25
2020

Ténéré 700 Rally Edition テネレ 700 ラリーエディション発表

CATEGORYYAMAHA
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

COVID-19の影響で遅れていた国内でのテネレ700の発売開始ですが、先週位からSNSで納車報告をちらほら目にするようになっていました。その矢先、ヤマハのヨーロッパサイトから衝撃的なニュースが飛び込んできました。日本でのデリバリーが本格的に始まったこのタイミングで追加モデル「テネレ 700 ラリーエディション」の登場です!かつてのゴロワーズを彷彿とさせるブルーとイエローの配色とストロボカラーはまさにラリーイメージそのままです。ぱっと見た感じの違いはブラックのハンドルとゴールドのリム位かな?と思いましたが、スペックシートを確認するとノーマルとの違いは結構あるようです。

画像はいずれもヨーロッパヤマハHPから引用
2020-Yamaha-XTZ700SP-EU-Detail-007-03.jpg

2020-Yamaha-XTZ700SP-EU-Sky_Blue-Action-002-03.jpg

  • 専用ラリーシート(ノーマル比 2cmアップ / 895mm)
  • アクラポヴィッチ スリップオンサイレンサー
  • 4mm厚ヘビーデューティスキッドプレート
  • レジエタープロテクター
  • チェーンガード

いずれの追加装備も後付けを検討する方が多い実用的なものばかりです。デザインも統一感があって良いですので、現在発売中の初期モデルを購入された方は悔しいかもしれませんね。また、資料の中に特に記載はありませんが、ウィンカーバルブもLEDになっているようで、V字型のカッコいいデザインになっています。

2020-Yamaha-XTZ700SP-EU-Detail-002-03.jpg

2020-Yamaha-XTZ700SP-EU-Detail-001-03.jpg

2020-Yamaha-XTZ700SP-EU-Detail-009-03.jpg

2020-Yamaha-XTZ700SP-EU-Detail-008-03.jpg

2020-Yamaha-XTZ700SP-EU-Detail-006-03.jpg

2020-Yamaha-XTZ700SP-EU-Detail-004-03.jpg

2020-Yamaha-XTZ700SP-EU-Detail-003-03.jpg

個人的には現行のテネレ700のカラーリングや装備にそこまで心惹かれるものがなかっただけに、このラリーエディションのカラーリングと装備の充実度はとても魅力的です。(数年後に電子制御スロットルやビッグタンク化した更なる進化バージョンが発売されるであろうことは想像がつきますが)海外との発売タイミングの時差を考えると、このモデルが日本国内で販売されるのは早くて来年の春でしょうか?非常に楽しみですね!本気で増車を検討したくなってきました。

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ


関連記事

Tag:Ténéré Tenere テネレ

0 Comments

Leave a comment