17
2021

TOURATECH アンバート タンクバッグ 取り付けレビュー R1200GS ADVENTURE

CATEGORYTOURATECH GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

(コメントで質問をいただいたため10月20日文末に写真とコメントを追加しました)

前回の記事でお伝えした通り、R1200GSAの納車時に装着した関連アクセサリーでレビューを行っていないものがまだたくさん残っているため、今後少しずつ記事にしてきたいと思います。さて、本日お届けするのはツアラテックのアンバート タンクバッグ 01-045-5800-0(税込¥35,046)の取り付けレビューです。昔から当ブログをご訪問いただいている方はご存知と思いますが、私はオンロードバイクに乗っていた昔からタンクバッグを愛用していました。それはパニアケースを装着しているアドベンチャーバイクに乗り始めても同様で、出し入れが頻繁なワークキャップやペットボトル、グローブなどはタンクバッグに入れ、貴重品はパニアケースに入れるという使い分けをしています。それに慣れたせいか、乗車時にタンクの上にタンクバッグがないと妙に落ち着かないというか、あるべきものがない感覚に陥ってしまいます苦笑。

R1200GSA用 アンバート タンクバッグ 01-045-5800-0(税込¥35,046)
IMG_0341_20211017225617a5c.jpeg

そんな私は前車のCRF1000Lでは自分にぴったりのタンクバッグ選びに迷いに迷って迷走し、最終的に6種類ものタンクバッグを買い直すという「タンクバッグ沼」に陥ってしまいました。それらの詳細は過去記事を参照していただきたいのですが、最終的にはツアラテックの当時の新製品、アンバート(CRF1000L専用モデル)に辿り着いてようやく落ち着くことができました。それはデザイン/機能性/サイズ感などが自分の理想にぴったりで、ようやく心から「これだ!」と思えるモデルだったからなのですが、そんな私が果たしてR1200GSAではどんなタンクバッグを選んだのか…。と勿体ぶってもしょうがありませんが、タイトル通り、ツアラテックの車種別専用品 アンバート(R1200GSA水冷用)に一発で落ち着つくことができたのでした。(本記事は納車時の2018年当時の写真を中心に構成しています)

R1200GSA用 アンバート 01-045-5800-0
IMG_0017.jpeg

CRF1000L用 アンバート 01-402-5800-0
IMG_3928.jpg

R1200GSA用のアンバートは同名の「CRF1000L用のアンバート」とは基本的なデザインは似ているもののサイズや縦横比、細かいディティールなどは結構違います。R1200GSA用は真横から見ると天面が斜めに傾斜したボリューム感がある五角形形状、CRF1000Lはシンプルでスクエアな四角形形状です。ドイツKAHEDO社のOEM製品で耐摩耗性に優れたコーデュラ1100デニールでできていること、透明のマップケースが天面に付属しバッグ両側面には小さなポケットが付いていること、底面は車種別のタンク形状に合わせた窪みが設けられている点などは同じです。

R1200GSA用のタンク側(底面)
IMG_0344.jpeg

左:R1200GSA用、右:CRF1000L用
IMG_3569.jpeg

注意しなければならないのは、ツアラテックのHPのスペック上のサイズ表記は同じ13/20L、37x27x22/32cmとなっていますが、これは明らかに誤表記で実際にはR1200GSA用が二回りほど大きいことです。個人的にはCRF1000Lと同じくらいの大きさが好みなのですが、ボリューム感のあるこのスタイルも、これはこれでR1200GSAのマッシブなイメージに似合っていると思います。

IMG_0887.jpeg

IMG_0867_20211017231930c74.jpeg

IMG_0930.jpeg

固定方法もCRF1000L用と同一です。ハンドルステム側に2個のプラスチックバックルが付いたアタッチメントを通し、シート側にはベロクロが付いたベロ形状の受け手を用意(このベロ側とタンク側とはベロクロの両面テープで固定)し固定します。タンクバッグにはタオル1枚/スマホ用三脚/清掃用クロス2~3枚/ワークキャップ/500mlのペットボトル/応急キットなどを入れているのですが、これくらいの荷物ではタンクの位置がずれたりすることはまずありません。なお、これ位の荷物でも、容量にはまだペットボトル2本分くらいの余裕があります。

オリジナル状態:クリアマップケースの四隅が垂れ下がっています
IMG_0015.jpeg

CRF1000Lのクリアマップケースを装着:サイズ感はぴったりです
IMG_0021_20211017232313dd1.jpeg

基本的なデザインや使い勝手は気に入っていたCRF1000L用と変わらないため問題なかったのですが、この製品を使用していて2点気になる点がありました。一つは天面にあるクリアマップケースが大き過ぎて走行時に風でバタつくことです。マップケースはかなり大型でA4サイズが入りますが、上の写真を見てもタンクバッグの大きさよりクリアマップケースが明らかに大きく、四方の隅が垂れ下がっているのがわかると思います。この余っている部分が走行時に風を受けてなびいて暴れるのがとても気になります。

