09
2017

CRF1000L TOURATECH ブレーキペダルエクステンション 取り付けレビュー

CATEGORYTOURATECH
ブレーキキャリパーガードに続き、TOURATECHのCRF1000L用アクセサリー新製品のレビュー第二弾をお届けします。今日ご紹介するのはブレーキペダルエクステンション(01-402-5390-0)です。ご存知の方も多いと思いますが、DCTモデルはUターン時や極低速時にリヤブレーキの微妙なコントロールが必要になります。CRF1000Lのブレーキペダルは標準的なサイズだと思いますが、時々ブレーキペダルを踏み外してしまうのが悩みのタネでした。

IMG_0085.jpg 
これはDCTユニットの大きな張り出し部分が右足のブーツの脛や甲部分と接触してしまうため、無意識に右足のつま先を外側に向けてしまっているのが原因のようです。それを解決するためにはペダル面積を拡大するブレーキペダルエクステンションの装着が最も効果的ですが、他メーカーも含めCRF1000Lの専用パーツはなかなか発売されませんでした。小さなパーツ数点で¥4,700という価格は決して安いとは言えないと思いますが、上記のような悩みを持つ私にとっては待望の新製品です。

IMG_0081.jpg 
IMG_0083.jpg 
取り付けは非常に簡単です。エクステンションと固定用のプレートでブレーキペダルを挟んでボルトとナットで締めるだけです。ちなみに写真ではエクステンションの色がブレーキペダルのシルバーと合っておらず浮いて見えると思います。実物はゴールドともカッパーとも言えるような独特の色合いで、シルバーに見えるツアラテックHPの写真の色とはまったく異なります。(そういえば「TOURATECH」のロゴもブレーキキャリパーガードと同じく茶色っぽいですね...)

IMG_0093.jpg 
最後にエクステンションの装着によって上がったブレーキペダルの高さをステップと同じくらいの高さに下げるよう調整して終了です。(それにしてもブレーキランプスイッチのへのアクセスの悪さはなんとかならなかったのでしょうか?あそこには手も工具も入らないと思います)試走した感想は「取り付けて良かった」です。これまでのように右足のつま先をやや外側に向けてもペダルを踏み外すことがなくなりましたし、エクステンションの大きな凹凸でブーツへの食い付きが良くなり、ペダルに足が乗っているかどうかも感覚的にわかりやすくなりました。DCTモデルにお乗りの方で私と同じ悩みの方にはぜひオススメのアクセサリーです。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン ツアラテック

2 Comments

Asukal  

これいいですね

貴殿のこの記事拝見し 早速これ注文しました。
やはり同じような問題を感じてる人が多いということでしょうね。
ずっと自作しようと思っていたんですがやはりこっちの方がかっこいい(笑



最近ベトナムにもツアラテックのブランチができたようですが ベトナムで今現在知る限り
二台しか走っていないCRF1000Lのパーツはないと思い日本のツアラテックに注文しました。


2017/10/12 (Thu) 09:25 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To Asukalさん

Asukalさん

お久しぶりです。
いつもコメントありがとうございます。

なんとベトナムにはCRF1000Lが2台しか走っていない可能性が!
正規販売の有無や国によっては大排気量車に厳しい税制があると聞きますから
国内はつくづく恵まれているのですね。

少しお高いですが実用度が高いですのでオススメです。
気を付けてそちらでもCRF1000Lを楽しんで下さい。

2017/10/12 (Thu) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment