21
2021

無限 ドアインナープロテクター・ドアハンドルプロテクター S 取り付けレビュー CIVIC TYPE R シビック タイプR(FK8 後期)

CATEGORY無限
にほんブログ村 車ブログへ

本日もFK8関連の小ネタをお届けします。前回の到着レビューでご紹介した無限のドアインナープロテクターとドアハンドルプロテクターSの取り付けをようやく行いました。取り付けが遅れた理由はコーティングの完了を待っていたのと、18℃以上の環境で貼り付けを行うことが推奨されているため、外気温が高くなるまで待っていました。ドアインナープロテクターの取り付けは、付属の説明書にスピーカーホールとドアインナートリムとの適切な距離の目安が記載されているため、マスキングテープを使って指定された貼り付け位置をマーキングすれば簡単です。

無限 ドアインナープロテクター(83510-XNCF-K0S0)¥9,900(税込)
IMG_2445.jpeg

IMG_2441.jpeg

インナープロテクターはいわゆる「立体シール」的な感じで、素材的にも気泡が入りにくい素材ですので端の方から順に貼っていけば綺麗に貼ることができます。注意点としてはドアインナートリムの貼り付け場所には段差があるため、その形状にインナープロテクターを馴染ませる必要がある点です。推奨される18℃以上の環境ではない場合はプロテクターが固いと思いますので、その際はドライヤーなどで温めて柔らかくした方が良さそうです。

無限 ドアハンドルプロテクター S 2枚セット(08P48-XG8-K0S0-S)¥3,080(税込)
IMG_2450.jpeg

次にドアハンドルプロテクター Sを取り付けます。通常のプロテクションフィルムタイプは「水貼り」が必須で、取り付けの際の微妙な位置のずれや気泡の侵入などにかなり気を遣う必要がありますが、この製品はドアインナープロテクター同様にそう言った点をあまり気にせず貼れるのが良いですね。とは言っても、ドアハンドルプロテクターの貼り付け場所は平面ではなく凹形状ですので、事前にドア側の脱脂を充分に行い、凹み部分の形状に馴染むようにプロテクターをドライヤーで温めておくのが必須だと思います。

IMG_2449.jpeg

IMG_2451.jpeg

また、貼り付ける際は一気に剥離紙を剥がすのではなく、中央部分の一部だけを最初に剥いで、ドアハンドルを真横から見て上下左右のセンター位置になるよう位置決めして圧着します。そしてドアハンドルの凹部の中心から外側に向かって空気が入らないように圧着しながら剥離紙を剥がしていけば綺麗に貼ることができます。私の場合、この方法でも1箇所だけ気泡が入ってしまいました。こういった場合は「水貼り」と異なり貼り直しが効かないのが痛い所ですが、裁縫用の針で気泡を突いて穴を開けて圧着すると綺麗になりました。カーボン調のメッシュ柄ですので穴を開けてもまったくわかりません。

IMG_2446.jpeg

まだ装着したばかりですのでプロテクターによる傷防止の効果は未知数ですが、事前に心配していたほどドアハンドルプロテクターの存在感が気にならなかった点は良かったです。また、個人的にはサイドビューのブラック(カーボン)とチャンピオンシップホワイトの黒/白のツートンがより映えるようになったのも気に入っています。デザインの好みは分かれるかもしれませんが、施工のし易いプロテクターをお探しの方にはぜひお勧めしたい製品です。

にほんブログ村 車ブログへ


関連記事

Tag:シビック CIVIC タイプR FK8 無限

0 Comments

Leave a comment