21
2020

R1200GS ADVENTURE 24ヶ月点検(リヤショック交換・TFTメーター日本語化)

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

9月19日からの4連休までにR1200GS ADVENTUREのコンディションを万全にするために、リヤショックの交換に合わせて1ヶ月早めに24ヶ月点検に出しました。点検時の累計走行距離は約12,500km、年間に相当すると約6,000kmです。VFR800やCRF1000Lに乗っていた時は最低でも年12,000~15,000kmは走っていましたから、2年の走行距離としてはかなり少なめです。この数年は特に仕事が忙しかったというのもありますが、最近の関東は週末の晴天率が異常なほど低いため、それも走行距離が伸び悩んでいる理由の一つかもしれません。それはさておき、ディーラーに依頼後4日で無事GSAが戻ってきました。

交換後のリヤショックは「ZF」ステッカー付きに
IMG_1389_20200921184417819.jpeg

IMG_1397.jpeg

点検の内容としては、エンジンオイルやフィルターの交換は1ヶ月前に行ったばかりのため今回はスキップ。また、昨年の台風時の冠水被害後の水密チェックの際にブレーキフルード類の全交換を行っているため油脂類の交換は行っていません。それ以外の24ヶ月点検の既定の項目には特に異常はなく、他は今回の目的の一つであるリヤショックの交換と、2年間の使用でツルツルになってしまったハンドルグリップの保護用のシュリンクチューブの交換、それと経年劣化でひび割れが目立ってきたステップ部分のBMW純正フレームガード取り付け用ゴムベルト(3273 7687 119)6個の合計で税込¥34,720という内訳です。これまでリヤショックは外から見える部分に製造元を示すような表記がなかったのですが、今回交換したリヤショックにはリザーバータンクに「ZF」のロゴマークのステッカーが貼ってありました。私が購入した2018年前後のGSにはステッカーはなかったと思うのですが、現行モデルにはあるのでしょうか?

ハンドルグリップシュリンクチューブを新品に交換
IMG_1392_20200921184418ede.jpeg

24ヶ月点検の基本料金が税抜き¥28,000というのは国産車と比べると割高な金額であるのは事実ですが、私がお世話になっているディーラーは、一つひとつの作業が丁寧で約束も確実に守ってくれる、作業後の説明も非常に細かい点まで行ってくれる、整備後に反射ベストを着用したサービススタッフが試走してから引き渡しを行うなど、期待することを本当にキッチリと行ってくれるので、私としてはこの金額には相応の価値があると納得して払っています。これまでのバイクライフで色々な販売店とお付き合いしてきましたが、依頼したことが何か抜けていたり、「これって本当に点検・交換したの?」と疑問を感じるような時が少なからずありました。私の経験においてはバイクの販売店でここまできちんとしたサービスレベルの店舗はあまりないのではないかと思っています。いつサービス工場に行っても整備の預けや引き取りのお客様がひっきりなしに訪れているのは、こういった誠実な仕事ぶりが多くの人に評価されているからなのかもしれませんね。

IMG_1405.jpeg

今回はTFTメーターの日本語化も行いました。購入時から車輌の説明書には日本語表示を選択する方法も掲載されていたのに日本語が選べなかったんですよね。フォントのせいか、少し文字が大きく見えるのはカッコ悪い気がしますが、パッと見た時にメニューを素早く認識できるという点ではやはり日本語の方が良いですね。ちなみにもとの英語表示に戻したい場合は設定の言語選択ですぐ戻せるとのこと。

IMG_1404.jpeg

IMG_1403.jpeg

IMG_1402.jpeg

このように、4連休を前になんとか整備が完了した訳ですが、前半二日は関東はあいにくの雨に見舞われてしまい、3日目の今日も小雨でも降りそうな曇天と、私の目論見は見事に外れてツーリングには行けておりません…泣

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン

2 Comments

通勤快速  

ZF、付いてますよ!最初から。
ショックメーカー何ですかね。あまり聞いた事ない…

日本語化がとても気になってたのですが、日本語化と言いつつ、トリップコンピュータがチープなアイコンに変更されるし、英語の雰囲気も悪くないので躊躇してました。
しかし、もしかするとソフトウェアのバージョンアップも含まれているのなら最新にしたいし…Bluetoothとか…
けれども英語に戻せるんですね!それ知りませんでした。それなら日本語化してみようと思います!

2020/10/17 (Sat) 07:33 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To 通勤快速さん

現行R1250GSには最初から付いているんですね!知りませんでした。確かZFはドイツのショックメーカーですね。日本のSHOWAみたいな感じでしょうか。四輪では時々聞くことがありますね。

トリップコンピュータのアイコンデザインが変わるとか知りませんでした苦笑。そうなんです。個人的には英語のメニューの方がすっきり見えて好きです。日本語化してもあんまり「良くなったな!」という実感はないですね。

気を付けた方が良いのは12ヶ月点検などと一緒に頼まないとお金(2~3千円らしいですが)を取られる上にアップデートに2~3時間かかるということですのでご注意を。

2020/10/17 (Sat) 12:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment