31
2017

CRF1000L ユピテル ドライブレコーダー DRY-mini2WGX 失敗レビュー 前編

東京都の今年8月の日照時間は83.7時間で、1890年の観測開始以来、史上最短となることが確実となったそうです。結局、8月の都内は27日間も雨が降り、日照時間は平年の半分だとか。今週以降も天候が崩れやすいらしく、今年は夏らしい天気の中を走ることなく、このまま秋を迎えてしまいそうです。話は変わって、本日は4ヶ月前に購入したドライブレコーダー ユピテル ドライブレコーダー DRY-mini2WGXのレビューをお届けします。最初にお断りしておきますが、今回の導入は残念ながら失敗に終わりました。

IMG_5383.jpg 
免許取得以降、幸いバイクで交通事故に遭ったことはありません。とはいえ、リターン後3年で70,000km走行した中で、何度も交通事故の現場に出くわしました。アップライトな乗車姿勢のCRF1000Lに乗り換えたことで以前よりもゆったり走行するようになり、事故を起こす確率は下がった気がしますが、路上ではいついかなる時に事故に巻き込まれるかわかりません。これまでバイクにドラレコを付けたことはありませんが「転ばぬ先の杖」のつもりで導入を検討してみることにしました。

改めて探すとバイク専用のドラレコの選択肢が非常に少ないことに驚かされます。国内メーカーでは唯一ユピテルBDRシリーズを発売していますが、あとはINNOVVなどの日本未発売の海外メーカーの製品がいくつかあるくらいです。いずれの製品も防水性などの機能には魅力がありますが、サイズが大き過ぎたり、形状の問題で取り付けの自由度に制限があったり、価格が高額であるなどの課題があります。

4a7279_c55534f0c68348698b4e2337deba6c5d.jpg 
私としては「ウィンドウスクリーンの内側に固定できる小型サイズであること」「フルHDで長時間の録画が可能であること」「カウル内のUSB電源で給電ができること」「安価であること」の4つが達成されていれば良いため、今回はバイク用にこだわらず車用のドライブレコーダーも検討してみることにしました。さすがに車用の製品は種類も多く、価格もこなれているため一気に選択肢が増えます。ちなみに防水とGPSの搭載はそこまで必要性を感じなかったため、今回は必須条件とはしませんでした。

IMG_3553.jpg 
GPSはともかく、防水についてはないと困るという方もいるかもしれませんが、個人的にはなくても問題ないと考えています。私はこれまでバイク用のナビとして車用のPanasonic ゴリラの5インチモデル(非防水)を愛用してきました。CRF1000Lでは3台目となるCN-G510を使用していますが、ウィンドウスクリーン内でのマウントの場合、走行さえしていれば雨中でもほとんど濡れることはありません。もちろん強い雨の際には濡れてしまいますが、その場合には素直に雨宿りするか、どうしても走行する必要がある場合はマウントから外してタンクバッグのマップケースに収納するようにしています。ナビよりもかなり小さなドラレコであれば、ウィンドウスクリーンの内側にうまくマウントすれば降雨をあまり気にしなくても良いのではないかと思います。そこで今回選んでみたのがユピテルDRY-mini2WGXでした。 (後編に続く)


にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン ユピテル ドラレコ ドライブレコーダー

0 Comments

Leave a comment