22
2021

TOURATECH CRF1000L アフリカツイン用 アンバート タンクバッグのR1200GS ADVENTUREへの流用 改善編 TRADI タブクリップアタッチメント XAC210

CATEGORYBAGSTER GS
にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

前回の記事ではコンパクトなデザインや一廻り小ぶりなサイズ感が気に入っていたCRF1000L アフリカツイン用のアンバートタンクバッグのR1200GSA用への流用についてお伝えしました。フィット感やライディングポジションへの影響が少ない点は非常に気に入っているのですが、本来の方法と異なるマウント方法であるため少しばかり落下に対する不安が残っていました。それでもツーリング時の実用性ではまったく問題なかったため気にしないようにしていたのですが、先日Amazonを見ているとそんな私にぴったりの製品が販売されているのに気付きました。

BAGSTAR TRADI タブクリップアタッチメント XAC210(税抜¥2,100)
IMG_3687.jpeg

IMG_3686.jpeg

それはバグスターから販売されている「TRADI タブクリップアタッチメント XAC210」(税抜¥2,100)という製品です。R1200GSAに装着しているバグスターのタンクカバーは同社のタンクバッグを装着できるようにクリップや金具が付いています。ほとんどのバグスターのタンクバッグにはクリップや金具はあらかじめ装備されているのですが、一部の小型のタンクバッグには付いていないものがあり、そういった小型バッグをタンクカバーに装着する際に使用する補助アイテムがこのXAC210という製品です。

IMG_3683.jpeg

IMG_3684.jpeg

この製品はバグスターのタンクバッグに取り付けるためのアタッチメントとベロクロが付いているだけの、ご覧の通りとてもシンプルな製品です。今回私用するのは2つのパーツのうちシート側で使用するアタッチメントです。アフリカツイン用のアンバートタンクバッグの裏側にはメスのベロクロが装着されていますので、その部分と密着できるように四角形のベロクロを別途用意し、オスとメスを変換することでタンクバッグを固定できるようになります。

汎用のベロクロを使ってオスとメスを変換
IMG_3694.jpeg

IMG_3696.jpeg

まず試しにアタッチメントだけをタンクカバーに装着してみると、サイズが大き過ぎて浮き上がってしまいます。タンクバッグ固定用の左右の金具間のサイズは1サイズのはずですので通常はもっとタンクカバーに張り付くように付くと思ったのですが…。以前バグスターのタンクバッグを複数所有していましたが、それらを取り付ける際はどれもタンクにぴったりと付いていました。う〜ん、汎用のアクセサリーとして色々な車種に対応可能なようサイズ的に大きく作られているのでしょうか?ちょっとスッキリしませんね。

これまでの状態
IMG_3580.jpeg

今回の状態
IMG_3697.jpeg

中央部の浮きが気になります
IMG_3698.jpeg

気を取り直してCRF1000L アフリカツイン用のアンバートタンクバッグにXAC201を取り付けてみます。お〜!まるで専用品のように収まりがいいです。気になっていたアタッチメントの浮きはタンクバッグの自重で目立たなくなりましたが、まあ気になると言えば気になってしまいますね。ただ、この浮きの遊びの大きさによって、タンクバッグ自体がグラグラ動くということはなさそうです。

専用品のようにぴったりです
IMG_3732.jpeg

浮きはバッグの自重で目立たなくなりました
IMG_3727.jpeg

IMG_3721.jpeg

これまでのベロクロ主体のマウント方法だと給油の際にタンクバッグをどける際、操作自体はやりやすいものの、ベロクロの固定力が大きいためにかなり力を入れて剥がす必要がありました。今回の方法だとアタッチメントの両サイドの金具を解錠すれば力を入れずともスムーズにどけることができます。私と同じようにここまでやる方はなかなかいないと思いますが、R1200GSA関連のタンクバッグをご検討の方の参考になれば幸いです。

IMG_3716.jpeg

にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ

関連記事

Tag:R1200GS ADVENTURE プレミアムライン TOURATECH ツラーテック ツアラテック BAGSTAR バグスター

0 Comments

Leave a comment