17
2016

CRF1000L ハンドガードあれこれ

CATEGORYBarkbusters
恥ずかしながら納車後約7,000kmで左側への転倒が2回。実体験でCRF1000Lは転倒時に大きなダメージがないよう良く考えられてデザインされているのがわかりました。

立ちゴケ程度であればカウル・タンク・エンジン廻りは接地せず、先にミラー・ハンドガード・ハンドルバーエンド・ステップ・タンデムステップが接地するようになっています。私が倒した際も静止状態から支えきれずゆっくり倒しただけということもあって、ハンドガードやタンデムステップなどに最小限の傷が付いただけでした。

このようにオフ車らしく転倒時への配慮がなされているCRF1000Lですが、一つだけ不満がありました。それは左側に倒した際にパーキングブレーキレバーが必ず曲がってしまうことです。ハンドガードが柔軟性の高い樹脂でできているため、倒れた際に荷重によりパーキングレバーと接触し簡単に反り返ってしまうのです。レバーを交換するとしても部品代だけで¥3,000近くかかります。

bb2.jpg 
その問題を解決するために、今回はハンドガードの強化を検討することにします。条件はDCTモデルに対応していること、補強のためのアルミバーが付属していることです。

いくつかのブランドを調べてみたところ、TOURATECHCRF1000L用が現時点では発売されていません。TOURATECH Japanのデモ車は既存車種用のものを流用して取り付けていますが、純正同様にアルミバーは付いていないようです。

SW-MOTECHは定番の「KOBRA」など数種類が発売されていますが、現時点ではMTモデルにしか対応していません。おそらくDCTモデルは通常のMTモデルよりもブレーキレバーがグリップから遠く、レバーとガードが接触してしまうためなのでしょう。

有名どころのBarksbustersやZETAは適合表にCRF1000Lの記載がなく、他車種用を組み合わせればなんとかなりそうな気もしますが、必要なクランプ径やアルミバーとブレーキレバーのクリアランスなどのノウハウを日本の代理店は持っていないのではないかと思います。

そんな中、オーストラリア本国のBarksbustersのHPを見ていたところ、なんとあるではないですか!CRF1000L専用のMT/DCT兼用モデルが!BHG-062という型番で左右クランプ・アルミバー・バーエンドのセットとして売られています。ちなみにハンドガード本体は別売りで好きなモデルを組み合わせることができるようです。

Barkbusters BHG-062
bb1.jpg bb3.jpg 
Barksbustersのハンドガード「VPS」は昔から好きなデザインでしたし、CRF1000L専用設計ということも安心できます。HPで取り付けマニュアルを確認したところ、パーキングレバーにステーを咬ませてレバーを少し引いた状態にして固定することで対応しているようです。

bb4.jpg 
これは買うしかありませんね。しかし、残念ながらまだ日本の正規代理店では扱いがなく、どうやって入手するかが問題です。

にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン Barkbusters TOURATECH ツラーテック SW-MOTECH DCT カスタム

0 Comments

Leave a comment