25
2019

R1200GS ADVENTURE BMW純正 R1200GS キーリング取り付けレビュー

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

毎年のことではありますが、夏に実施する年に一度のイベントの準備で忙しくなってきました。連日帰宅も遅く、その疲れもあって週末にツーリングに出かけるのも腰が重いです。昨年10月の納車以降、約半年が経過しましたが特に不具合もなく、走行距離も先週の週末で7,000kmに到達しました。ふとタイヤを見ると、リヤはまだ溝が半分位残っていますが、フロントは間もなくスリップサインが出そうな感じです。テレレバー式のGSはノーズダイブが少ないと言われていますが、重量車(であることに加えて常時フルパニア)だけにフロントタイヤの消耗はそれなりに激しいようですね。交換はもう少し様子を見てからになりますが、ひとまず納車時に付いていたものと同銘柄のブリジストンA41をオーダーしました。

IMG_0027.jpeg

今日も一つ小ネタを。R1200GS ADVENTUREのイグニッションキーに何かキーホルダーを付けたいと思い色々探していたのですが、なかなか気に入った物が見つかりません。イメージとしてはレザーのタグに小型のBMWの円形エンブレムが埋め込まれている、レザータグにBMW Motorradのロゴがシンプルにエンボスされている、というようなシンプルなデザインが好みなのですが、四輪も含めて探してみてもBMW純正アクセサリーの中には気に入ったものがありません。BMWの円形エンブレムをモチーフにしたメタル製の物があったので購入してみたのですが、手に持ってみるとエンブレムの自己主張が強過ぎて見えるんですよね…。

IMG_0028.jpeg

そのような状況でしたので長い間キーにはキーホルダーを付けずに使用していたのですが、先日ディーラーにオイル交換に行った際にBMW純正の「R1200GS キーリング」(税込¥1,080)が売っていました。ラバー製のタグにGSロゴが接着されているというシンプルなデザインです。値段相応に質感は今ひとつな感じですが、キーホルダーなしのままだといつかキーを紛失しそうですのでとりあえず買ってみました。

いざ取り付けようとしたところ、このキーリングのリングが直径3.5cmもある大きさの上、イグニッションキーの隅にあるリング通しの穴も非常に小さく、どうやってリングを通すのかわかりません。R1200GSオーナーの方のブログなどでキーホルダーが付いたイグニッションキーの写真が出ていることがあるのですが、リングの通し方などは特に書かれてもいないため悩んでしまいました。思考錯誤した結果、イグニッションキーの蓋を開けて2本のトルクスビスを外し、ボタン電池収納部分の基盤を少し持ち上げるとリングを通せることがわかりました。

IMG_0031.jpeg

IMG_0032.jpeg

最初、リングをそのまま穴に通したのですが、サイズがピッタリ過ぎてキツキツで、キーとリングが硬直したようになってしまいます。これではポケットに入れた時などにかなり邪魔になりそうです。そこでキーホルダーに鍵をかける際に使用する二重リング(13mm)を使用してみたところ程よいサイズ感でした。二重リングを介してキーリングを付けると写真のような感じです。これならポケットにいれても嵩張りません。新製品が発売される時にはキーに直接付けてもバランスや使い勝手が良いよう、リングの直径をもっと小さく、太さも細くして欲しいものですね。

IMG_0033.jpeg

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン

0 Comments

Leave a comment