05
2018

CRF1000L Africa Twin 2019年モデル インターモト2018で発表!

10月3日からドイツで開催されているインターモトでは、ホンダから完全新作の大きな発表はないと言われていましたが(10月2日からのお隣フランスで開催されているパリサロンではホンダから「ネオスポーツカフェ コンセプト」が発表され少し話題になっていますね)、何の前触れもなくCRF1000L Africa Twinの2019年モデルと思しきNewカラーが発表されています。中でも驚きはAdventure Sportsの新色「シルバーメタリック」です。一瞬自分の目がおかしいのではないかと思った方も多かったのではないでしょうか?

2019_crf1000l_1.jpg 2019_crf1000l_2.jpg

ブロンズのフロントフォークとゴールドのリムを見て、ようやくこれがきちんと色が付いているんだということに気付かされます。それにしてもこのグレー基調のグラデーションは前代未聞のカラーリングですよね。実車を見た際のイメージは一体どんな雰囲気なのかとても楽しみです。しかしながら、いざ買うとなるとCB1300やスーパーボルドールに使われている美しいガンメタ(ソードシルバーメタリック)の単色で、ブラックリムにしてくれた方がよっぽど購買意欲をそそられるので、そっちの方も検討してくれませんかホンダさん!

2019_crf1000l_4.jpg 2019_crf1000l_3.jpg 

もう一つの驚きは標準モデルの追加カラーだったと思います。2018年モデルのAdventure Sportsの鮮やかなロイヤルブルーブルーを採用し、ブルーを強調した独特のカラーリングです。これもトリコロールの一つと言えるのかもしれませんが、実車はかなりインパクトがありそうです。その他にも標準モデルのマットバリスティックブラックメタリックのリムがゴールドになったり、グランプリレッドは「Africa Twin」ロゴが黒に変更されているなど細かな変更が行われているようです。日本仕様の2019年モデルもこれらと同じカラーリングで発売されるのか?、Adventure Suportsの従来カラーはどうなるのか?、標準モデルのこれまでのトリコロールは残るのか?などなど、気になるポイントが山積みですね〜

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン

0 Comments

Leave a comment