25
2018

R1200GS ADVENTURE ローダウンと標準車高の走行フィーリングの違い

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

9月以降、関東地方は週末のたびに天気が崩れライダー泣かせの日々でしたが、先週の日曜日は久しぶりの晴れの予報となりました。そこで、今夏から3回連続で濃霧に見舞われ撤退を繰り返していた伊豆スカイラインに慣らしを兼ねたリベンジツーリングに行って来ました。結果は、やっと!ようやく!ついに!一日を通して気持ちの良い好天に恵まれました。今回は関越→圏央道→小田原厚木→箱根新道→伊豆スカイラインというルートでしたが、交通量はそこそこあるものの流れは悪くなく気持ちよく走ることができ、気付いてみれば日帰り400kmのロングライドとなりました。今回のツーリングではローダウンプレミアムスタンダード)と標準車高(プレミアムライン)の乗り味の違いを確認しながら走行してみたのですが、結構大きな違いがあることが確認できました。

IMG_1886.jpeg 
40~60km程度のタウンスピードでの走行の場合(D-ESAはROADモード)、標準車高モデルはフワフワとサスが常に動いているような感覚で、足廻りの柔らかさや、サスのストローク感を強く感じます。荷重がかかると「グニャ」っと感じるような時もあって、乗り慣れないうちは少し違和感を感じました。私の車歴がオンロードがほとんどだったため、こういった感覚に慣れていないせいもあると思いますが、おそらく一般的なオフ車の挙動に近いのだと思います。(ちなみに高速走行では電子制御の介入があるせいかサスの動きはビシッと安定します)一方、ローダウンモデルはサスストロークは大きめでありつつも、ビシッと収束するオンロードツアラー的な挙動です。単純にサスのフィーリングだけで言えば、オン歴が長い人にはこちらの方が好みという方が多いかもしれません。

IMG_1890.jpeg 
標準車高モデルの方がさらに良くなっているなと感じたのがフロントサスの挙動です。R1200GSシリーズのテレレバー方式は元々路面への追従性が優れていますが、それがさらに高まっているように感じます。たとえばマンホールの蓋が盛り上がっている部分が連続してあるような場合でも、よりゆったりとしなやかに路面の凹凸をいなしている感覚です。また、テレレバーにはノーズダイブが少なく長距離を走っても疲れにくいという特長があります。標準車高モデルはストロークが長い分、ノーズダイブが大きくなることでこの点がスポイルされることを心配していましたが、幸いあまり差はないように感じました。ローダウンと標準車高の二つを比べるとそれぞれに良さがあります。私としては標準車高モデルの乗り味が好みでしたが、GSを検討される方は機会があればぜひ乗り比べることをおすすめします。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムスタンダード プレミアムライン ローダウン

11 Comments

tomo  

サスのストロークが短いのは致命的ですよね

はじめまして!
自分は、167センチですが14年式のGSA-LCに乗ってました。
まだ、ローダウン設定が無い初期頃でしたので、標準車高+ラリーシートアンコ抜きの
組み合わせで乗ってました。
とりあえず、乗る方は難なく乗れてましたが、体重60キロの私にGSAの巨体はキツく
R1200RSに乗り換えてしまいました。
ところが、最近またGSが欲しい病を発症し、ここに辿り着きました(笑)
やはりテレスコよりテレレバーが欲しい。
最初は、ローダウンでも良いかな〜と思ってたのですが、ここのレビューを読んで
考えが変わりました。
やはりサスのストロークが短いのは致命的ですよね・・・。
今のところ、R1250GS Style HP+ラリーシートLoで検討中です。

2019/07/18 (Thu) 20:22 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To tomoさん

tomoさん

コメントありがとうございます。

2014年というと一番最初の水冷GSAですね。
もともとGSAに乗られていたのであれば私も絶対標準車高をお勧めします。
オンロードクルーザー/ツアラー的に使われるのであればローダウンもありかとは思いますが、GSシリーズの持ち味が一番活きるのはやはり標準車高だと思います。

R1200RSもいいバイクですよね。
青白のカラーリングと全体のパッケージングが好きで、VFR800からの乗り換えを検討している際に候補として検討していたうちの1台でした。

