27
2018

R1200GS ADVENTURE BAGSTERタンクカバー1663U ブラック 到着レビュー

CATEGORYBAGSTER GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

夏休み最後となる週末、関東地方は久しぶりの好天に恵まれましたが、土日ともに35℃を越す猛暑日となり、我々ライダーにとってはかなりきつい暑さとなりました。土曜日は朝7時前から秩父方面へツーリングに出かけたのですが、高速道路の巡行時でも外気温計が40℃を指すほどで、ヘルメットのバイザーを開けて入ってくるのも熱風ばかり。途中で休憩した高速のSAではあまりの暑さで集中力が失いがちになったせいかバイクを倒してしまっている人も見かけたりしました。私も途中の名栗で外気温計が42℃を指した頃に熱中症が心配になり、この日のツーリングを断念。昼過ぎに自宅に撤収しました。この暑さの中でも負けずツーリングを楽しまれている方もいるかと思いますが、皆さんも充分にご注意ください。

IMG_0782.jpg 
本日はR1200GS ADVENTUREのパーツレビュー第2弾、BAGSTERタンクカバー1663U(ブラック)をご紹介したいと思います。これまでもVFR800→CRF1000Lと2台続けてBAGSTERのタンクカバーを愛用してきました。本来このタンクカバーはBAGSTER製のさまざまなタンクバッグをワンタッチで脱着できることが大きなセールスポイントとして発売されているものですが、私はタンクの傷防止とニーグリップパッドの代替を主な目的として使用しています。バイク2台、約60,000km使用しての感想は「非常に満足」です。

IMG_0784.jpg 
転倒時のタンクへのダメージを抑制できたことはもちろん、タンクバッグの使用やジャケットのファスナーなどによる傷やスレの防止など、タンクの保護効果は充分すぎるほどのものでした。また、BAGSTERのタンクカバーは膝が触れる部分にクッション性のあるパッドが縫い込まれています。このパッドがあるおかげで、通常の乗車姿勢時のニーグリップだけでなくスタンディングもしやすくなるメリットがあります。また、アドベンチャー/オフ系のパンツにありがちなニーパッドや膝部分の表皮に硬質な素材が使われていることでのタンクへの傷付き防止の効果もあるなどいいことづくめです。

IMG_0781.jpg 
このように私的には大変お気に入りのBAGSTERタンクカバーですが、入手性にやや難があるのが難点です。国内での正規代理店はPLOTですが、R1200GS ADVENTURE用の1663U(ブラック)はWebikeやAmazonなどのメジャーな流通経路には在庫がなく(価格は約¥26,000前後)、納期未定の受注販売扱いになっています。Webで画像やブログなどのレビューを検索してもR1200GS水冷モデルへのBAGSTERタンクカバーの装着事例がヒットしないため、残念ながら一般的なニーズはかなり低いのかもしれません。

IMG_0786.jpg 
IMG_0788.jpg 
そこで今回はCRF1000Lの時にさんざんお世話になったイタリアのMotostormに発注することにしました。気になるお値段は約¥13,000と国内価格の半額です。送料は¥5,000弱かかりましたが、他の製品と一緒に発注しましたので充分に元は取れました。これだから海外通販はやめられませんね。納期は7-8日と表示されていましたが、実際には納期遅延で発注後約2週間でイタリアから発送、それから約1週間の約3週間後に手元に届きました。複雑な立体形状のR1200GS ADVENTUREにどのように装着するのか気になる方も多いかと思いますが、それについては次回の取り付けレビューでお届けしたいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE BAGSTER

0 Comments

Leave a comment