21
2016

CRF1000L 純正ハイシート イギリス Lings Honda Partsへ発注

幸いなことに体格に恵まれているため(178cm)、現在の標準シート・プリロード標準状態で両足のかかとがベッタリ着きます。安心して乗れると言えばそうなのですが、自然な乗車姿勢を取ると膝の曲がりがやや窮屈に感じたり、若干前下がりになっているため、乗車を続けていると少しずつタンク側に下がっていく感覚があるのが気になります。

先日ライドアフリカツインに参加した際、ラッキーなことにCRF1000L開発者の今井さんの私物のCRF1000Lに乗せていただく機会がありました。その車両はノグチシートの特製ハイシートを装着していた(詳細はリンクを参照)のですが、シートの素晴らしい出来もさることながら、標準シートより3cmほど高い着座位置が思いのほか乗りやすかったのが印象的でした。

hs2.jpg  
hs3.jpg 
上の写真は海外のショー会場で使用されたホンダの純正アクセサリーの組み合わせを試すシュミレーターでハイシートと標準シートを比較したものです。結構高さも違いますし、ラリー車両のようなシートが一直線に見える佇まいもかっこいいですね。

ノグチシートにノーマルシートをベースに依頼する際はアンコ盛りで¥25,000、さらに表皮の張り直しを加えるとプラス¥25,000と合計¥50,000コースです。実績もあり信頼性は高いとは思いますが、いきなりこの値段を出すのはさすがに躊躇してしまいます。やはり純正のハイシート(+3cm)が無難か...と思いましたが、先人達によればパーツナンバーは出るけれど国内では取り寄せ不可とのこと。つまり逆車のパーツなどと同じということですね。

去年国内で入手が不可能だったVFR800用の純正アクセサリー(純正パニアステー用補修部品)をイギリスから個人輸入したのを思い出しました。イギリスは法律上、純正アクセサリーも通常の純正部品と同じ扱いとなっており(車両生産終了後も一定期間補修部品として供給しなければならないなど日本との違いがあります)、純正部品と同じ供給ルートで発注できるのです。そこで前回利用したイギリスのLings Honda Partsというショップのサイトに行ってみます。ここは前回VFR800用のパーツを発注した際には24時間以内に発送を完了するなど、なかなか迅速な対応をしてくれます。

CRF1000Lハイシート(ブラック)のパーツナンバーは08R00-MJP-G50ZB。検索欄に入力すると価格は300ポンド、納期は3日と表示されます。試しに購入手続きを進めてみると日本への発送は可能であることが確認できます。購入の際は免税が適用され、商品代が250ポンド、送料が70ポンド、合計320ポンドとなるようです。現在の為替レートで計算すると約¥43,000と決して安くはありませんが、万が一気に入らなかった場合のオークションなどでのリセールバリューを考えると安心感があります。

hs1.png 
5秒くらい悩みましたが(笑)結局勢いでポチってしまいました。前回は1週間ほどで到着しましたが、今回はどれくらいで届くでしょうか?実際に跨ってみるのが今から楽しみです。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン ハイシート

0 Comments

Leave a comment