22
2018

R1200GS ADVENTURE Wunderlich ワンダーリッヒ 42380-000 ウォータークーラーガード(ラジエターガード)取り付けレビュー

CATEGORYWunderlich GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

先日の到着レビューに続き、本日はWunderlich ワンダーリッヒ 42380-000 ウォータークーラーガード(ラジエターガード)の取り付けレビューをお届けします。(この記事は今年3月時点の振り返りとなっています)R1200GSシリーズ用として販売されているラジエターガードは多数ありますが、それらのほとんどは簡単に取り付けできるようになっています。ラジエター周辺を覆っている黒のプラスチックカバー周辺のボルトを数本外し、ラジエターガードをカバーと一緒に共締めするだけです。片方5分もあれば完了します。ところが今回取り付けるワンダーリッヒのラジエターガードの説明書を確認すると少し手間がかかることがわかりました。

IMG_0530.jpg 
1点目は右側のラジエターガード の取り付けについてです。左側のガードの取り付けは非常に簡単なのですが、右側はラジエターガード上部のボルト固定用のL字型ステーをボディ側に取り付けねばならず、そのために左側のクラッシュバーとサイドカウルを外す必要があります。(ガードの形状は左右で対称なのですが、内部構造が左右で違うのでしょうか?)サイドカウルの取り外し手順は説明書に記載されていますし、不安な方は社外ホーンへの交換作業を行なっているビデオなどを参考にすれば難しくないと思いますが、丁寧に行うと10分位かかる作業になります。

IMG_1101_20180922020453a79.jpg IMG_1103.jpg 
2点目はガードの裏側にブチルゴムを貼る作業が必要な点です。ラジエターガードの裏側から見るとメッシュの切断面が露出しているため、向かい合う部分に傷が付く可能性があるように見えます。そのためかガードの取り付け前に付属のブチルゴムを貼り付けることが指定されています。作業自体は簡単ですが、ブチルゴムのサイズを確認しながらカットして貼る必要があるため地味に面倒な作業でした。そんな困難を乗り越えて取り付け完了です。結局トータル4~50分ほどと結構時間がかかってしまいましたね。

IMG_0528.jpg 
このラジエターガードは価格が非常に高いせいもあってR1200GSオーナーのブログやSNSでも装着している様子の写真をほとんど見たことがなかったのですが、ブラックとシルバーのコントラストが映えてなかなかカッコいい製品だと思います。しかし、ダート走行で前車が巻き上げる小石や大型の昆虫などに対してのガードには効果はありそうなものの小型の虫はメッシュを素通りしそうです。やはり夏場の虫対策としてはモトコルセ製のような細かいメッシュのものが理想的なんですよね。そして結局、この後にモトコルセ製を買ってしまうのですが笑

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE Wunderlich ワンダーリッヒ

0 Comments

Leave a comment