27
2018

R1200GS ADVENTURE machineartmoto マシンアートモト Avant GS LC フロントフェンダーエクステンション 到着レビュー

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

これからシリーズで納車時に取り付けを行ったアクセサリー類をご紹介したいと思います。前車のローダウンモデルに取り付けていた物の移植が大半ですが、半年の使用経験をもとにあらためて有益性を感じた製品です。最初にご紹介するのはmachineartmotoマシンアートモトAvant GS LC フロントフェンダーエクステンションです。R1200GSの標準フロントフェンダーは短めのデザインにより、エンジン前方のクラッチカバーが盛大な泥跳ねに見舞われたり、飛び石による小傷が付くことで有名です。それを防ぐため、フロントフェンダーにエクステンションを装着するのは定番のカスタムの一つです。

バリやヒケもなく凝った立体形状とともに質感は高いです。
IMG_0199.jpeg 
実はR1200GS ADVENTUREにフェンダーエクステンションを取り付けた場合、エンジンアンダーガードとの組み合わせによってはお互いが接触し危険な状態になるという問題が発生します。これはR1200GS ADVENTURER1200GSよりも前後ホイールベースが短く、キャスター角が立っていることが原因です。また、サイドスタンド状態ではフェンダーエクステンションとエンジンアンダーガードの接触がなくとも、センタースタンドを立てるとフロントサスが伸びきることで接触が発生するなど、状態によっても問題の発生の有無が分かれることが厄介です。

フェンダーに傷が付かないよう取り付け金具がスポンジで梱包されています。
IMG_0198.jpeg 
 この製品を選んだのは質感の高さや定番としての安心感以外に、あらかじめ接触しない組み合わせが販売元から明示されていたのが最大の理由です。国内の輸入元のelseeのHPではBMW Motorrad純正オプションのエンデューロスキッドプレートとの組み合わせがNG、TOURATECHのスキッドプレートExpeditionとWunderlichのExtremeアンダーガードとの組み合わせでは適切なクリアランスを保つことが可能と記載されています。私はTOURATECHのExpeditionを取り付ける予定でしたので、これが決め手となって安心して購入することができました。それにしても安心と引き換えとはいえ、¥12,420+送料という価格はなんとかなりませんかねえ...。先日のメーターバイザーといい、GS関連のアフターパーツはあまりにも高過ぎではないでしょうか苦笑。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE ローダウン プレミアムスタンダード プレミアムライン machineartmoto マシンアートモト

0 Comments

Leave a comment