06
2018

R1200GS ADVENTUREまでの道 その9(プレミアムスタンダード→プレミアムライン乗り換え編①)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

これまで8回にわたって、今年2~3月のR1200GS ADVENTUREへの乗り換えにあたっての当時の思いや悩みを書いてきました。これまでの記事はローダウンモデルに対するネガティブなインプレッションが多くなってしましましたが、もちろん素晴らしい点もたくさんあります。今年3月中旬の納車以降、6ヶ月/7,500kmをともにしてきた間のことを振り返ると、R1200GS ADVENTUREは憧れとして語るに相応しい到達点とも言えるバイクであり、私のバイクの目的や楽しみ方に合ったバイクであることもあらためて確認できました。低速でも高速でも独特の味を楽しめるフラットツインのエンジンフィールや、どこまでも走っていけそうな高い航続力(優れたウィンドウプロテクション、無給油600kmを可能にするビッグタンクと常に20km/Lを越す高燃費、クルーズコントロールやセミアクティブサスをはじめとした実用的な電子制御の数々...)、いざ飛ばせばワインディングも楽しめる高いスポーツ性(ギアシフトアシスタントプロのシフトダウンは本当に快感です!)、豊富なサードパーティ製アクセサリーなど、優れていることを挙げればキリがありません。

IMG_1118.jpeg 
また、記事化がまったく追いついていませんでしたが、R1200GS ADVENTUREならではの豊富なアクセサリーでのカスタム(コンセプトはブラックアウトです)も大いに楽しむことができました。しかし、いつも私の頭の中をよぎっていたのがローダウンモデル(プレミアムスタンダード )を選んでしまった後悔の念です...。この気持ちはR1200GS ADVENTUREを楽しみながらも常に付きまとっていて、絶えず私の心をモヤモヤさせていました。それを解決するにはただ一つ。「標準車高モデルに買い換える」ことしかありません。そこで飛び込んできたのが先日のR1250GSの登場のニュースです。通常であればR1250の日本導入は時間がかかるはずなのでおそらく来年、F850と同じくらいならやはり秋頃でしょうか?R1250 ADVENTUREがドイツ本国で発表されるとしたら来年の今頃、インターモトが有力でしょう。その場合、日本導入は翌年の可能性が高いのでおそらく2020年頃の登場が有力です。仮にR1250 ADVENTUREに買い換えることを検討するとしても、2020年ではさすがに時間がかかり過ぎます。

コンセプトはブラックアウト(オールブラック)
IMG_1123.jpeg 
仮にR1250 ADVENTUREを購入するとしても海外製品の初物を避けるのは必要な常套手段ですし(水冷化したばかりのR1200GSシリーズも結果的に避けたほうが良かったですしね)、それを考えると熟成を重ねた現行車を再び買うのも悪くない選択のような気がしてきました。(同じ年に同じバイクへ買い換えるのは一般的には正しくないというのは置いておいて苦笑)それに、モデルイヤーが変わると現行車で気に入っているポイントの一つであるトリプルブラックのカラーリングがなくなる可能性もあります。(R1250の様子を見るとカラーリングは基本的に現行イメージの小変更に留まる可能性が高いと思われますが、R1250 ADVENTUREが出た際に必ずしも好みのカラーが用意されるとは限りませんしね...)そこで、9月半ばに急にムクムクと湧いて来たのが、ローダウンプレミアムスタンダード2018年モデルから、まだ入手可能な標準車高のプレミアムライン2018年モデルへ買い替えたいという衝動です。そして、この後、一気に買い替えと邁進していまうことになる訳です。(半年での同一車への乗り換えに自分でもやっちゃった感がありますので、ご批判は優しめでお願いします汗)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE ローダウン プレミアムスタンダード プレミアムライン

2 Comments

WRT  

半年での買い替え、何の問題もございませんっ!

悩むくらいなら買っちゃえば!というのが、正しい選択かと思います。
私もそうしています。だから批判されるようなことでもなんでもありません。
ただ、170㎝の私にはローダウンモデルがいいです。最初の水冷GSAはノーマルモデルのサスをウィルバースに換装してローダウンしたもの、二台目と三代目のGSAはローダウンモデルを購入しました。買い替えるのに躊躇はしないですね。一年ごと入れ替えで水冷は三台目です。少しずつですが、変更もありますから。
かつて空冷GSA2台はシート高が高くて難儀しました。本国にはローダウンがあったのに日本には入れていませんでしたから。だから、空冷2台の後はシート高がほどほどのKTM1290SDRに短期間浮気して水冷GSAに戻りました。
来年春は、買い控えて、1250GSAの発売を待つ予定。代わりにアーバンGSかグッツィを買い替えることになりそうです(笑)。我慢できずに1250GSを買っちゃうなんてことにならないよう辛抱しますわら。
なにしろ4月納車で15000㎞ほど走りましたので。なるべく他のバイクで走るようにしていてもこれですからGSAは乗りやすいバイクです。
アフリカツインもムルティも所詮GSAの真似っこで始めたものですから、本家元祖GSAにされて正解です。どこまでも行けます。体がもてば…(笑)。

2018/10/09 (Tue) 19:52 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To WRTさん

WRTさん

R1200GSAに乗り始めた頃からいつもWRTさんのブログを拝見していましたのでコメントをいただきビックリしました。
力強いコメントありがとうございます!
私も自分が下した決断に自信と力が湧いてきました。
やはり楽しんでこその趣味ですから、自分の心にまっすぐ正直に従っていきたいと思います!

WRTさんのブログや愛車遍歴を拝見していつも感服してました。
数々の愛車を迎えながら、いつも新鮮な気持ちで一台一台と向かい合って、何よりも思いっきり走ることを楽しんでいる...(4月納車で15,000km、月3,000kmペースとは凄いですね!)私も今後のGSライフの手本とさせていただきたいと思います。

これからも時々当ブログをのぞいていただければ幸いです。

2018/10/09 (Tue) 21:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment