21
2016

CRF1000L GIVI TNH1144 & TN1151 クラッシュバー 取り付けレビュー 後編

CATEGORYGIVI
前編ではGIVIのアッパークラッシュバー TNH1144とDCTモデル用エンジンクラッシュバー TN1151の良い点を中心に書きましたが、後編では課題について書きたいと思います。まず最初に挙げられるのは重量増の問題でしょう。上下で約10kgという重量増は取り廻しの際に予想以上に大きな差となって現れます。満タン状態+クラッシュバー装着の重量感は、12,000km走行して慣れた自分でさえ油断できないと思うほどです。

IMG2_4372.jpg 
私は普段バイクの左側に立って左手で左のハンドルグリップを持ち、右手で左のグラブバーを持って取り廻しを行います。この方法での取り廻しは以前は楽々可能だったのですが、装着後は重量バランスが変わったせいか自分と反対側(右側)に倒してしまいそうな感覚があります。なお、普通に左右のハンドルを持っての取り廻しはさらに車重を感じるようになったため、取り廻しが苦手な方は気を付けたほうが良いと思います。

IMG2_4395.jpg 
次は素材の問題です。価格が安い(重量増の原因でもありますが) のは素材がスチール製だからですが、中長期的に見て錆の心配があります。パイプ末端には樹脂製のキャップがキッチリとはめ込んであり、ヘッドライト下の3ピースのジョイント部分には防水用のパッキンが施されているなど、水の侵入に対する防護策は取られていますが、悪天候やオフ走行に対してどれ位の耐久性があるかが問題です。まだ前例がないため何とも言えませんが、消耗品と思って数年おきに交換するものと割り切った方が良いかもしれません。耐久性に不安がある方は最近追加されたステンレス製モデルを選択するのも良いと思います。(GIVIのHPには「OX」モデルとしての記載がありますが、色がブラックかシルバーかわかりません。価格もそれなりに上がるようです)

IMG2_4365.jpg IMG2_4369.jpg 
IMG2_4412.jpg IMG2_4403.jpg 
IMG2_4375.jpg IMG2_4353.jpg 
IMG2_4426.jpg IMG2_4427.jpg 
IMG2_4361.jpg 
最後は接地面に装着するクラッシュバー保護用のプラスチック製プロテクター(以前の到着記事参照)についての問題です。実際にCRF1000Lを倒して検証した所、上の写真の赤丸の2カ所が一番最初に接地する部分です。色々試しましたが赤丸部分をプロテクターで保護する、もしくはここを浮かせるようプロテクターを取り付けることができませんでした。理由は取り付け部の長さの不足、パイプの曲率が大きく形状が合わないためです。もし他の部分に取り付けたとしても傷の防止用としては意味がなさそうです。

IMG2_4414.jpg 
細かい不満はいくつかあるものの、個人的には非常にオススメの製品です。デザインの良さと質感の高さ、高いコストパフォーマンスは競合製品の中でも一歩抜きん出ています。クラッシュバーの装着をお考えの方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?


にほんブログ村 バイクブログ ホンダ(バイク)へ
関連記事

Tag:CRF1000L Africa Twin アフリカツイン GIVI クラッシュバー

8 Comments

Dunti  

貴重な情報、助かります!

取り付けレビュー前後編とも、興味津々で読ませていただきました。
9割がた購入決定していたのですが、ステンレス製も発売されるようで、また悩んでおります、また10Kg増は結構手ごたえが有りそうですね。
不躾な質問で恐縮ですが、取付状態でクラッシュガード部の最大幅は、どれくらいになるんですか?宜しくお願い致します!。v-23

2016/12/21 (Wed) 12:19 | EDIT | REPLY |   

ナック  

なるほど!

