04
2016

CRF1000L BAGSTER タンクカバー 1709A シルバー 取り付けレビュー

CATEGORYBAGSTER
先日到着したCRF1000LBAGSTER タンクカバー 1709A シルバーですが、早速装着してみました。いつものことではありますが、BAGSTERのタンクカバーの説明書は使用上の注意だけで図解などはまったくありません。そのため、装着方法を確認することからスタートしなければなりません。

まだ発売間もないせいもあって、画像検索をしてもほとんど引っかからず、海外のフォーラムに数例の写真があるのみです。しかも写真が不鮮明だったり、ずれて装着されているなど、今一つな写真ばかりです。先人の情報は残念ながら手に入りません。

bag2.jpg 
仮組みしてみると、タンクやカウルの隙間をうまく利用して、複雑な造形をしているCRF1000Lのタンク形状でも違和感のない装着ができるようです。また、タンクフロントカバーなどの取り外しできるパーツをうまく使って固定するようになっていることがわかりました。

bag4.jpg 
装着するにはまず、タンクフロントカバーの手前のボルトを2本外し、給油口周りのベロをカバーの下に入れ、給油口とタンクカバーの穴の位置を合わせます。そしてボルトを締めると給油口周りのレザーが浮き上がることなく密着されます。そして、前方のバンドをステム下に通し固定します。

bag3.jpg 
側面は、まずタンクサイドカバーを外し、後方のバンドをフレームの結合部の穴に通し、おおよその位置決めをします。次に外したタンクサイドカバーを仮装着し、前方のバンドを仮留めします。これを左右行って、側面の前後のバンドを調整しながら最終的な位置決めを行います。

bag1.jpg 
最後に余ったバンドを邪魔にならない長さに切断し、切断面をほつれないよう熱処理して完成です。いかがでしょう?質感・縫製のクオリティもなかなかで、浮きやシワもなくきれいに装着されています。前車のVFRでもそうでしたが、BAGSTERのフィッティングの精度は非常に素晴らしいですね。

タンクカバーを装着することで、オフ用のライディングパンツのニーパッドでタンクの側面が傷付くことを防げますし、ニーグリップやスタンディングもしやすくなりました。日本ではまだ発売は始まっていませんが、海外ではトリコロール・レッド・ブラック・シルバーの4色が発売されています。入手もしやすいので、ぜひみなさんにもおすすめしたいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン カスタム レビュー BAGSTER

0 Comments

Leave a comment