R1250GSならGSAよりタンク廻りがコンパクトな分、取り廻しに負担を感じなくて良さそうですね。
最近某ディーラーさんのブログの納車報告スナップ写真で、R1250GSのStyle Exclusiveのキャストホイールをブラックリムのスポークホイール仕様で発注していた方がいたのですがなかなかカッコよかったです。

BMW Motorradの他車種は2020年モデルのカラーリングが発表され始めましたし(F850系はカラーリングの変更はないようですが)検討するには楽しみな時期ですね。

ぜひR1250GSに戻ってきてください笑〜

2019/07/20 (Sat) 15:31 | EDIT | REPLY |   

通勤快速  

参考にさせて頂いてます

こんにちは。
はじめまして。
広島在住、現在VFR800に乗っているものです。
VFRを新車から乗って15年。あちこち不具合が出始め、次はVFR800X!
…のはずでしたが、やはりアドベンチャー界の憧れ、GSが気になり、BMWの世界に飛び込もうか、いやいや、庶民が立ち入ってはいけない世界だ。と葛藤中です(笑)
けど、それなのにプレミアムラインか、スタンダードか、絶賛悩み中です^^;
アドベンチャーの標準シート情報って少ないですね。
こちらの情報はとても参考になります。
その中でも、「ローダウンはできるがあ上げることはできない」←名言でございます。

身長173.5という中途半端な身長ゆえ悩みも深く。しかし広島ではアドベンチャーの試乗も困難で。。
しばらく苦悩します(笑)

こちらを拝見すると、私もワンダーリッヒ教に入信してしまいそうで、それも大変恐ろしい。。

2019/10/03 (Thu) 07:05 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To 通勤快速さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

おお!VFR800に乗られているのですか!新車から15年ということは2004年頃のRC46-2前期型でしょうか。以前の記事でご存知かもしれませんが私もVFR800には強い憧れがあり、2007年式の後期型を中古で手に入れてCRF1000Lを購入するまで約40,000km乗っていました。当時はマンションの駐輪場事情で2台の維持が難しく泣く泣く手放しましたが、今でも時々乗りたくなる思い出のバイクです。元VFR乗りとしても、15年という長きにわたってオーナーを続けられていることに本当に感服します。

VFR800Xはホンダの合同試乗会で乗ったことがあるのですが、RC79ベースになったことで、とてもいいバイクになりましたよね。VFRの持ち味である安定感のある乗り味と、アップライトで快適なポジションやデザインの良さなど、他の競合とは一線を画す素晴らしいバイクだと思います。

いざアドベンチャーバイクを視野に入れ始めると、GSがどうしても気になってしまうのはやむを得ないと思います。私もCRF1000Lを購入する前に、Ninja1000/R1200RSなどのツアラー系、VFR1200X/VFR800X(RC46)/NC700Xなどのデュアルパーパス系、KTM1190 Adventureなどのアドベンチャー系など多くのバイクの試乗を行いましたが、初めてR1200GSに試乗した時は特別な感動がありました。乗ってみると大柄なのに軽く感じて取り廻しがしやすいこと、独特の「ブオー」という無骨なサウンドと回転が上がるにつれて「バイーン」と滑らかに吹け上がるボクサーツインのエンジンフィール、フォグランプスイッチを押した時の何とも言えない上質なクリック感。国産車より100万近く高い価格には敷居の高さを感じますが、「何ができるかは一緒でもどのようにできるかは国産車と違う」ことを考えると頷けるものがありました。

SSやメガスポーツ同様、カテゴリーの中では到達点の一つとも言えるバイクですので、悩んだら妥協せず、直感的に「いい」と思った方に飛び込むことをお勧めします。バイクは楽しむために乗るものですし、きっとその方が後悔しないと思います。冷静に考えるとGSの新車1台分の価格でRC79の新車とテネレ700の新車をセットで買えるな、などと考えてしまっては絶対にダメだと思います笑。皆さんを悩ませる車高ですが、GSに強い憧れを抱いていらっしゃったなら絶対に標準車高のプレミアムラインをお薦めします。 乗り心地の違い、アイポイントが上がることでの見晴らしの良さ、最低地上高に思った以上の差があること(「モトラッドつくば」さんのYouTube」ビデオが参考になります)はもちろん、何と言っても駐車時の佇まいがオフ車然として高く(まるでカモシカのように)カッコいいです。ローダウンのプレミアムスタンダードはどうしてもシャコタンのように低くうずくまっているように見えますし、機能面で本来GSが持っている良さが若干スポイルされているのは事実ですからね。

アドベンチャーの標準シートはクッションが良く、長時間の乗車でも疲れにくいのが良い点ですが、座面の幅が広く、角が丸くないため、178cmの私でも足を開き気味に座るイメージです。アドベンチャーにノーマルGS用のローシートを流用して足着きを改善することが多いようですが、これはローシートが座面の幅が細く、角が丸いため効果が大きいようです。(代わりに座り心地はだいぶ悪化するようですが…)先日導入したラリーシートもノーマルシートより座面の幅がかなり狭いため、足を真下にスッと降ろせるようになり、スペック上のシート高ほど高く感じないという印象を持ちました。広島だとバルコムさんが有名ですが、どこかのタイミングで実際に試せたらいいですね。

今後GSと良いご縁があることを願っています。

2019/10/04 (Fri) 14:06 | EDIT | REPLY |   

通勤快速  

ご返信ありがとうございます。

こんにちは。
ご丁寧な返信ありがとうございます。
はい、いわゆる2型というVFRです。
走行距離は8万キロ程度です。
あのエッジの立ったデザイン、無駄に複雑に配管してまで実現した超静音純正アップマフラー、乗りやすいポジション、手の込んだ各部品のつくり等、本当に素晴らしく、今でも大好きです。

先日、ドリーム店で800Fの試乗をしてみました。(Xの試乗車は無し…)
なんでも昨年から規制緩和されたらしく、ノーマルマフラーの大きな音にびっくり。
さらにメーター周りや外装、各部がなんだかコストダウンされた感じが強くて、、、以前VFR1200を試乗した時は感じなかったのですが。
それと15年乗った乗り味とほぼ同じというのも新鮮味がなく…(笑)

お店の方も、GS-ADVの足つきについては、私くらいの身長だと、スタンダードではちょっと低すぎますよ、とおっしゃっていました。
1200のADVの中古車で跨がれるのがあるらしいので、今日の午後、バルコムに行ってみようと思っています。

しかしGSよりもさらにガニ股気味になるのですかー。ただでさえ4センチもアップするのに…かなり厳しい(ノД`)

けどやはり標準車高がかっこいいですよね。私もそう思います。それに標準シートならツートンカラーでさらにいい感じ。
なんとか標準がいいなぁ。
しかし、あまりにも足つき悪いと、立ちゴケが怖くて、そもそも乗りたく無くなったら、本末転倒だし。

もちろん、ローシートに交換すれば済むことですが、、、家にあるモンベルの登山靴に中敷入れたら身長178センチになりました(笑)
その靴も持って行って、跨ってみたいと思います。(ツーリング先で散策するのが好きなので、普段から登山靴でツーリングしてます)

あくまで試乗ですが、万が一の時のために、印鑑と手付金持っていくつもりです。
万が一ですけどね(^^)

2019/10/05 (Sat) 08:21 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To 通勤快速さん

おお!早速行かれるんですね!吉報お待ちしています笑

GSAとGSは2速までのギヤ比がかなりローギヤードですので乗り味に少し違いがあります。試乗の際はその点にご注意を!

2019/10/05 (Sat) 10:44 | EDIT | REPLY |   

通勤快速  

ついに…

ハンコ押してきました^^;
アドベンチャー、カラマタカラーです。
消費税上がったばっかりなのに(笑)

足つきは、登山靴履けば、両つま先がしっかり設置するといった感じでした。
たぶん、なんとかなるかな?
コカしたらローシート考えます。

こちらのサイトをとても参考にさせてもらいました。
読んでなかったら、ローダウンにしてるかも?
ありがとうございます。

来月納車。それを楽しみに…

2019/10/05 (Sat) 18:17 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To 通勤快速さん

お〜!早速ハンコを押して来られたのですね。おめでとうございます!ボディカラーはカラマタメタリックマットですか!この色は5~6年前にF800GS Adventureにも採用されていましたが、ミリタリーカラーのようなオリーブ色がGSのワイルドなキャラクターにもとても似合っていますよね。この色はボディの随所に使われているブラックとシルバーのパーツとのカラーも合いますし、ブラックリムのホイールの方が好きということもあって、今買うなら私もカラマタメタリックを選ぶと思います。来月の納車が待ち遠しいですね。

