25
2017

CRF1000L Transcend ドライブレコーダー DrivePro 50 取り付けレビュー 後編(失敗レビュー)

取り付けは無事完了しましたが、肝心のドラレコとしての能力はどうでしょうか?DrivePro 50のプロモーション映像を見ると記録された映像がかなり綺麗なので期待が高まります。それでは実際にテスト走行して映像を確認してみます。結果は今回も失敗に終わってしまいました...。原因は映り込みと振動の2点です。誤解がないように申し上げたいのが今回はDrivePro 50に問題があるわけではなく、あくまでもマウント方法に問題があったということです。

dp50_1.png 
まず1点目がスクリーンへの深刻な映り込みの問題です。ライダーの視点からはあまり気にならないのですが、上の写真を見るとハンドル廻りがスクリーンに反射してバッチリ映り込んでしまっているのがわかると思います。周りの明るさによってはインパネ廻りがもっとくっきりと広範囲に映り込むこともあり、ドラレコの記録映像としては看過できないレベルということがわかると思います。

IMG_5426.jpg 
そして2点目が振動による画像のブレです。現在はカウル内のステーにTOURATECH Japanオリジナルの12mm→22mm変換アダプターにREC-MOUNTSの汎用クランプを使用してナビをマウントしています。(これはナビ操作をしやすくするために、ナビのアーム長を伸ばしてマウント位置を手前側に持ってくることを目的としています)

dp50_3.png 
この方法は振動が大きいのが欠点でしたが、予想通り映像にはかなりのブレが出てしまっています。(特に加速時にマウントが激しく上下に揺れる影響が大きいです)比較的振動が出にくい高速道路での巡行の映像でも前車のナンバーがほとんど読み取れないほどのレベルです。これも大きな問題です。

dp50_2.png 
しかも何の音かはよくわかりませんが、「ココココ」という謎の音も入ってしまっています。(振動による何かとの接触によるものでしょうか)映像と音がこのレベルだと「信号の表示が何色だった」とか「対向車がセンターラインをはみ出した」程度ならまだしも、いざという時のための保険という意味での記録映像としては非常に心もとないです。この状況を改善するにはどうするか...。映り込みが少ないタイプのスクリーンに交換してみるか、振動しないようドラレコの新たなマウント方法を確立するか...。次回は手っ取り早く対応可能なスクリーンの交換で映り込みがどれ位改善できるのか試してみましょう。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン ドラレコ Transcend

0 Comments

Leave a comment