アフリカツインに乗ることを決めてから拝見しています。
現在納車待ちで年内は無理かな?という状況です。
いつも綺麗な写真と貴重なコメントやインプレで参考にさせていただいています。
クラッシュバーは私も同じものを発注したところでした。
重さについてはあまり考えてなかったのですが、重さと強度はかなり関係があると思うので、一概に軽ければいいというものでもないかな?と思っています。しかし、10キロという重さの影響は結構インパクトがありそうでうね。
とりあえず使ってみてから考えたいと思います。
今後ともよろしくお願いします(^^)v

2016/12/21 (Wed) 14:31 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To Duntiさん

Duntiさん

こんにちは。
私の駄文にお付き合いいただきありがとうございます。

お尋ねいただいたアッパークラッシュバーの最大幅ですが素人採寸で66cm位でしょうか。カウル表面からクラッシュバー外側までが7cm位所ですので、左右で14~5cm位幅が広くなると思っていただければ良いかと思います。

TNH1144とTN1151のステンレス(OX)モデルはなぜか本場イタリアのMotostormでは取り扱いがないんですよね。アメリカのRevZillaではTNH1144のステンレスモデルが283ドル、スチールモデルが216ドルで販売されていますので(欠品中になっていますが)3割ほど値段が高いようです。

ステンレスモデルの取り付け例が海外のSNSでもまったく報告されていないためカラーが気になる所ですが、もしブラックだったらいつか交換する時にステンレスにしても良いかなと思っています。

今後もお暇な時にでも覗いていただけると幸いです。

2016/12/21 (Wed) 23:31 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To ナックさん

ナックさん

こんにちは。
私の駄文にお付き合いいただきありがとうございます。

納車をお待ちとのことでとても待ち遠しいですね。去年のカレンダーを見たら、私はちょうど去年の12月20日が契約日でした。自分のことながら実車も見ずにわずかな情報だけでよく買ったな...と思います笑

納車日の2月27日まであれこれ妄想したり、アクセサリーを揃えるのはそれはそれで楽しかったですが、当時は情報がほとんどなかったのを思い出しました。私の拙いブログですが、ナックさんの納車前準備の一助になれば幸いです。妄想パワーの燃料になれるよう更新を頑張りたいと思います。

これからも時間がある時に覗いていただけると幸いです。

2016/12/21 (Wed) 23:47 | EDIT | REPLY |   

みかうば  

No title

さすがGIVI、造りも質感も良いですね。
私はRumbuxは諦めて、ポーランド製のHOLANを取り付けました。白いやつです。
右のロワーだけ単独で取り外せるので、DCTフィルター交換時も苦にならないでしょう。
マフラーのところでイタリア人のルーズさを書いていましたが、
ポーランド人よりマシだと思います。何度もメールしましたよ・・・。
ここでの情報がすごく役立っています。
これからもチャレンジしてください!

2016/12/25 (Sun) 12:58 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To みかうばさん

みかうばさん

こんにちは。
私の駄文にお付き合いいただきありがとうございます。

おお!HOLANにチャレンジされたのですか!
HOLANはヨーロッパのSNSで良く見るのですが、eBay以外での入手が難しそうで選択肢に入っていなかったのですが、なんとポーランドのブランドだったんですね!知りませんでした...。

KTMの社外カウルなどでギリシャやルーマニアからの入手の際、反応の遅さがすごいということは聞いたことがあるのですが、同じ東欧圏ということでお国柄なのかもしれませんね。

HOLANの白いクラッシュバーは海外ではトリコの方がよく付けていますよね。CRF1000Lを良く見る関東でも、まだ一度も装着している実車を見たことがありません。SAや道の駅ではきっと注目度がすごいでしょうね。

私も物欲と予算が続く限り更新を頑張りたいと思いますので、お時間がある時にでも時々のぞいていただけると幸いです。

2016/12/25 (Sun) 19:20 | EDIT | REPLY |   

なんの  

こんばんは!
このガード気になってるんですけど、DCTモデルだとシフトペダル付けてる場合は、付けれるのでしょうか?

2017/02/19 (Sun) 23:48 | EDIT | REPLY |   

Graphite One  

To なんのさん

なんのさん

こんばんは、はじめまして。

残念ながらGIVI TN1151もDCTペダルは取り付けできません。
私が知る限り、メジャーなブランドのエンジンクラッシュバーで取り付け可能な製品はなかったと思います。私も両立が可能であれば付けたかったところですが...

ただ、私に限って言えば指でのシフトチェンジには1ヶ月も走ると慣れましたし、足がフリーになるのでハイシート(約900mm)でも安心して乗車できるようになったというプラス面もあります。

MTと変わらぬ操作性を取るか、ガード面をはじめとするメリットを取るか悩むところですね。



2017/02/20 (Mon) 23:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment