19
2017

CRF1000L GIVI TNH1144 & TN1144 クラッシュバー RP1144スキッドプレート レッド塗装カスタマイズ

CATEGORYGIVI
いよいよ噂のCRF1000L Africa Twinのビッグタンクモデルの発表が間近のようです。記事によれば11月のミラノショーでお披露目の可能性が高いとか。発表が楽しみですね。さて、今日はクラッシュバーのカラー化カスタマイズで珍しい映像を発見しましたのでご紹介します。当ブログでもこれまで何度かTOURATECH製クラッシュバーのカラー化を楽しまれている方を紹介しましたが、今回はGIVIクラッシュバーのレッド塗装の例です。

givired3.png 
WeRideMotoさんによればGIVIクラッシュバーTNH1144とTN1144、スキッドプレートRP1144を5コートのレッド塗装と5コートのクリア塗装で仕上げたとのこと。目立たせないようにするためか、クラッシュバーの左右を繋ぐジョイントと、上下を繋ぐステーがブラックのままなのは少し違和感がありますが、ブラックのボディカラーとのコントラストが非常に鮮やかです。スキッドプレートまで塗装されている例は初めて見ましたが相当なこだわりですね。

givired.png 
Kriegaの多目的バッグ OS-6 アドベンチャーバッグも決まっています。実は先日GIVIの防水エンジンガードバッグT513を購入した際にOS-6も比較検討したのですが、日本からの入手性に問題があり購入を諦めたという経緯があります。蛍光イエローのドット柄が、控えめなブラックやグレーだと良かったと思っていたのですが、私のようにシルバーのボディならイエローも似合いそうです。

givired2.png 
シルバーも非常に気に入っているのですが、もし国内でブラックモデルが発売されたら外装を交換してみたいという気持ちもあります。タンクがやたらと高いですので、そこはタンクカバーでごまかすとして、フロントとリヤのカウルだけなら10万位で収まりませんかね。その時にはガードをガンメタに塗装したらすごくカッコいいのではと妄想しています。ヤマハのように純正の外装キットを安価に販売してもらえませんか〜頼みますホンダさん!



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン GIVI クラッシュバー

0 Comments

Leave a comment