両つま先が着くということであれば、片足なら結構余裕を持って踵まで接地できるのではないでしょうか。VFRは停車時でも股の間に重い重量物を抱えているという感覚や、長時間走って疲れた時などにグラっとなることがあると思いますが、GSAは跨っても、押し引きの際でも本当に軽く感じます。VFR800では2回(純正ミラーは片側に倒れても左右同時に折れるんですよね。アレはなぜでしょう苦笑)、CRF1000Lでは1回立ちゴケしたことがある私ですが、GSAに乗り換えてからは倒したことはもちろん、転倒の不安を感じたことがまったくありません。もし、車高や足着きが不安な際でもESAで車高をLOWにすれば車高が見る見る下がっていくので安心です。

個人的にはハンドルの幅と高さを自分の体型にあったポジションに合わせるのもシートと同じくらい重要と思いました。ノーマルのハンドルはCRF1000Lに慣れた私でも幅広で高さも低く感じます。おそらく欧米の180cmを超えるリーチが長い体格に合わせたディメンションになっていると思うので、最初は違和感を感じるのではないでしょうか。私の場合、ハンドルの幅広感は慣れましたが、ハンドルまでが遠いという感覚は慣れず、ライザーでポジションを上げたらやっと丁度良い感じになりました。シート高さを変える時はぜひ一緒にハンドルのポジションも検討してみてくださいね。

オンロードからの乗り換えだと最初は少し戸惑われるかもしれませんが、乗りなれた頃に「やっぱりプレミアムラインにして良かった」と思ってもらえたら嬉しいです。

2019/10/07 (Mon) 18:16 | EDIT | REPLY |   

通勤快速  

こんばんは。

はい、納車が待ち遠しいです!
今は防犯対策などなどを準備開始してます。

カラマタはマットなんですよね。
マットって、手入れが悩みます(笑)
普通は磨けばよいのですが…

たしかにGSは安定感ありますよね。
VFRより重心が下に感じました。
しかし、アドベンチャーは試乗してないので、、、
納車までドキドキです。

1ヶ月くらい乗ってみて、危なそうならK&Hのローシートかなと思ってます。
どこまで費用かかるんだー!!
…って感じですが。(^^)

ハンドルポジションですか。
確かにそこも影響ありますよね。
しかし自分のポジションを探し出すまで、これもかなりの投資が必要そうですねぇ(^^;;

2019/10/08 (Tue) 23:09 | EDIT | REPLY |   

ヒデヤン  

R1200GS(2016年式)→R1250GSA(2019年式)

Graphite Oneさま

はじめまして。札幌在住のライダーです。
この度、R1200GSプレミアムライン(2016年式→R1250GSAプレミアムライン(2019年式)へ買い替えるにあたりGraphite One さまとメンバーの皆さんのやり取りを参考にさせて頂きました。私は身長177センチ体重68キロで迷った末にプレミアムラインを選びました。北国ですので納車は来春となります。これからも宜しくお願いします。

2019/11/04 (Mon) 13:57 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To ヒデヤンさん

ヒデヤンさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

公私ともにバタついてお返事が遅くなり申し訳ありませんでした。

札幌にお住まいなんですね。
私も先月末に札幌へ出張に行ったのですが、東京に比べると気温が低いのはもちろん、夕方陽が落ちるのもかなり早く「雪はまだだけど北海道のバイクシーズンは終わりなんだろうな」と感じていました。
地元のライダーの皆さんには春が待ち遠しいですね。

もともと2016年式に乗り慣れていらっしゃるでしょうし、ヒデヤンさんの体格も私とほぼ同じですので、もちろん乗りこなせないことはないと思います。きっとプレミアムラインも気に入られるのではないでしょうか。

個人的にはセンタースタンドをかけてサスが伸びきった姿がオフ車然としてとてもカッコ良く、洗車の際などにいつも惚れ惚れしています笑。

来春に納車を迎えたらぜひ2016年型との違いなどを教えて下さい。
これからもお時間がある時に時々当ブログにお越しいただけたら幸いです。

2019/11/06 (Wed) 10:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment