18
2016

CRF1000L 純正DCTシフトペダル 取り外しレビュー

エンジンクラッシュバーの取り付けに際して、納車時から取り付けていたDCTシフトペダルを取り外しました。TOURATECHのクラッシュバーがDCTシフトペダルとの併用が不可能だったのが大きな理由ですが、実は私にとってDCTペダルはほとんど無用のものでした。VFRから乗り替えた当初は左足で積極的にシフトチェンジをしていたのですが、いざ左グリップのシフトチェンジに慣れてしまうと、左足を着地やヒールグリップなどに集中させた方がより安心してライディングできると思うようになりました。

dct1.jpg 
スタンディング時にはペダルの方が良いと思うこともありますが、そもそもそのような状況では頻繁にシフトチェンジするようなことはありません。本物そっくりの擬似的なシフト感を再現している点は評価できますが、私個人の使用においては左足で操作するより左手で操作する方が早く確実な操作ができることもあって、メリットが感じられないというのが正直な感想です。これから購入しようとする人は、一度ペダルなしで試してみて必要に応じて追加することをお勧めします。

dct2.jpg 
取り外して驚いたのがその重さです。正確に計測したわけではありませんが、DCTシフトペダルのユニットは1kg近くあります。そのほとんどは擬似的なシフトチェンジの感覚を得ることができるギヤチェンジユニットです。意外なことにチェンジレバーはモーター軸のようなパーツに固定されており、レバーの上下で円運動するようになっています。

DCTシフトペダルユニットのステーは3つのボルトで固定するようになっていますが、エンジンクラッシュバー取付の際には大きさが邪魔になるだけでなく、このステー部分がクラッシュバーの取付部と共存ができないことで取付が難しいようです。ちなみにユニットから出ている6Pカプラーはリヤフェンダー裏のレクチファイアー上部に収納されている隠しカプラに接続するようになっています。

DCTペダルを脱着した際に気を付けなければならないのは、メインキーとグリップのシフトスイッチを使った解除(取付時はメインキーとペダルを使った登録)を行わなければメーターのシフトインジゲーターが「-」を表示したままになってしまうことです。DIYでとり外す方はご注意を。

現時点ではDCTシフトペダルの装着に対応したエンジンクラッシュバーは発売されていませんが、ワンメイクツーリングに参加した際、Hepco製のものを改造してペダルとの併用を実現している方がいました。比較的小さな改造で装着されていたようなので、今後パーツメーカー側で正式に対応するようになれば良いですね。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン DCT

5 Comments

アフリカクマトラ  

DTCペダル取外し設定について

私はアフリカツインに跨る もうすぐ50歳のおじさんライダーです
いつも楽しみに見させて頂いてます
DTCシフトペダルを取り外した際の設定解除方法がわかれば教えて頂きたいのです

いつも楽しみに見させて頂いてます

2017/12/15 (Fri) 06:53 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To アフリカクマトラさん

アフリカクマトラさん

当ブログをご覧いただきありがとうございます。
お問い合わせの件ですが、有名なこちらをご覧いただくとわかると思います。

http://cssportal.css-club.net/honda/MCA/TERMS010.aspx

お客様向け>CRF1000L Africa Twin>Dual Clutch Transmission ペダルシフトで日本語の説明書がダウンロードできます。
説明書の9PにDCTペダル取り付け時の登録方法、取り外し時の解除方法が書いてあります。

仕事が急に忙しくなり更新をサボっておりますが、また更新を再開する予定です。
これからもちょくちょくのぞいていただければ幸いです。


2017/12/15 (Fri) 21:43 | EDIT | REPLY |   

ゆう  

GIVI TN1151とDCTシフトレバー

はじめまして。とても参考になる内容で参考にさせていただいています。

ヘプコのエンジンガードとDCTシフトペダルは共存できないということで
取り外されたという記事を見て、Giviでもムリだろうとあきらめてはいたの
ですが、シフトの取り付け場所とGIVIエンジンガードのTN1151の取り付けは
同じネジを使うものの、Giviの外側にシフトを取り付けるのは、シフトの取り付けステーを
少しけずれば取り付けできそうに見えるのですが、シフトペダルとGiviエンジン
ガードをお持ちの立場から見てどうでしょうか? (メーカーが適合を出していないので
NGなのだと思いますが・・・)お手すきの際にアドバイスいただけると幸いです。。

2018/02/07 (Wed) 00:37 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To ゆうさん

ゆうさん

こんにちは、初めまして。
当ブログをご覧いただきありがとうございます。
激務のため最近めっきり更新が滞っておりますが生きております。

おっしゃる通りスペース的にはDCTペダルとTN1151の共存は一見できそうに見えますね。ちなみに私のYouTubeビデオで取り付け部分のアップを確認できます。(1:05付近)

https://youtu.be/ZJ8tZWm58VI?t=1m5s

現在、DCTペダルを手放してしまい手元にないため確認はできないのですが、当時装着を諦めたのはDCTペダルの取り付けステーとTN1151のペダル側の取り付け部ステーの両方が結構肉厚だったため共締めによる共存ができないと判断したと記憶しています。

たとえば強度を度外視して、ペダル、TN1151のどちらか、あるいは両方のステーの肉厚を「かなり」削れば共存は可能かもしれません。(当ブログのTN1151関連の他記事でもわかると思いますが、ステー部分はTOURATECHと比べるとかなり分厚いです。

GIVI vs TOURATECH比較
http://graphiteone.blog.fc2.com/blog-entry-80.html

CRF1000Lがこれだけ売れて(当然GIVI TN1151装着車輌もそれなりに多い中)画像検索でDCTペダルとの共存の写真が引っかからないのは難しいということなのかもしれませんね。

ちなみに販売店のCRF1000Lワンメイクツーリングに行った際にヘプコのエンジンガードにDCTペダルを取り付けている方がいらっしゃいましたが、溶接屋さんに委託して取り付け部分のステーの取り回しを変える改造をされてました。どうしてもこだわるなら溶接屋さんに相談するのも手かもしれませんね。

2018/02/07 (Wed) 20:22 | EDIT | REPLY |   

ゆう  

ありがとうございます。 早速のご回答いただきながら失礼しました。

やはり、ステーの肉厚が曲者ですよね。。 

溶接だと、現物あわせで相談必要だと思うので、掘り出しも見つけれたらトライしてみ
ようかと思います。(新品購入はちょいとリスキー)

ちなみに、欲しいなぁと思った商品の殆どを紹介いただいていて、かなり真似っこ
させていただきました!感謝です。

更新楽しみにしていまーす。

2018/02/15 (Thu) 23:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment