03
2017

CRF1000L TOURATECH ブレーキキャリパーガード シルバー 取り付けレビュー

CATEGORYTOURATECH
先日ツアラテックジャパンの新店舗にお邪魔した時CRF1000L用のアクセサリー新製品を2つ購入したのですが、そのうちの一つが今回ご紹介するブレーキキャリパーガード シルバー(01-402-5498-0)です。ステンレスのプレートを加工しただけのシンプルなものですが、さすがTOURATECH製だけあって税込¥6,300となかなかのお値段です。カラーはシルバーとブラックの2種類がありますが、石などの硬いものがヒットした時の色剥げを考慮し、今回はシルバーを選びました。素材や構造を考えると「高いな〜」というのが正直な感想ですが、TOURATECHファンとしてはお布施と思うしかありません。

IMG_0096.jpg 
取り付けはキャリパー固定用のボルト2本を緩めて共締めするだけです。残念だったのがWebの画像と違って実物のTOURATECHのロゴが茶色っぽい色であることです。個人的にはWebの画像のように真っ黒のロゴの方が引き締まって見えて好みなのですが、店頭にあった在庫はすべて茶色でした。待てばいつかはロゴが黒い製品が届くかもしれませんが、製造ロットが変わらないと多分難しいでしょうね。代理店が変わってもTOURATECH製品には50%の確率で何か発生するというジンクスは健在のようです。

IMG_0078.jpg 
個人的に気になったのが、このブレーキキャリパーガードを取り付けたことで、接触によりキャリパー側のブラックの塗装が剥げないかという点です。標準でプレート裏側に接触防止用のクッション材を貼るようになっているのと、ガードとキャリパーの間にはある程度(結構ギリギリではありますが)のクリアランスも確保されているため大丈夫だとは思うのですが、取り外した際にキャリパーが傷だらけになっていないことを祈るばかりです。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン TOURATECH ツアラテック

0 Comments

Leave a comment