13
2016

CRF1000L 奥武蔵グリーンラインツーリング & 10,000km 到達

CATEGORYツーリング
ここ数週間は仕事がヤマ場を迎えておりブログの更新もままなりません。この週末も自宅に仕事を持ち帰って色々やらないといけないのですが、こんな時に限って抜けるような青空です。今年の関東は夏から秋にかけて週末のたびに天候が悪化し、ツーリングに行けないことが多かったため、この青い空が特に恨めしいです。このままでは精神衛生上良くないので(とは言っても仕事はやらないといけないのですが)気分転換に半日だけツーリングに行ってきました。

IMG2_4078.jpg 
行き先は久し振りの奥武蔵グリーンライン。鎌北湖から入ると、一昨日までの雨のせいか濡れ落ち葉が大量に路面を埋めています。さらに晴天で気温が上がったせいか、日陰を中心に轍状に苔が発生しており結構気を使います。しかし、前後にバイクは1台もおらず、ほぼ貸切状態で芦ヶ久保まで気持ちよく走れました。途中オドメーターが10,000km到達。2月27日の納車から8ヶ月半での到達です。週末の天候不順がなかったらおそらくもっと早く到達していたと思いますが、それでも結構走っていますね。

IMG2_4087.jpg 
10,000km走っての感想は「買って良かった」の一言です。購入してからの8ヶ月半、これまで1度もトラブルに見舞われませんでした。新設計のモデルでこれだけ信頼性が高いのは大したものだと思います。ツーリングでの疲労度の低さも抜群です。高い防風性能、見晴らしのいい視界、自然なライディングポジション、DCT、高い積載性とツアラーとしての能力は完全に前車のVFR800以上です。

IMG2_4074.jpg 
DCTに関しても小さい不満はあるものの概ね満足です。極低速域の操作性には慣れが必要ですが、D/Sモードを路面状況に合わせて切り替えることで、自分の使い方ではほとんど不満はありません。発進時やUターン時はもちろん、ダート走行時など、どんな時でもエンストせずトラクションを失わないのがDCTの最大の長所です。これまでエンストさせないために自分がどれだけ気を使っていたのか痛感したのと同時に、エンストの心配から解放されたらライディングがどれほど快適になるのかを身をもって体験しました。周囲の景色、路面の状況、アクセルワーク、ブレーキング、ハンドル操作など、クラッチワーク以外により意識を割けるようになることは本当に大きなことだと思います。(以前参加したCRF1000Lのワンメイクツーリングでも、オフ走行の際にMTの方がエンストでバタバタと倒れているのを見てさらにその思いを強くしました)

hnnp.jpeg 
10,000km走っての平均燃費は22.7km/L。内訳は一般道路50%、高速道路45%、林道5%位です。前車のVFR800が15~18Km/L位でしたので、排気量を考えると燃費も充分に良いと言えると思います。東京モーターショーに参考出品されていた大型タンク搭載モデルには興味がありますが、満タンで400km走行できる現状でもまったく不満はありません。

あらゆる面で私の期待を超えたCRF1000Lの今後のメーカーによる熟成が非常に楽しみです。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン DCT

2 Comments

矢田@医療職兼業トレーダー  

秋晴れの中の最高のツーリングですね^^
応援しておきました。ポチッ

2016/11/14 (Mon) 18:49 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To 矢田@医療職兼業トレーダーさん

矢田@医療職兼業トレーダーさん

こんにちは、はじめまして。
私の駄文にお付き合いいただきありがとうございます。
まさに日頃のストレスを発散させてくれる素晴らしい秋晴れでした!

週明けに同じく仕事が佳境に入っている同僚から目の周りがヘルメットで
日焼けしていることを指摘され思わず焦ってしまいました^^;

これからも色々なAfrica Twinネタを記事にしていきたいと思いますので
お手隙の時にお付き合い下されば幸いです。

2016/11/14 (Mon) 21:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment