30
2018

R1200GS ADVENTURE ビーナスラインツーリング

CATEGORYツーリング
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

週末の関東地方は土曜の昼まで天気が崩れていましたが、日曜は広い範囲で終日晴天の予報となりました。そこで今回は慣らしの続きを兼ねて、少し遠くまでへツーリングに行くことにしました。今回選んだ目的地は長野のビーナスラインです。ビーナスラインはこれまでも4~5回来たことがあるのですが、R1200GS ADVENTUREを購入してから行ったことがなかったのと、過去に訪れたのがいずれも春や夏だったため、紅葉シーズンの様子を見てみたいと思ったのがきっかけです。朝6時に自宅を出発し、関越道から上信越道で向かったのですが、秋の行楽シーズン真っ只中のため早朝から交通量が多く、渋滞ではないものの常に車線が詰まっている感じです。

IMG_1939.jpeg 
渋滞を避けて予定より一つ手前の佐久ICから下道に降り、美ヶ原高原方面に向かったのですが、交通量はそこまで多くないもののサンデードライバーやマスツー集団が多く流れが悪く、標高1500m以上の急な坂道をずっと徐行~20km/h程度で走らなければならず、高速を降りてから美ヶ原高原美術館の大駐車場に到着するまでの1時間でかなり疲れました。駐車場も結構な混雑だったため早々に退散し、霧ヶ峰方面に向かいます。霧ヶ峰方面の道は空いているとは言えないものの比較的流れがよく、抜けるような快晴の空の下、霧の駅ドライブインまでスムーズに走ることができました。今あらためて写真を見ても雲一つない最高の天気でしたね。

VL_1.jpg 
霧ヶ峰周辺の景色は一面が小麦色です。春や夏の鮮やかな緑とは違いますが、見渡す限り黄金色が広がる景色もこれはこれで秋らしい趣があっていいものですね。霧ヶ峰→車山高原→白樺湖までの定番のルートを往復して美ヶ原高原美術館方面に戻り、白樺の舗装林道を抜けて上田市側の上信越道から帰途につきました。途中上信越道の事故渋滞と関越の20kmの渋滞を避けて、富岡で高速を降りて下道で都内に向かったのですが、流れは良かったものの3時間以上もかかりヘトヘトになりました。

IMG_1951.jpeg 
今回のツーリングでの走行距離は約450km。急な坂道でのゴー&ストップや長時間の下道での走行のおかげで標準車高のフィーリングにも慣れることができました。しかし、やはり890mmのシート高は油断禁物ですね。前車のAfrica Twinで900mmのシート高に慣れているとはいえ、R1200GS ADVENTUREは幅広のシートということもあって、坂道での発進時や路面の轍でできた窪みなどで思ったほど足が着かずヒヤッとしたシーンが何度かありました。ローダウンモデルでは立ちごけの危険を感じることはほとんどありませんでしたが、疲労が溜まった時などは注意が必要ですね。今回のツーリングで総走行距離も1300kmを越えました。次の週末は早速初回点検に出したいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE ローダウン プレミアムスタンダード プレミアムライン ビーナスライン

0 Comments

Leave a comment