26
2016

海外通販の利用方法 RUGGED ROADS編

コメント欄から海外通販の利用方法について質問をいただきましたので今回取り上げてみます。海外通販には特別な知識は必要ありませんが、困った時には自己解決が基本となります。そのリスクを負う決意があれば誰でも簡単に利用できます。海外通販による個人輸入のメリットは二つあります。日本では入手できない製品を買えること、とにかく安く入手できることです。

rr1.jpeg 

CRF1000Lは日本よりも3ヶ月早くヨーロッパで発売されているため、アフターマーケットも活性化しています。また、国によっては日本からの通販の場合、免税が適用されるため現地の国内居住者よりも安く購入が可能です。(購入金額や物品によっては通関時の日本税関の関税がかかることがあります)物によっては(GIVIのステーやバッグ類、DAINESEのウェアなど)国内正規代理店の価格の半額で入手できます。

それでは「RUGGED ROADS」でラジエターガードをクレジットカードで購入する場合を例にご紹介しましょう。
rr2.jpeg 
まず、価格と在庫を確認し、問題なければ商品サムネイルの下にある「ショッピングカート」のアイコンを押してバスケットに入れます。

rr3.jpeg 
ほかに買物がなければ右上の「Display basket」(バスケットを見る)をクリックします。

rr4.jpeg 「Delivery method」(配送方法)を「Rest of The World」(その他の国)を選択します。ちなみに上のスクリーンショットでは標準の「UK Delivery」(イギリス国内居住者向けの配送)を選択しているため、商品代に加えてVAT(付加価値税、日本の消費税に相当)が20%かかっているのがわかります。

rr5.jpeg 
「Rest of The World」を選択すると送料が変更され自動計算されて表示されます。(RUGGED ROADSの場合、大きいものはUPS、小さなものはイギリスRoyal Mailで配送されることが多いです。ラジエターガードの場合18.6ポンドとなっていますのでRoyal Mailの送料のようです)この時点ではまだ、VATが商品代に加算されていますが、クレジットカードなどでの精算時にはこのVAT相当の金額はマイナスされます。

rr6.jpeg 
次の画面に進むとユーザー登録をするか、ゲストとして購入するか聞いてきますので、ユーザー登録を行う場合は一番上の「Sign in for registered customers」を選び個人情報の登録を行います。今回はゲスト購入を例に進めますので「Order without registering」(登録なしでオーダー)を選択します。

rr7.jpeg 
First nameは「名」、Surnameは「姓」を入力します。住所は日本と異なり、上から下になるにつれて大きい区分になります。住所の英語表記はネットで検索すればたくさん前例があると思いますので、それらを参照にしていただきたいですが、おそらく皆さんが悩むのは区市町村名の表記でしょう。世田谷区なら「Setagaya-ku」、多摩市なら「Tama-shi」、幸町なら「Saiwai-cho」、北町なら「Kita-machi」など、ハイフンの後にローマ字で区市町村を表記する方法で大丈夫です。Postcodeは日本の郵便番号をそのまま記入します。Phoneは固定電話でも携帯電話でも、最初に日本の国番号「+81」、その後に市外局番から「0」を取ったもの(03なら3、090なら90)、以降は日本と同じです。Delivery address(配送先住所)は上で入力した支払先情報の住所と同じでよければ何もせず「Next」を押すだけで結構です。上で入力した住所と異なる配送先に送る場合は、「Enter a separate delivery address」にチェックを入れ、新たに住所を入力します。

rr8.jpeg 
次の画面に進むと規約を承認するか確認を要求してきますのでチェックボックスにレ点を入れます。配送先住所が間違いないか確認します。スクリーンショットでは、東京都が数字の「13」となっていますが、RUGGED ROADSのシステムの問題のようですので気にしなくとも結構です。ちなみにこの画面になると付加価値税相当の11.33ポンドがラジエターガードから差し引かれて安くなっているのがわかります。最後に「Buy now」のボタンを押して、画面の指示に従いクレジットカード番号を入力して終わりです。発注後はUPSだと1週間程度、 Royal Mailで10日ほどで到着します。バイクパーツの場合、関税は日本円で¥20,000以内位ならかからないことがほとんどです。(パニアケースやウェアなどの高額品の場合、関税と手数料がかかります。それでも¥1,500~¥5,000以下です)

海外通販初心者の方には支払い方法はPayPalをお勧めします。理由はPayPalは完全に日本語対応しているためアカウントも作りやすく、未着などでトラブルがあった場合の補償がしっかりしているからです。上の「Rest of The World」を選択した画面でPayment method(支払い方法)の「PayPal」を選択すれば、直接PayPalのサイトにジャンプして決済を完了できます。配送先住所の入力も省けるため決済が非常に楽です。唯一気をつけなければならないのは配送先住所を選択です。決済する直前にPayPal内で読み手がわかる言語(今回の場合は英語)で表記された配送先を選択して指定する必要があります。PayPalアカウントを作成後、忘れないうちに配送先住所を日本語と英語両方登録しておくことをお勧めします。

いかがでしたでしょうか?ほかのサイトも基本は同じです。海外通販を利用するようになると一気に買物の選択が広がります。皆さんも楽しんでみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン RUGGED ROADS 海外通販

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/06/13 (Tue) 22:39 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To -さん

投稿者さん

はじめまして。
私の駄文がわずかでもお役に立てば幸いです。

Motostormはイタリアのセラーとしてはかなりしっかりしていると思いますが、同じ商品を2個買う時などは間違って1個しか送って来ない時なんかもあります。すでに2回ほどそういう場面に遭遇しましたのでご注意を〜

お〜○○ハチですか!
私も前車を購入した4年ほど前にすごく興味があってディーラーに試乗に行ったりしていたんですよ。
ちょうどG△が出る前の頃ですね。しかもその時狙っていたのが同じブルーだったんです。
遠くまで快適に行けるという点ではCRF1000Lと共通しているかもしれませんね。

タンクバッグの固定方法は目からウロコでした!汎用のバッグがアイデア一つで固定できたんですね。
4個も5個もバッグ沼をさまよっていた私は一体何をやっていたのか...いやはやお恥ずかしい(苦笑)

これからもお時間がある時にでものぞいていただけると嬉しいです。

2017/06/13 (Tue) 23:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment