23
2018

CRF1000L Arai TOUR CROSS 3 vs SHOEI HORNET ADV 比較レビュー カラー編

CATEGORYヘルメット
今回はヘルメット選びについての記事を書いてみたいと思います。オンロードバイクに乗っていた際はリターン前はAraiのラパイド系、リターン後はSHOEIのNEOTEC、XR-1100、GT Airを使用していました。オンロードが長かったせいかオフロードジャージなどのファッションは苦手で、CRF1000Lに合わせたウェアを購入する際もツーリングジャケットとそれに合うヘルメットというのが選択基準になりました。ちなみに現在メインで着用中のウェアはDainese D-Explorer GORE-TEX ジャケット+パンツ(ダークグレー)2016年モデル、alpinestars DURBAN GORE-TEX ジャケット+パンツ 2016年モデルの2つです。

IMG_4115.jpg 
アドベンチャージャケットに合うヘルメットとして真っ先に思いつくのは、Araiツアークロス3、SHOEIホーネットADVの二つの製品でしょう。そして、この二つのどちらを購入するかで悩んでいる方も多いと思います。直近で使用していたヘルメットが3つ続けてSHOEIだったため、最初はホーネットADVに傾いていましたが、色々調べたり試着をしてみるうちにますます悩んでしまい、いずれも優劣がつけ難くなってしまいました。そこで私が取った行動は「両方を買う」という行動でした。(ちなみに購入したのは2016年で、この記事の比較レビューはその時の記録です。勢いとはいえ、今思えばかなりの無駄遣いをしたと思います汗)ジャケットがグレー/ブラック系の2トーンカラーだったため、ヘルメットはブラック系から選ぶことにしました。当時はツアークロス/ホーネットともにブラック系のグラフィックモデルで気に入った製品がなかったため単色モデルから選ぶことにしました。

ツアークロス3
ツアークロスには通常の光沢仕上げのグラスブラックと非光沢のフラットブラックの2色がありますが、フラットブラックはArai製品によくある購入店舗や商流が限定されるカラーです。今回はその2色からフラットブラックを選びました。表面の仕上げは非常に滑らかで、マット塗装のような指に吸い付くようなしっとりした仕上げではありません。見た目としては「半つや消し」と言った方が正確です。色合いもブラックの単色ではなくわずかにメタリックが入っている感じです。派手過ぎず、地味過ぎず絶妙な色合いで一目で気に入りました。

IMG_1106.jpg 
IMG_1107.jpg 
一般的にブラック系のヘルメットの場合、使用にともなう傷が目立ちやすいというデメリットがありますが、線傷や打ち傷が付いてしまった場合はタッチアップすれば簡単に目立たなくできるのもこのカラーのメリットです。上の1枚目の写真は打痕部分をタッチアップしたもの、2枚目の写真は線傷をタッチアップしたものです。2年の使用を経た今でも比較的綺麗な外観を維持できているのを見ると、質感の良さと耐久性のバランスが優れたカラーだと思います。

ホーネットADV
単色の場合、ホーネットはブラックとマットブラックからの選択になりますが、ブラックはグロスが効いたギラついたカラーのためすぐに選択肢から外しました。消去法的にマットブラックとなる訳ですが、実物を確認せずにマットブラックを発注し失敗してしまいました。店頭でカラー違いの「マットディープグレー」を見た際、ツアークロス3に似た半つや消し調の仕上げだったため、マットブラックも同じような仕上げだと思っていたのですが、現物はスマホのケースでよくあるようなつや消しのシリコン風の仕上げです。この仕上げは見た目は非常にカッコいいのですが、スマホのケース同様に傷や汚れはかなり目立ちます。

IMG_4125.jpg 
2ヶ月(約2,000km)ほど使用してみましたが、濡らしたマイクロファイバーによる拭き掃除などの日常的な手入れや、アクションカメラマウントの脱着でもすぐに傷が付いてしまいます。タッチアップやコンパウンドによる補修が行えないため、一度傷が付いてしまうと目立たなくするのは難しいです。また、手の脂や虫がぶつかった跡などの油性の汚れが他のカラーより目立ちやすい点も問題です。ワコーズのバリアスコートなどでコーティングすることで、こういった汚れが目立ちにくくはなりますが、もちろん根本的な解決とはなりません。マットブラックを選ぶ際はこれらの特性をよく理解した上で選ばれることをお勧めします。


にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン Arai SHOEI

0 Comments

Leave a comment