15
2019

R1200GS ADVENTURE BMW純正スペアキー 到着レビュー

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

ご存知の方が多いと思いますが、R1200GSシリーズの国内モデルは数年前からキーレスライド式が標準になっています。納車時に付属するのは鍵部分が折りたたみ式になっているメインキーと、メインキーの紛失やバッテリー切れの際に暫定的にエンジンの始動を可能とするイモビライザー内蔵式の樹脂製スペアキーです。メインキーをウェアのポケットに入れてさえいれば、エンジンの始動はもちろん、駐車時のハンドルロックもキーレスで行え、キーの抜き忘れやポケットからの出し入れに伴う紛失のリスクも格段に減るので、非常に便利で気に入っています。国産車にも早く普及して欲しい技術ですよね。とは言うものの、R1200GSを使う上で純正ナビのクレードルからの脱着や純正パニアの施錠など、メインキーを物理的な鍵として使うシーンは依然として多くあります。その際の懸念点として真っ先に浮かぶのがメインキーの強度の問題です。

IMG_2128.jpeg 
メインキーはキー本体を折りたたんでケースに収納する構造になっているのですが、支点となる付け根部分にガタがあり、剛性感が乏しい印象です。ナビマウントのキーシリンダーの操作は特に問題はないのですが、純正パニアとトップケースに付いている8つのキーシリンダーの操作の際には支障があります。それはこれらのキーシリンダーの回転が総じて固めで、施錠・解錠の際に力を入れる必要があるからです。この固さはシリコンスプレーを塗布することで若干緩和できるのですが、ディーラー発信のブログや動画を見ていると「あたり」が付くようになっても固めなのが普通のようです。私自身の使い方として、車輌保管時はパニアとトップケースは付けっ放しで日常的に脱着することはないのですが、蓋の施錠・開錠の際に結構な頻度でメインキーを利用するため、その際に付け根部分のプラスチック部分に歪みを感じることがあります。(ちなみにGIVI製のパニアの場合、蓋の開閉の際に必ずシリンダーにキーが挿さっている必要がありますが、BMW純正パニアは解錠しておけばシリンダーにキーを挿さずとも蓋の開閉が可能です)

キーレスライド本来の使い勝手としてはメインキーをポケットに入れたままの方が良いこと、万が一、メインキーが破損した場合、再作成に数万円の出費が必要ということですので、メインキーとは別に金属製のスペアキーを用意することにしました。オーナーの方のブログを拝見すると、ディーラーにイモビライザー機能なしのスペアキーを純正アクセサリーとして発注する方法や、オークションなどでブランクキーを入手して専門店で加工してもらう方法などがあるようです。今回は無難に純正のスペアキーを発注することにしました。注文の際はサービス窓口で車体番号を確認してもらうだけで、メインキーの預託などは不要でした。発注後は約2週間で到着、気になる価格は¥3,700+消費税です。持ち手部分は軟質のゴムのような素材でできているのですが、グレーのカラーと合わせて質感に乏しい印象でした。(他の方のブログを拝見すると持ち手部分の色がブラックの方もいるようです)できればもう少し質感が高かったら良かったと思うのですが、本来の目的であるキー開閉時のしっかり感という点では狙い通りの使用感です。キーシリンダーの回転の固さを感じている方にはぜひオススメしたいアクセサリーです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン

6 Comments

kazu_49  

こんばんは
この記事を読み、キーの必要性を感じ、契約時に純正スペアキーを注文しました。
先週日曜日納車でしたが、まだモノは受け取れませんでした。

フルパニアにしました。
確かにパニアの施錠・開錠には気を使いますね。
力を入れなくてもスムーズに鍵が回るシリンダーもあれば、ある程度力を要するシリンダーもあり
恐る恐る使用しています。
スペアキーが届くのが待ち遠しいです。

2019/04/06 (Sat) 00:32 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To kazu_49さん

届くのが楽しみですね。

キーシリンダーを組み立てる時にはシリコンスプレーを吹いて滑りをよくするなどの工夫をしたのですが8個のキーシリンダーのうち半分くらいは堅めです。しかも施錠時のキーホールが斜めになっていたりと精度自体が今ひとつな感じがします。

それでもキーの施錠/解錠状態どちらに関わらず蓋を閉められる点(GIVIは施錠状態にしないとシリンダーから鍵が抜けませんからね)やサイドケースが前後どちらからでも開閉できる点などのいい点もありますから、これくらいは我慢するしかなさそうですね。

スペアキーは剛性も高く、持ち手の形状も力が入れやすいので固いキーシリンダーでも安心して廻すことができます。唯一の不満は持ち手の肉厚が厚すぎてキーホルダーに通しにくいことでしょうか。(私はコクヨの二重リングを購入して対応しました)

届く持ち手の色は何色でしょうか?ブラックだったら羨ましいな〜

2019/04/08 (Mon) 16:26 | EDIT | REPLY |   

通勤快速  

スペアキーは必須かも?