CRF1000Lのクリアマップケースを装着
IMG_0020_202110172323124d3.jpeg

左:R1200GSA用、右:CRF1000L用 ベロクロのレイアウトが異なります
IMG_0018_20211017232309a1a.jpeg

R1200GSA用の天面(なんとここにも隠しファスナーが)
IMG_0019.jpeg

そこでCRF1000L用のクリアマップケースを装着するとなんとサイズがぴったり!ただ、CRF1000L用のクリアマップケースの裏側は「II」の字型、R1200GS用のアンバート側は「V」の字型になっているため、ベロクロの接地面はかなり小さくなっている関係上、オリジナルの状態より固定力は下がっていると思います。そのため重量のあるツーリングマップルなどをマップケースに入れるのは危険かもしれません。しかし、これによって気になっていたバタつきが一切なくなりましたので、私と同じようにバタつきが気になる方には解決策の一つになるかもしれません。(なお、クリアマップケースはツアラテックで複数のサイズが単体販売されています)

IMG_2066.jpeg

もう一つ気になったのが、乗車姿勢の視点から見た際のボリューム感の大きさです。実際のサイズが大きいこともあり覚悟していたことではありますが、胸元への迫ってくる感じがかなり強いです。幸いTFTメーターなどの視界の妨げにはなりませんのでその点は大丈夫なのですが、これは慣れるまで数ヶ月待つしかありませんでした。

IMG_1116.jpeg

IMG_4402.jpg

導入時の経緯は以上のような感じでした。作りやデザイン、使い勝手などは申し分なく、以降3年間ツーリングのお供として頑張ってくれたのですが、先日3年目の車検を目前にして一番利用頻度が高いメイン開口部の防水ファスナーの角部分に布切れが発生してしまいました。ツアラテックに問い合わせたところ、残念ながらファスナー部の修理は不可とのことで、この後、タンクバッグの買い替えを行うのですが、それについては次の記事で紹介したいと思います。

以下、10月20日追記

コメントでハンドルとタンクバッグの干渉について質問をいただきました。上の写真は過去の記事で紹介した2.5cmアップのハンドルバーライザーが付いていませんので、タンクバッグと干渉するために外したのかというお尋ねでした。結論から言うと、冒頭で記載している通り、この記事は2018年の納車直後の写真をもとに構成しているため、ハンドルバーライザーの取り付けの前の状態の写真となっています。下の写真がハンドルバーライザーを装着した状態でのタンクバッグの取り付け状態ですが、実用上特に支障はありませんでした。ハンドルロックをかける際などにフルにハンドルを切るとスイッチボックスがタンクバッグに当たるか当たらないかくらいのレベルです。下の写真で見るとタンクバッグの側面の赤枠内に光沢のあるビニールのような素材の台形型のパッチがありますが、フルにハンドルを切るとグリップのスイッチボックスがここにわずかに触れます。おそらくこういった実用性も兼ねてデザインされているのではないかと思います。

2.5cmアップのハンドルバーライザーを装着した状態
IMG_2056_20211020235121c7d.jpeg

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン TOURATECH ツラーテック ツアラテック

3 Comments

やんこ  

ライザーは干渉しますか?

いつも拝見しています。R1250gsaプレミアムラインに乗っておる者です。
ライザー外されているようですが、タンクバッグに干渉するからでしょうか?
シート位置もハイポジションのようですね。私もハイポジションにしていますが、
3センチのオプションのライザーを入れています。
タンクバッグを物色しているのですが、ライザーとの干渉を気にしています。
宜しければどんな感じかアドバイスをお願いします。

2021/10/20 (Wed) 23:17 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To やんこさん

コメントありがとうございます。

ご質問をいただいたため、記事の文末に写真の追加と追記を行いましたのでご覧ください。

冒頭にも記載している通り、記事中に使った写真は3年前の納車時の写真を中心に構成しているため、ライザーを取り付ける前の状態となっています。実際には追記の通り、フルロックまでハンドルを切ってようやくタンクバッグにわずかに当たるかどうかという感じですので実用上は問題ないと思います

また、ハンドルのステム部分に通す前方のアタッチメントを緩めて長めにセットすれば、タンクバッグの位置をシート側(つまり後方)に数cmずらすことも可能です。この辺りはさすが色々な後付けパーツを作っているメーカーだけあって、パーツ同士の組み合わせの影響も考慮はされているのではないかと思います。

ただ、3年使った感想としては私にはやはり大き過ぎると思いました。実は9月からCRF1000L用のタンクバッグを流用して装着していますので、次の記事ではそれについて触れたいと思っています。

2021/10/21 (Thu) 00:05 | EDIT | REPLY |   

やんこ  

To Graphite Oneさん

大変参考になりました。ありがとうございます(^ ^)
追加記事まで記載していただき恐縮です。

2021/10/21 (Thu) 09:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment