07
2019

R1200GS ADVENTURE Wunderlich ワンダーリッヒ 42721-002 ローダウンキット for ライダーシート 取り付けレビュー

CATEGORYWunderlich GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

例年のことですが、来月開催の年次イベントに向けての準備で色々と忙しくなってきました。8月末に、もう一つ新規の初開催イベントの決行も決まり、やることが多過ぎて顔に縦線が入りそうな今日この頃です。以前は日帰りツーリングでも丸一日かけて3~400km走るのが普通だったのですが、3月の転居後は出かけても2~3時間、200kmも走れば帰るという感じです。以前の住まいよりも箱根や富士五湖、どうしみちなどへのアクセスが良くなったことで、短い時間ながらもそこそこ楽しめているのですが、ガッツリとロングツーリングに行きたいというフラストレーションが溜まりまくりです。昨年10月のプレミアムラインへの乗り換え以降、約半年で8,000km近く走っていますので、そこそこ走っている方だと思いますが、ロングツーリングでこのモヤモヤが発散できるのは一段落する9月末くらいになりそうです。

IMG_1832.jpeg

本日お届けするのはWunderlich ワンダーリッヒ 42721-002 ローダウンキット for ライダーシートについてのレビューです。R1200GS ADVENTUREに限らず、ビッグオフで常につきまとうのは足着き性への不安です。昨年10月にシート高890mmのプレミアムラインに乗り換えて、いつ立ちゴケするのかと戦々恐々としていたのですが、前車のCRF1000Lのハイシート仕様(シート高900mm)に慣れていたおかげもあってか、これまでは何とか無転倒で来れました。とは言うものの、サスセッティングをROADからハード寄りのDYNAMICに変えたりすると、かなり足つきが悪くなって停車時に路面の深い轍で思ったように足が着かない時などにヒヤッとすることがあります。他の方のブログなどを拝見すると、純正オプションのラリーシートはシート高が895mmへ5mmアップするものの、絞り込まれた形状によって足着きが改善するらしいですが、さすがに¥50,000以上するラリーシートにはそうそう手が出せませんよね...。

IMG_1834.jpeg

そこで手軽にシート高を1cm下げることができるというワンダーリッヒ ローダウンキット for ライダーシートを試してみることにしました。この製品は「キット」とは言ってもシート固定用のゴムブッシュが2個入っているだけです。単なるゴムブッシュ2個にも関わらず税込¥4,752と、毎度のことながらWunderlich信者としての忠誠心を試されるような価格設定です。もちろん信者としては1秒も迷うことなくポチりました笑。いつものように約2週間で到着です。パイツマイヤーのHPではどうやって-1cmダウンを実現するのか詳しく書いておらず、ゴムブッシュの直径がオリジナルより小さくなっているのではないかと想像していましたが、製品を確認すると通常はブッシュの中央にある穴が偏って開けられており、いわゆる「偏心」になっています。単純ですが、これによってゴムブッシュの交換だけでローダウンできるのですね。

IMG_1836.jpeg

さて、交換して跨ってみての感想です。「ん?んんんん?変わった?」というのが正直な印象です。これまで足着きがかなり厳しかった方でしたら違いを感じるかもしれませんが、少なくとも私はオリジナルとの違いを感じませんでした。メーカーHPの「この1cmの差は大きく、足つき時の安定感を改善します」はちょっと大げさかもしれません。それでも実測値では1cm低くなっているはずですので、ひとまずこのまま装着し様子を見たいと思います。今回は思ったような効果を感じることはできませんでしたが、R1250GS用のレッド/ブルーのストライプ入りラリーシートも気になっていますので、いつか試してみたいですね。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン ワンダーリッヒ Wunderlich ローダウン

0 Comments

Leave a comment