こんばんは。
私もこちらを拝見してスペアキーを購入しました。
大正解でした。
私の場合、サイドパニアの脱着キーが非常に硬く、リモコンキーなら遠慮して廻せてないかもしれません。
この硬さ自体は今後なんとかしたいのですが、スペアキーのありがたさは大変感じています。
私のキーの持ち手も、グレーでした。(^^)

ところで、私は銀パニアなのですが、黒パニアはキズがつきにくいですかね?
銀は本当に傷つきやすくて、軽く拭いても傷になります(><)
なので、Signature Custom Designsというところの傷ガードフィルムを購入して貼り付けました。
キプロス島にある業者さんです笑
しかし、ここもなぜかサイドしか無く、トップケース は無防備。
そこでトップケース にも保護フィルムを貼るため、同じフィルムを国内で扱っている業者さんからロールで購入して、図画工作しました。
素人工作なので、見た目はイマイチですが、間違いなく傷から守ってくれるので、まあまあ満足しています(^^)

2019/12/16 (Mon) 23:07 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To 通勤快速さん

こんにちは。

お返事が遅くなり申し訳ありません。

サイドパニアのキーは「使うごとに馴染んで柔らかくなる」というものではないようですので、スペアキーを入手されたのは正解だと思います。通勤快速さんも持ち手の色はグレーだったのですね。グレーになってしまうのは現在は仕方がないのかもしれませんね。

パニアの傷への耐久性ですが、ブラックは意外にも問題ありません。以前CRF1000Lで使用していたGIVI製サイドパニア(OUTBACK TRKKERのブラック)はセミグロス調の仕上げだったため、あまり傷に気を遣わなくて良いのが長所でした。BMW純正パニアのブラックを購入した時は実物を見る前に海外から購入したため、到着した現物が艶消しっぽい仕上げだったのに気付いた際には正直「失敗したかな」と不安になりました。艶消し系の仕上げは、傷への耐久力はもちろん、コーティング剤を使うとムラになりそうなのが怖いですよね。

実際約1年使ってみてですが、毎回の走行後に濡れたマイクロファイバークロスでパニアを拭きあげても磨き傷や線傷が付くことはなく、ワコーズのバリアスコートでコーティングしてもムラになることはありませんでした。(綺麗な艶消し状態を維持できています)

実はGIVI製とBMW製の両方のパニアケースでブラックを選んだ理由は、無塗装のシルバーだと冬場の融雪剤の付着によって水垢のようなマダラ模様になるとどこかのブログで見たからですが、実際どうなのでしょうか。私は冬場も高速経由でツーリングに出かけるため、首都高速や関越で融雪剤が撒かれた状態で走行することがあるのですが、今の所特に影響は受けていないようです。

パニア用のガードフィルムは綺麗に貼れる自信がなく未チャレンジですが、保護目的の無色のものやデザインされたものなどたくさんありますよね。お金はかかってしまいますが失敗しても再度貼り直せるのがいい所ですよね。私もいつかチャレンジしたいです。

2019/12/22 (Sun) 11:21 | EDIT | REPLY |   

通勤快速  

黒パニア

そうなんですね。
私も購入時は黒パニアにしようと思っていたのですが、ディーラーから「傷がついた時に目立ちますよ。」といわれ銀に変更しました。
けど、今では銀で気に入ってはいますけどね。

貼り付けなんですが、実は北海道の業者からシートを購入したのは、トップケース用と、もう一つ。
貼り付けに失敗した(と思った)サイドをやり直そうと思ったからなんです。

ガラスに貼るのと違い、アルミは小さな凹凸があり、水も空気も、いくらヘラで押しても残ります。
けど、貼り付けたすぐ後は目立たなくてなくて「あー、終わったぁ」と思ってたんですが、少し経ったら、水の残ったところが白くなり、もう全面が何かの病気のような悲惨なマダラ模様に。
ガッカリして貼り直しを決めたのです。

で、しばらく経って北海道からフィルムも到着して、さあ剥がしてやり直そうと思ったら、ほとんどキレイになってる!

調べてみると、パニアに貼ったフィルムはかなり厚いのですが、それでも少しづつ水は抜けるようです。
短気に剥がさなくて良かった…

ですので、たぶん最初はびっくりするくらいの残念な仕上がりですが、最終的にはキレイになりますよ。
貼った感じがどのような風か、そのうちYouTubeにでもアップしようと思ってます。

2019/12/24 (Tue) 20:08 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To 通勤快速さん

最近はスマホ用の液晶保護フィルムも時間が経てば気泡を透過するものが多いですからそういった技術が使われているのかもしれませんね。昔は大判のステッカー類は薄めた中性洗剤とゴムヘラを使って気泡を抜くのが必須だったので、そういったハードルが下がっているのはありがたいです。

パニアケースのラッピングは当ブログに時々コメントくださるwonderboyさんが熱心に取り組まれていてオリジナルのデザインを何度も変えて楽しまれています。ブログ下方の関連リンク欄にwonderboyさんのブログ「wonderboyのホビーな日々II」のリンクがありますのでぜひご覧になってください。

YouTubeにアップされた時はぜひ教えてください〜

2019/12/27 (Fri) 17:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment