25
2019

R1200GS ADVENTURE Wunderlich ワンダーリッヒ 41970-011 ハンドルアップキット(ハンドルバーライザー) 25mm 取り付けレビュー

CATEGORYWunderlich GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

CRF1000L Africa TwinからR1200GS ADVENTUREに乗り換えた際、一番最初に感じたのはハンドルの幅が広く遠いことです。CRF1000Lのハンドル幅は一般的なオフロード車相当で、オンロード車から乗り換えた私でもさほど違和感を感じることはなかったのですが、R1200GSはそれよりも数cm広くなっています。身長178cmでリーチがそれなりにある私でも、普通にハンドルに手を添えると「肩の関節から掌にかけて外側に拡がっている」という感覚が強いです。特に標準車高のプレミアムラインに乗り換えてから、890mmというシート高のせいもあり全体的にポジションが高くなり、ハンドルまでの距離もより遠くなりました。このあたりは平均身長が180cm以上のライダーが多いドイツのバイクであることを強く感じさせられる点ですね。前車のCRF1000Lではハイシートを導入していたせいもあり(R1200GSほどではないですが)ハンドルの遠さを感じていました。その際に20mmアップのハンドルバーライザーの導入でを改善したという経験がありましたので、R1200GSでも導入してみることにしました。

IMG_1778.jpeg 
今回取り付けを行ったのはワンダーリッヒ製のハンドルアップキット 41970-011です。ワンダーリッヒ製のハンドルバーライザーには今回装着した高さ25mmと40mmアップのものがありますが、今回は25mmを選びました。製品のパーツ構成は左右のライザーとロングボルト4本というシンプルな構成ですが、価格は¥12,200+税といういつものワンダーリッヒ価格です。高精度、高強度なジュラルミン削り出しで、EUの工業製品安全規格「TÜV」 に準じた製品ということですので、相応の価格と信じることにします笑。パッケージにはいつものようにカラー印刷された詳細な説明書が添付され、説明書を挟んで左右のライザーがお互いに接触しないよう配慮されたパッケージになっています。TOURATECHの金属製パーツはパッケージの中でパーツ同士が暴れて擦れ合うことで、購入時に傷だらけになっていることが多いことを考えるとこういった気配りはさすがです。

IMG_1232.jpeg 
IMG_1234.jpeg 
IMG_1235.jpeg 
R1200GSは純正のハンドルバーに角度調整とセンター出し用のマーキングがありますので取り付けは簡単です。ハンドルを固定しているボルトを外し、ライザーを挟んで付属のロングボルトで規定トルクで締め付けるだけです。1点だけ注意点があるとすれば、毛布やクッション製のある厚手のものでタンク脇のカウル(BMWエンブレムがある無塗装のサイドカウル部分)をしっかりと養生することです。ハンドルを外す際にバスタオルを敷いて養生していたのですが、左右のスイッチボックス下が意外に固く出っ張っているたせいか、尖った部分が接触した擦過痕がカウルに付いてしまいました。ハンドルを外して置いただけのはずなのですが、こんなにも簡単に傷が付くとは思いもよりませんでした。取り付けの際に注意するのは、まずメーター側のボルトを隙間がなくなるまで締め付け、タンク側のボルトは後で締めることです。下の写真のように横から見て手前側に隙間ができるようにする必要があります。

IMG_1783.jpeg 
IMG_1781.jpeg 
装着による違いは、高さで25mmアップ、手前に約10mmバックというわずかなものですが、体感的には想像以上に楽になりました。特に肩から先が外側に拡がっている感覚や、手が伸びきっている感覚が緩和されたように感じます。また、ハンドルを左右にフルロックまで切ってみましたが、カウルへの接触やケーブル類が伸び切るなどの問題もありません。(CRF1000Lに20mmのライザーを装着した際は、フルロックした際にミラーアームがスクリーンに接触したり、ブレーキホースのバンジョー部分が不安になるほど引っ張られてました)ハンドル位置が高くなったため、バイクの脇から押し引きする際にハンドルが高いと感じることはありますが、取り廻しの面で重く感じるなどのデメリットもありません。私のようにハンドルの幅や遠さを感じる方で、手軽にポジションの改善を行いたい方にはオススメのアクセサリーです。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS プレミアムライン Wunderlich ワンダーリッヒ

2 Comments

wonderboy  

おはようございます
私も一度ハンドルライザーを付けようと思った事が有ります
私の場合、SWモテックのフューエルキャップにマウントするタンクバックを付けていて標準状態でもハンドルをフルロックするとギリギリ当たるか当たらないかというような状態
なので「これはチト無理っぽいな」と試してません
もっとも、標準状態でも特にライディングに影響は感じてないので敢えて取り付ける事も無いと思ってます^^

2019/01/26 (Sat) 06:50 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To wonderboyさん

wonderboyさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
お返事が大変遅くなってしまって申し訳ありません。

そうなんですよね。
ライザーを付けるとハンドルをフルロックまで切った場合にタンクバッグに接触することもあるんですよね。(前車のCRF1000Lの時はまさにそうで、GIVIのフューエルキャップマウントが外れる時がありました)
現在ADVENTUREに付けているTOURATECHのタンクバッグはシート側にオフセットしたマウント位置になっているためハンドルの切れによる接触はなさそうです。その分、タンクバッグの位置が後ろ下がりでちょっとカッコ悪いですが(苦笑)

wonderboyさんの愛車もラッピングのカラーチェンジでまた雰囲気が変わりましたね。いつの間にかエンジンガードもブラックになってより精悍に!!

2019/02/03 (Sun) 20:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment