG_5186.jpeg

さて、本日お届けするのはチャンピオンシップホワイトの前車にも取り付けていたカロッツェリアの9V型ディスプレイオーディオ DMH-SF700の取り付けレビューです。発売以降、ディスプレイオーディオでは抜群の人気を持つこのモデルですが、例の半導体不足や構成部品の生産工場である旭化成の工場の火災の影響でこの1年くらい非常に入手が難しい状況が続いていました。Amazonをはじめとする通販サイトは軒並み納期未定で予約すらできず、フリマサイトやオークションでは展示品をメーカーでクリーニングしたと言われている出所不明の商品が、かつての市場価格の1.5~2倍近い12~18万とかで売買されている状況でした。この状況も最近になってようやく改善し、8~9万程度の本来の適正価格で購入できるようになりました。DMH-SF700の機能やデザイン、音質を非常に気に入っていたため、現在所有するポリメタのFK8にも取り付けたいと思っていたので一安心です。本体以外に必要なアクセサリーや、取り付け作業自体に関しては以前の記事で詳しく説明していますので今回は詳細を割愛しますが、本記事では取り付け時の配線関係を中心にレポートしたいと思います。

Tag:CIVICシビックタイプRFK8カロッツェリアディスプレイオーディオDMH-SZ700DMH-SF700CarPlay