30
2017

CRF1000L GIVI TN1144OX MTモデル用エンジンクラッシュバー ステンレスモデル 発売開始

CATEGORYGIVI
かねてから発売が予告されていたGIVI製エンジンクラッシュバーTN1144(MT用/ブラック塗装/スチール製)のステンレスモデルTN1144OXがいよいよ発売開始となりました。Motostoromの該当ページはなぜかアッパークラッシュバーTNH1144の写真が掲載されていますが、実際はTN1144と同じエンジン(アンダー)クラッシュバーのはずです。写真が掲載されていないため、仕上げがステンレス地かブラックかは不明です。

givitn1144ox.jpg 
GIVIのHPではアッパークラッシュバーのステンレスモデルTNH1144OX、DCTモデル用エンジン(アンダー)クラッシュバーのステンレスモデルTN1151OXの発売も予告されていますが、今回はMT用のTN1144OXのみが先行発売となったようです。(上はMotostormのサイトのキャプチャ画像です)気になる価格は免税価格で約196ユーロ、日本円で約¥24,500です。スチール製のTN1144が約110ユーロ、日本円で約¥13,800であることから約2倍の価格となっています。

GIVI製品としては高めの価格設定ですが、前回の記事でも話題にした重量の問題(エンジンクラッシュバーのみで5kg近くある)の軽減や、ステンレス化による耐候性アップを果たしているなら価格相応の価値はあると思います。私としてはDCTモデル用の上下が発売されて、仕上げがブラックであることが確認できたら、クラッシュバーがダメージを受けた際の交換時に導入を検討してみても良いかなと考えています。先行して購入した方のレビューお待ちしています。仕上げが何色か教えて下さい!


にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン GIVI TOURATECH

2 Comments

miko  

No title

はじめまして。
本日、TNH1144OXとTN1144OXが届きましたので仕上がどうだったかご報告いたします。
仕上げはステンレス地(梨地のような)シルバーでした。黒を期待していましたので少し残念です。ただ重量は5kgほど(体重計がないのでおおよそですが)と軽さには驚いています。

2017/07/31 (Mon) 23:13 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To mikoさん

mikoさん

こんにちは、はじめまして。

ご報告ありがとうございます!なんと!OXはシルバーでしたか!
ブラックでないのは残念でしたが、梨地なのはメンテも楽そうですし高級感もあって良いですね。
重さがスチールの約半分というのは羨ましいです。

個人的にはCRF1000Lの国内モデルでブラック外装のモデルが発売されたら
タンク以外の外装をチェンジして(タンクはバグスターのタンクカバーで)
シルバーのクラッシュバーを付けたらカッコ良いのではないかと目論んでいます。
まだSNSなどでもまったく見たことがないので見てみたいですね。

よろしければこれからもお時間がある時にのぞきにいらして下さい。

2017/08/01 (Tue) 19:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment