25
2016

CRF1000L antlion アントライオン オイルフィラーキャップ レビュー

CATEGORYantlion
標準でオイル給油口に使用されている純正のオイルフィラーキャップは、デザイン・質感ともに残念な仕上げで、およそCRF1000Lの車格に見合わないものです。そこでVFR800の時から愛用している「antlion」のオイルフィラーキャップを付けることにしました。ここでいつも問題になるのはオイル給油口の口径とネジ部分のピッチのサイズです。メーカーからの適合情報や、先行者からのレビューはまだネット上にもほとんどありません。

cap1.jpg 
標準のキャップを外し、正確にサイズを測ると口径はM20のようです。ただ、ピッチの計測方法が少し自信がありません。P2.5はホンダ車の多くに採用されていますし、ネットで調べたピッチの計測方法もおそらく大丈夫だと思うのですが...

確信は持てませんでしたが、そう高いものではありませんし、M20/P2.5に該当する製品を注文することにしました。色はブラック・シルバー・チタンゴールド・チタンブルーの4色あります。antlionといえばチタンブルーですが、エンジン廻りとのカラーコディネートを考えて無難にブラックを選びました。発注したのは30106-BKという型番です。

cap2.jpg 
商品到着後、早速装着してみたところ、口径・ピッチともにぴったりです。アルミ削り出しのシンプルなデザインはCRF1000Lのエンジンに合い、質感もなかなかで気に入っています。また、手で簡単に開けられてしまう標準キャップよりも、異物混入などのいたずら防止効果もアップしたのではないでしょうか。



にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン カスタム レビュー antlion

0 Comments

Leave a comment