06
2020

R1200GS ADVENTURE BMW純正 アルミニウムトップケース用バックレスト 取り付けレビュー

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

6月に入り全国的に緊急事態宣言の解除が行われたのに伴って、都内の様子もだいぶ日常に戻ってきたようです。先月は新宿や銀座ですら信じられないくらい人が少なかったのですが、昨日通院のため新宿経由で出かけたところ、学生の姿こそ見ないものの、こと社会人の人出に関してはいつもの状態に近いように感じました。私の勤務先はこれから人員を何段階かに分けて通常の職場に戻すそうですが、場合によって8月まで在宅勤務が続く可能性もあるそうです。ここ数週間は都内の感染者数も落ち着いてきていますが、通勤時間帯の満員電車も復活している現状でどこまで持ちこたえることができるのか不安でもありますね。あと、個人的に心待ちにしていたF1の新日程もようやく発表されました。7月5日のオーストリアGPを皮切りにヨーロッパでの8戦の日程が明らかになりましたが、驚くべきことにオーストリアとイギリスは同一サーキットでの2週連続開催という前代未聞の日程です。放映権料やチームへの分配金などの複雑な事情が絡み、最低限こなさなければならないレース数の問題があるためと思いますが、この異例とも言える状況を楽しむよう切り替えていかなければなりませんね。

IMG_0704.jpeg

IMG_0707.jpeg

今日お届けするのはアルミトップケース用のBMW純正バックレスト取り付けに関するレビューです。家族がバイクに乗るのを怖がるため、普段のツーリングでタンデムすることはまずありません。しかし、もし乗せることがあった時のために、トップケースにはいつもバックレストを装着するようにしています。今回装着するバックレストは去年の冬には手元に届いていたものなのですが、ドイツ本国で長期間欠品していたため、発注してから手元に届くまで約5ヶ月くらいかかりました。届いたのが冬だったため、両面テープの接着力が弱くなるので暖かくなって付けようと思っていたのですが、最近まですっかり忘れていました。バックレストはクッション性のある素材(ウレタン?)2つのパーツとなっていますが、これだけで税込み¥11,000と例のごとくBMW Motorradへの忠誠心を試される価格設定となっています。

IMG_0708.jpeg

IMG_0710_20200606191710a10.jpeg

パーツは気泡やバリなどの整形不良もなく、表面の仕上げもムラなく均一で質感は高いです。(1万円することを考えれば当然ととも言えますが...苦笑)適度な反発感のあるクッション性も絶妙で、これならが同乗者にも負担にならないだろうと思います。以前、CRF1000LではGIVI OUTBACKのトップケースにもバックレストを装着していたのですが、素材が結構硬かったことを思うとBMW製の方がだいぶ実用的に感じますね。装着は取り付け箇所を充分に脱脂して、3Mの両面テープをドライヤーで加熱し圧着するだけです。背中を押し当ててみましたが、ヒンジやボルトと背中が触れることもないようで問題ありません。あとはバイクの後ろに乗ってくれない娘をSwitch Liteとどうぶつの森を交換条件に説得するだけです。

IMG_0712.jpeg

IMG_0716.jpeg

IMG_0719.jpeg

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン

0 Comments

Leave a comment