category: メンテナンス  1/1

クロームメッキ仕上げのエキパイ焼けは綺麗になるのか? R1200GS ADVENTURE

当ブログの人気記事の一つに「エキパイの錆・ヤケ取りに効果的なヨシムラ ステンマジック」というエントリがあります。多くのライダーを悩ませるステンレス製のエキパイのサビや焼けですが、一般的にはピカールやスチールウールなどを使ってメンテナンスする方が多いと思います。しかし、これらの方法は時間がかかる割に思ったほど綺麗にならないというのが現状です。そんな悩みを解決するのがステンマジックです。この商品はステ...

R1200GS ADVENTURE 24ヶ月点検(リヤショック交換・TFTメーター日本語化)

9月19日からの4連休までにR1200GS ADVENTUREのコンディションを万全にするために、リヤショックの交換に合わせて1ヶ月早めに24ヶ月点検に出しました。点検時の累計走行距離は約12,500km、年間に相当すると約6,000kmです。VFR800やCRF1000Lに乗っていた時は最低でも年12,000~15,000kmは走っていましたから、2年の走行距離としてはかなり少なめです。この数年は特に仕事が忙しかったというのもありますが、最近の関東は週末の晴天率...

納車後1年11ヶ月 リヤショックからのオイル漏れ発生 R1200GS ADVENTURE

(9/9 写真を追加しました)先日のF1イタリアGPではアルファタウリ・ホンダのピエールガスリーが乱戦を僅差で制し初優勝し、個人的に大いに盛り上がった週末でした。一方で関東はこの週末も再び雨に見舞われ、相変わらずツーリングには行けずじまいです。そんな中、とある日に駐車中のGSにふと目をやると、センタースタンドの下あたりが何かで濡れたようになっています。ゴルフボール大の染みのような所を触ると油分のように感じま...

スポークのくもり取り スポーク磨き ワコーズ メタルコンパウンド R1200GS ADVENTURE

今週に入り、都内の感染者の増加がようやく減少傾向になってきました。外出の自粛が呼びかけられていたとはいえ、ゴールデンウィークにはそれなりに人の移動があったはずですので、新たなクラスターの発生が心配でしたが、今のような状態が続くようであればひとまず沈静化に向かっていると言えるでしょう。今週の東京は冬が戻ってきたのではと思うような寒さが数日続きましたが、週末には春らしい暖かさが戻ってきました。絶好のラ...

エンジンが始動できない&シフトインジゲーター不具合が時々発生 CRF1000L

5月くらいからエンジンが始動できない謎の不具合が時々発生します。エンジン冷温時が一番発生しやすいのですが、ツーリング途中にエンジンが充分温まっている場合でも再始動時に発生することがあります。発生頻度としては1,000kmで3~4回とそこまで高くないのですが、原因がよくわからず規則性なく発生しているように感じるのが不安です。発生した際はシフトインジゲーターが「ハイフン」の点灯(もしくは点滅)状態になり、キーの...

エキパイの錆・ヤケ取りに効果的なヨシムラ ステンマジック(追記・CRF1000Lの施工写真追加)CRF1000L

今回はエキパイの錆・ヤケ取りに有効なケミカルグッズを紹介しますが、結論から申し上げると、実績があるこの方法でもCRF1000Lには有効ではありませんでした。一時的に綺麗な状態にすることはできるのですが、1週間後には錆の発生が始まり、2~3週間後には当初と変わらない状況になってしまいます。CB/CBR/VFRなどで同様のメンテをした場合、エンジンをかけず放置しているだけなら数ヶ月は研磨後と同じ状態を維持できました。また、...

CRF1000Lのエキパイはなぜすぐに錆びるのか

CRF1000Lのオーナーの多くが「ステンレス製のはずなのに、なぜこんなに早くエキパイが錆びるのか」と思われているのではないでしょうか?私の場合、納車の時点ですでに一部が黒く変色しており、2週間後位にはムラ状に錆(最初はムラ焼けと思いました)が浮いていました。かつて新車で購入したバイクのエキパイは、納車時はいかにもステンレスらしいピカピカの状態で、2~3ヶ月は綺麗だったと記憶しています。(もちろん焼き色で黄金...